日暮らし通信

その日暮らしの生活でも、感謝しています

日頃、見た事・聞いた事・感じた事・そして言いたい事などを発信します

栃木県からの間違い電話

2017年06月19日 15時07分34秒 | ちょっと一言

日暮らし通信


■□ 写真タイトル と 撮影場所 □■

サルビア と 放送塔

所沢航空記念公園にて
(撮影: H290619)



★ 写真の上でクリックしてご覧ください ★





11時過ぎ、イエデン (家にある固定電話) の着信音が鳴り 「栃木県からです」 との案内音声が聞こえた。 「ナンバーディスプレイ」 のサービスを受けていると、着信すると電話帳に登録してあればその人の名前が案内音声されるが、未登録の場合は局番からその地域を識別して県名などを呼ぶらしい。

栃木県には電話を貰うような知人が居ないはずだが、受話器を取ると 「じいちゃん?」 と男の子らしい可愛い声が聞こえた。どうもその子の爺ちゃんが東京にいるらしいが、電話番号を間違えたらしく、その子もイエデンからの通話らしい。

幼子(おさなご)でも今日は間違ったので次回はもっと慎重になるだろうが、登録した電話帳からでは無く、自分で番号をインプットしたのだろうから、良い経験になったことだろう。

今はこのイエデンもスマホなどの普及によってその登録数が減っているらしいが、先日、ネット上で気になる記事を読んだ。

それは 「イエデンを知らない子どもたち」 が深刻な事態を生んでいる。 「戦争を知らない子供たち」 が流行した昭和の時代の若者が抱えた問題を上回るようにさらに大きな課題に、彼らは悩んでいるのだろうか?。

家にいる時しか使えないイエデンはかつて会話を家族に聞かれないように苦労し、長話をすれば 「いい加減にしろ!」 と後ろから恐いオヤジにどやされるなど、やっかいきわまりない代物だった。そんな悩みも携帯電話の普及で一気に吹き飛んだ。

最近の電話状況は格段の進歩を遂げた。いつでもどこでも誰とでも、着信すると即座に相手の名前が表示される 「超便利な通話時代」 が到来したのだ。

ところがある某テレビ番組関係者は次ぎのように嘆いていたそうだ。

 「4月に働き始めたばかりの、かなり優秀な AD (アシスタントディレクター) が辞めちゃいました。理由を尋ねたら、 『知らない人からの電話に出るストレスに耐えられない』 って。知らない人、新しい人と次々出会う。それこそが仕事の醍醐味だというのに……」

詳しく聞けば、ここ数年のうちに、同じような理由で去って行った若者がほかにも何人かいたという。若者が直面する 「電話ストレス問題」 はテレビ局に限ったことではないが、テレビをめざす若者の多くは電話応対のような事務仕事をさせられるとは思いもよらぬらしい。

そうか? 電話応対などは社会で働く者にとっては初歩の初歩の仕事だが、今の若者はそうは感じないらしい。

今日我が家に掛かってきた間違い電話の男の子はそんな悩みを持たないように、せっせとイエデンを使って欲しいものだ。また我が家に間違って掛けてもいいからね。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮮やかなり 「ハルシャギク」  | トップ |  「大沼田橋」 はいつ頃?  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
社会問題 (屋根裏人のワイコマです)
2017-06-19 20:34:55
今時の若者達、原因はゲームとスマホと
思われます、時間があればスマホと睨めっこ
子供はゲームと睨めっこ、ゲームで戦争ごっこ
して相手を何人やっつけても、リセットすれば
また元通りに出てくる・・生身の人間はそうは
いきません。そして中学生以上の若者社会人
電車に乗る待ち時間、乗ってからの時間も
何時もスマホと睨めっこ、スマホでゲームも
いろん事を・・其れは全部自分の世界!!!
私らスマホの無い者は、隣人や仲間と雑談
なので 今の年よりはどこの誰とも遠慮なく
話すことが出来ます。
この先、社会問題となることでしょう。
困ったものです (赤とんぼ)
2017-06-20 14:03:37
昔、私が若い頃、これからも自分持ちになるのは難しいと思ったのは
車と電話でした。
そんな時代もあったのに今はそれが簡単に身近に持てるようになりました。

日中、電車に乗って見渡すと
スマホを見ている人の何と多いことか?。
一体、何を見ているのか? と気になります。

このような国民の習性は
日本の将来にとってはあまり好ましくないように思われます。

私のような年寄りと若者では
スマホに対する見方も違うでしょうが
困った社会環境になったものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL