日暮らし通信

その日暮らしの生活でも、感謝しています

日頃、見た事・聞いた事・感じた事・そして言いたい事などを発信します

ある出来事

2017年05月18日 10時33分56秒 | 日暮らし通信
from 赤とんぼ

■□ 写真タイトル と 撮影場所 □■

ジャガイモの花

街中の畑にて
(撮影: H290518)



★ 写真の上でクリックしてご覧ください ★





私と永年の付き合いがある 「街の自転車屋さん」 の店がシャッターを下ろしたままで 「当分の間、休ませていただきます」 との貼り紙を見たのは4月早々のことだった

我が家ではこの 「街の自転車屋さん」 には多いにお世話になっている。この自転車屋さんはパンク修理などで電話すると必ず軽トラでやって来ては自転車を持って行き、修理が終るとまた軽トラで持って来る。それが自宅でなくても市内でパンクしてもその場に迎えに来て呉れるそのサービスにはいつも助かっている

そのご主人、一体どうしたのだろうか? もう高齢の独り暮らしだから何か(やまい)にもなったかのか? と、気になったが電話するのも失礼なのでそのままにしていた

先日、偶然その店の前を通ると、何とそのご主人が立っていた

 「どうしたのですか?」 と私が尋ねると、何と交通事故に遭ったとのことだった

交差点で自転車を降りて信号待ちをしていたら乗用車にぶつけられて左足首の上を骨折、そのため入院、それで閉店したらしい

ご主人曰く 「もう少し車にスピードがあったら俺はあの世に行っただろう」 と、その憤りが判るような気がする説明だった

足の骨折だと必ず金属プレートを埋め込んであるはずなのでそれを尋ねると、結構長いプレートが入っているとのことで、一年後にはそれを取り除くらしい。その話を聞いただけで骨折の恐ろしさを想像したが、足の中に金属プレートが入っているなんて私には理解し難いことだった

 「事故に遭った時は痛かったでしょう?」 と、また尋ねたら 「あんまり感じなかったよ」 とは意外な返事でした

この調子だとまだ 「街の自転車屋さん」 としての仕事は無理かとも思ったが、そのご主人が元気だったので安心した

でも、いくら自分で注意しても 「思いがけない貰い事故」 は防ぎようもない突然の出来事。そんな事故には絶対に巻き込まれないように私も気を付けることにしよう





ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車の運転は慎重に | トップ |  「振り込め詐欺防止」 に... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
突然の事に (屋根裏人のワイコマです)
2017-05-18 13:08:22
年齢と共に、動きも緩慢になって突然の
事故などには対応できませんね。
お気の毒さまとしか、言い様も無く・・
さりとて、予防の方法も無く、全くもって
お気の毒に事でした。
赤とんぼ さまも注意されていても 何時
どこから降りかかってくるかもしれない
事故・・大概のじこは、予想外・・
注意せよ・・と言われてもね~~ですね
特に自転車が (赤とんぼ)
2017-05-18 14:28:18
最近は自転車に乗るのが怖くなりました

なるべく歩くようにはしていますが
それでも便利な自転車をどうしても使ってしまいます

事故に備えて車任意保険の特約や
市町村での自転車共済保険などに入っていますが
まずは自分で注意することが前提ですから
あまり無理せずに自転車を使っています

今日は不安定な天気で晴れたり曇ったり
明日は良い天気になりそうです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL