日暮らし通信

その日暮らしの生活でも、感謝しています

日頃、見た事・聞いた事・感じた事・そして言いたい事などを発信します

パラリンピック雑感

2016年09月18日 08時55分56秒 | ちょっと一言

日暮らし通信

■□ 写真タイトル と 撮影場所 □■

キバナコスモス

空堀川沿いにて
(撮影: H280916)



★ 写真の上でクリックしてご覧ください ★




開催中の 「リオデジャネイロ・パラリンピック」 だが、私は 「オリンピック」 と異なりあまりテレビで見ていない。その一番の理由は各競技の参加基準がどうしても理解できないことと、競技における各選手の行動があまりにも痛々しく感じて見る興味が湧かないからだ

特に陸上競技では多くの人が競技用の義足を使っているが、あの義足は人間の足以上の反発力がありそうで、いわゆる 「バネ」 が走っているようで本当の競技なのか? と疑問に思ってしまう

 
それと競技に使用する車イスはたいへん高価なようで 「車イステニス」 に出場している世界ランキング一位のフランス選手の車イスは一説には1,500万円以上と言われている。本人に尋ねてみると 「研究・開発に2,000時間かかっている。値段は単純には算出できない」 とのことだが、まさに高級自動車並みの車イスだ

 一方、ウデ選手のライバルで、リオ大会で男子シングルス3連覇を逃した日本のトップ選手の車イスは45万円ほどで、アルミ製の市販車を使用しているため、この価格で収まっているそうです

日本の車イスメーカーの技術者は 「カーボン製で選手専用の特注品となると、数千万円はかかる」 とのことだから、誰でも使える訳でもない

また陸上競技に使用する車イスも80万円もするそうだが、そのような高価な道具を使っての競技だから、経済的に余裕が無くてその競技に参加できない選手も多いのではなかろうか?

また、オリンピックには無い独特の競技もあるが、精一杯の動きで奮闘する姿を見ていると、オリンピックとは違う感動を覚えるのも確かだ

だが、その選手たちの活躍を見て、一番感激しているのはその選手の身内の方でないだろうか? 健常者とは違ったハンディがあるから、それに対するご苦労が必ずあるはずだ。それを支えたのは一番身近にいる人であるに違いない。そのご苦労が報われたことへの感動は私たちには理解できない重みがあるだろう

 「リオデジャネイロ・パラリンピック」 の話題は尽きないが、今朝ネットで国別のメダル獲得数を調べたら、中国が103個の金メダル (金銀銅の合計では235個) に達し、2位のイギリスの64個 (同147個) に大きく差を付けているそうです

凄い中国の金メダル数だが、残念ながら日本の金メダル獲得はゼロ、ちょっと寂しい気がする




ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れたり曇ったり | トップ | 職人さんはよく働く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさしく・・ (屋根裏人のワイコマです)
2016-09-18 10:11:55
パラリンピック・・このイベントで元気や勇気を
頂ける部分もあるでしょうが、反面その障害の
程度に大まかな基準はありますが必ずしも
同じテーブルのレベルには載りません。
基本的には前回や前々回のパラリンピック
の開催国は施設、判定、審判などで相当な
有利な条件の下・・なので結果が偏って
しまうのは仕方ありません。
おっしゃるとおり、障害を別な形で矯正して
競技しています、矯正機具等に大きな差が
あるのも事実・・このままの運営で更にその
フェアな素晴らしい競技は難しい角番と
思います。東京大会が・・不安ですね
いつもコメントを有難うございます (のぶまつ)
2016-09-18 10:50:49
ワイコマさん
いつも的確なコメントをいただき有難うございます
私には参考になることばかりです

パラリンピック?
私は今一ピンとこないのです
何か方向付けが違っているような気がします

東京の大会でも同じようだと
あまり興味も湧いてきません

今日も天気は曇ったり、降ったりと困った天気です
台風が過ぎるまで我慢しますが
その後は秋晴れを期待したいです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL