goo

☆シンセ・キーボード講座 番外編004「ポータブルキーボード YAMAHA Tyros 4」☆

2013年06月15日 | シンセ・キーボード講座

 日本では、ポータブルキーボードといえば、

「初心者向けの廉価なキーボード」 というイメージがあるが、

 ヨーロッパの方では、プロ用の高価なポータブルキーボードがある。

 

 例えば、YAMAHATyros (タイロス)やKORGPAXなど。

 

 

 

 写真は、海外YAMAHAサイトにあるTyros 4 の画像だ。

 

 定番のPSRシリーズも日本では、PSR-S650、が最高機種だが、

 海外では、S750、S950、A2000という機種もある。

 

 知り合いが、このTyros 4 を海外から取り寄せたが、

 その総額は、約60万円だったそうだ。

 ※amazonの平行輸入品では、約70万円の値段がついていた。

 

 着脱可能なスピーカーは、ライブを意識したものだろう。

 重量も意外に軽い。

 

 さすがに、音はいい。

 

 音色、シーケンサーなど入り込めばかなり自由度は高いが、

 あくまで操作はシンプルに、できている。

 

 直接インターネットに接続して、スタイルや音色を購入することもできる。

 

 日本では、家だけで楽しむ場合が多いので、

 クラビノーバの上位機種がTyros的な位置づけになる。

 

 ヨーロッパの方では、アコーディオンの文化があるので、

 こういうキーボード的なタッチにもなじみがあるのかもしれない。

 

 シンセ・キーボードは、複雑になりすぎた感があるので、

 今後、こういう手軽で、さらに高音質なポータブルキーボードの

 需要が出てくるかもしれない。

 

  

  HP. http://noanoaai.com/        by  NOANOA AIR / Akira Iwasaki




キーボード ブログランキングへ

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。