だらしがないノア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

1ずつ

2017-06-16 16:14:15 | 日記
いわゆるデリバティブとは何か?従来からの金融取引、実物商品及び債権取引の相場変動が原因の危険性を退けるために販売された金融商品であって、とくに金融派生商品と呼ばれることもある。
日本証券業協会(JSDA)ってどんなところ?⇒協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券(株券など)の売買等の取引を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体の堅調なますますの成長を図り、出資者を保護することを目的としている協会です。
多くのキャンペーンなどでも知られる日本損害保険協会は、日本国内における損害保険各社および業界の正しく良好な発展さらに信頼性のさらなる増進を図り、これにより安心さらに安全な社会を形成することに役立つことを協会の目的としている。
そのとおりロイズって何のこと?ロンドンのシティ(金融街)の世界的に知られた保険市場なのである。制定法で法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合そのものを指す場合もある。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を統合させて約2年前に生まれた金融監督庁を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)に再組織した。さらには平成13年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、現在の内閣府直属の外局となった。
覚えておこう、FXとは、証拠金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す取引のこと。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)よりもかなり利回りが良く、また為替コストも安い長所がある。身近な証券会社やFX会社へどうぞ。
今はタンス預金なのか?物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上昇した分お金の価値が目減りすることを知っておこう。すぐには生活になくてもよいお金なら、安全で金利が付く商品に変えた方がよいだろう。
つまりペイオフの意味は予期せぬ金融機関の経営破綻による倒産という状況の場合に、預金保険法の定めにより保護される個人や法人等の預金者の預金債権に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
西暦1998年6月、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分のセクションを切り離して、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として位置付けられた金融監督庁という組織を設けたのである。
FXとは、一般的には外国の通貨を売買して補償金の何倍もの利益を出す取引ですFXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)よりもかなり利回りが良く、さらには為替コストも安いのが魅力である。FXに興味があれば証券会社またはFX会社からスタート。
外貨商品。外貨預金とは?⇒銀行で取り扱う外貨建ての商品の一つを指し、外国の通貨によって預金する商品の事である。為替変動によって利益を得る可能性もあるが、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月11日、日本振興銀行が破綻(倒産)せざるを得なくなった。この破綻で、ついにペイオフ(預金保護)が発動し、全預金者のうちの3%程度ながらも数千人を超える預金者の預金が、上限額適用の対象になったと推計されている。
難しそうだが、外貨MMFについて。国内において売買できる数少ない外貨商品の名前。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが高いうえ、為替変動による利益も非課税という魅力がある。証券会社で誰でも購入可能。
よく聞くコトバ、保険とは、偶然起きる事故が原因で発生した主に金銭的な損失の対応のために、よく似た状態の複数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、集めた積立金によって予測できない事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する仕組みです。
預金保険機構(DIC)の保険金のペイオフ解禁後の補償限度額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円(決済用預金は全額)"です。同機構は政府及び日本銀行さらに民間金融機関全体が大体3分の1ずつ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 推計されている。 »

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。