思いでのノア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

行われています。

2017-06-16 14:49:25 | 日記
【解説】デリバティブとは?⇒伝統的・古典的な金融取引や実物商品または債権取引の相場変動によって発生した危険性を避けるために生まれた金融商品全体の名称であり、金融派生商品とも呼ばれる。
FX(エフエックス):要は外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。外貨預金または外貨MMFなどにくらべると利回りが高く、さらには為替コストも安い利点がある。身近な証券会社やFX会社で購入しよう。
損保会社の業界団体である日本損害保険協会は、主として日本国内における損害保険業及び会員である会社の健全で良好な発展と信頼性の前進を図ることにより安心であり安全な世界を形成することに寄与することを目的としているのだ
郵政民営化により発足したゆうちょ銀行によって取り扱われているサービスのうちほとんどのものは郵便貯金に関して規程している郵便貯金法によって定められた「郵便貯金」としては扱わず、他の銀行等と同じく銀行法に定められた「預貯金」に準拠する商品なのだ。
金融庁が所管する保険業法の定めに則り、保険会社と呼ばれるものは生命保険会社、損害保険会社の2つに分かれ、どちらの会社も内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社でないと設立してはいけないとされている。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(当時)からさらに金融制度の企画立案事務を統合させてこれまでの金融監督庁という組織を金融庁という新組織に再編。翌平成13年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
麻生総理が誕生した2008年9月に大事件。アメリカの超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったというニュースが世界中を驚かせた。この出来事が発端となってその後の全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけになったため「リーマン・ショック」と呼ばれることになったと言う事情なのである。
このように「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、代表的な機能を銀行の3大機能と呼び、基本業務である「預金」「融資」「為替」さらにはその銀行の信用によってこそ実現されていると考えられる。
一般的にペイオフについて。予測不可能な金融機関の経営破綻による破産などに伴い、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護する個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度です。
ほとんどの株式を公開している企業であるならば、企業の活動を行っていく上で、資金調達が必要なので、株式と社債も発行する企業がほとんど。株式と社債の違いは、返済義務に関することなのである。
この「銀行の運営なんてものは銀行自身に信用があって大成功するか、そうでなければ融資するほど価値がない銀行であるという見方をされたことでうまくいかなくなる、二つのうち一つである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
実は我が国の金融市場の競争力を強化する為に行われる規制緩和のほか、金融規制の質的な向上が目的とされた取組や活動等を積極的に実施する等、市場だけではなく規制環境の整備が常に進められていることを忘れてはいけない。
多くの場合、株式を公開している上場企業の場合であれば、事業活動のためのものとして、株式の上場のほかに社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の一番大きな違いは、返済しなければならない義務があるかどうかであるから注意が必要。
1946年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、主として日本国内における損害保険業や協会員の順調な発展と信頼性を高めることを図る。そしてそれによって安心・安全な社会の形成に役立つことを協会の事業の目的としている。
未来のためにも日本国内における銀行等は、早くからグローバルな市場や取引など金融規制等の強化も見据えつつ、財務体質を一段と強化させることだけではなく、合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに精力的な取り組みが行われています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相談を。 | トップ | 購入できる。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。