だらしがないノア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

推計されている。

2017-06-16 16:19:17 | 日記
最近増えてきた、デリバティブというのはこれまで取り扱われていた金融取引または実物商品や債権取引の相場変動によって生まれた危険性をかいくぐるために作り出された金融商品全体でして、金融派生商品と呼ばれることもある。
最終的には「重大な違反」なのかそうでないのかは、監督官庁である金融庁が判断を下すことなのです。たいていの場合、ちんけな違反が多数あり、そのあおりで、「重大な違反」評価をされてしまうものなのです。
金融機関の格付けの長所は、膨大な財務に関する資料を読む時間が無くても評価によって知りたい金融機関の経営の健全性が判別できるところにある。ランキング表で健全性を比較することも可能ということ。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の規定によって、保険を取り扱う企業は生命保険会社、損害保険会社のどちらかであり、これらの会社はいずれも免許(内閣総理大臣による)を受けている者以外は経営してはいけないことが定められている。
麻生内閣が発足した2008年9月に大事件。アメリカの超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したのである。この経営破たんがその後の歴史的金融危機のきっかけとなったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれることになったのだ。
ここでいう「失われた10年」という語は、ある国そのものの、もしくはひとつの地域における経済が大体10年以上もの長期にわたって不況、併せて停滞に襲い掛かられた時代のことをいう語である。
このように「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」の3つの大きな機能のことを銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、最後にその銀行の信用によってこそ実現されていることを知っておいていただきたい。
昭和48年に設立された日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員である金融機関が行う有価証券(株券や債券など)の取引(売買等)等を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体が健全な振興を図り、出資者を保護することを協会の目的としているのです。
難しいけれど「ロイズ」と言えばイギリスのロンドンにある規模・歴史ともに世界的な保険市場を指す。議会制定法の規定で法人とされた、ブローカーそしてそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もあります。
保険業法(改正平成7年)の定めに従って、保険の取り扱いを行う会社は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社に分かれることになり、どちらの場合も内閣総理大臣から免許を受けている会社しか実施できないとされています。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに従って、いわゆる保険会社は生命保険会社か損害保険会社に分かれることとされており、2つとも内閣総理大臣による免許を受けている者のほかは設立してはいけないのです。
タンス預金の盲点⇒物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、インフレの分現金はお金としての価値が下がるのです。すぐには暮らしに準備しておく必要のない資金なら、タンス預金ではなく安全かつ金利が付く商品に資金を移した方がよい。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を区分して、総理府(現内閣府)の新外局として金融監督庁という組織ができあがったということ。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等の所掌業務のうち、民間金融機関等の検査・監督業務のセクションを分割して、当時の総理府の内部部局ではなく新しい外局として新組織、金融監督庁が設置されたわけです。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった2010年9月12日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんした。これが起きたために、このときはじめてペイオフ(預金保護)が発動することになった。これにより全預金者に対する3%程度、しかし数千人を超える預金者が、初適用の対象になったと推計されている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1ずつ | トップ | 銀行なのです。 »

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。