心の平和を求めて・・・

夫と別居中。
私の身近で起きている「性格や考え方に偏りを持つ人」との関わり合いの記録です。

我慢は苦しかった

2017-05-17 00:33:10 | 日記
昨日からずっと頭がクラクラしている。

私が宣言して以来、彼からのLINEは止まった。
それまでは頻繁に彼からのたわいのないメッセージが来てたのに。
私がそう言ったんだけど、苦しくて辛くて。
泣けてくるし彼のことばかり考えてしまい切ない。
一体どうしてしまったんだろう…
彼と連絡取れないだけでこんなに苦しい。

だけどこれで良かったんだ、このまま距離を置いて、また仲間の一人として、思い続けたまま、切ない気持ちを抱えてみんなとワイワイ楽しめばいい。
そのつもりだったんだけど…。それが一番だと思っていた。

別件で、彼に聞かないと行けないことがあり、LINEした。返事も既読もない。もう嫌われたか。
でもこれで良かったんだよね。
多分この想いは私からは切れない。彼から切ってくれるのなら、私も今度こそ潔く諦められると思うのだ。
これで良かったんだよね…

が、しばらくして彼からの返事が。
通知を切ってLINEするのもずっと我慢してたんだよ!と。毎日ラインしたらダメというから我慢していたけど辛かったと。
私たち、お互い全く同じ気持ちで我慢してたんだよね。
結局我慢してもしなくても辛いものは何しても辛いんだと。
もうお互いこれ以上我慢するのはやめようと。
色々と無理に何でもかんでも我慢しようとするから余計に切なく恋しくなっておかしくなるんだってことがわかった。
逆にそっちの方が危険。

彼はLINEして来てくれてありがとう、楽になった、嬉しかったと。
またまた趣味の話で盛り上がる。
それが本来の私たちだ。
苦しい恋に悩むのは似合わないのだ。
いろんなことを笑い飛ばして山という共通の趣味を楽しむ。
私たちはただそれだけの一番気の合う仲間だった。

あの素敵なキスさえなければ…これほど苦しまなかったのかもしれない。
キスをして苦しくなったけど、多分私たちはそういうのを乗り越えてまた相棒として楽しんで行ける気がする。

私たちの関係がここまでなのか、それとも発展して行くのか、消滅してしまうのか…未来はどうなるのかはわからない。
だけどそれはその時にまた考えよう、
今はとにかく、一番気の合う相棒として再び戻れたことが嬉しかった。
彼と話せて良かった。気持ちが楽になった。今夜はやっとよく眠れそう。

彼も好きな山の話をいっぱい出来て嬉しそうだった。
やっぱり私たちはよく似ている。だから大好きだし、相棒なんだなあと。

いっぱい話し合った、
気づいたら頭のクラクラも落ち着いて、なんだかスッキリとしていた。
私の相棒が、彼で良かったとつくづく思った。
だけど、好きだって気持ちはこれからは秘めずに堂々と言うけどね(笑)
お互いそんな風にこれからも一緒に明るくやって行くんだろうなと思う。多分ね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宣言と、脳内麻薬物質 | トップ | 最後の恋 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かった良かった (riri)
2017-05-19 01:03:24
オトナの恋ってやっかいだね〜〜
屁理屈が上手くなって、素直になれなくって。

どーして気持ちと相反したことを言っちゃうんだろうね(笑)

私もねココだけの話し
彼が寂しそうな言葉を言うのを聞きたくてワザと冷たい事を言います。
Sの面もあるのかも(笑)
Re:良かった良かった (noah_2010)
2017-05-19 07:19:32
ririさんこんにちは。ありがとう〜
私はこの歳で恋するなんて思っても見なかった。
彼もそう言ってた。

私は給料少ないけど、なんとか定年まで働けそうな安定感、もう男もいらないし、一人でも楽しんで行けるライフスタイル見つけたしそれで自分は楽しいと思っていたけど…
まさかこの歳で自分のことをこんなに好きになってくれる人が現れるとは思いもしなかったし、自分も好きで好きで苦しい。

若い頃と違って簡単に飛び込めないイロイロがあるんですよね。
とくにこの歳だから体の問題とかは…ね。(笑)
だからそこでストップが効くってのもあってそれでいいのかもしれない。(^^)

オシャレなんて忘れていたのに急に気にするようになったり、自分の心の変化についていかない状態です。
私は一体何やってるんだろうなー(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。