のあ助日記

以前はダイビングと旅etc.の日記。
今は登山と旅日記♪

ロマンス

2007-08-18 | 音楽・映画etc.
先日、「こまつ座&シス・カンパニー公演 ロマンス」をみてきました。
この舞台、出演者が大竹しのぶ、松たか子、段田安則、生瀬勝久、井上芳雄、木場勝己(敬称略)というたった6名の舞台でありながら、それぞれがもの凄い存在感のある豪華なメンバー
絶対にチケットは取れないだろうと思ってたのに、あっけなく取れちゃいました。
また運を使ってしまったかな~(笑)

男性4人のうち、チェーホフはどの方なのかな~と思いきや、若い方から少年チェーホフ(井上)、青年チェーホフ(生瀬)、壮年チェーホフ(段田)、晩年チェーホフ(木場)・・・と。
全員チェーホフ役だったのがとても面白かったです。
全員で主役をやって、全員で脇役をやるような状態。
ちなみに、友達が『段々と背が低くなってく・・・』って笑ってました。確かに。。。

話の内容は、アントン・チェーホフというロシアの劇作家の一生です。
(簡単すぎますかね?
話のテンポですが、人によっては「まったり」とか「淡々としてる」って評価みたいですが、私には自分なりに話を理解しつつ、俳優さんの演技にも見惚れる事ができたので、ちょうどよいテンポでした。
ところどころにすごくユーモアのある笑いもあって、長時間でしたが(途中休憩があったけど3時間です!)楽しかった~

だって、前に見に行ったとある舞台は、あまりに話のテンポが早過ぎて、内容を理解するだけで精一杯!!見終わった後は疲れてしまった・・・って事もあったので


大竹しのぶさんの演技は迫力があって『凄いな~』の一言だったけど、私が一番見たかったのは、やっぱり松さんです
まっすぐな芯が一本通っているような身のこなしや声が大好きです。
見終わったあと、スッキリした気分になるし、ステキだな~と憧れます。
また機会があれば松さん主演の作品を見に行きたいなぁ

・・・と、思いのままにつらつらと書きましたが、これじゃあ備忘録にもならないくらいお粗末かも
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富戸・ヨコバマ(7/29) | トップ | Cafe Mame-Hico »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (caz)
2007-08-18 01:18:55
その節は、お世話様でした♪

そうだね、あれくらいのテンポのほうが頭に入ってきやすいよね。内容も落ち着いた感じでオトナの舞台でした

松さん、凛々しいのに可愛いよね。私も好きよ

私もこの日のことを、早くブログに書きたいな~。
お疲れさま~ (のあ)
2007-08-18 22:55:31
~caz~
その後、目の調子はいかがですか??
blogも復活してるから、大丈夫そうかな
舞台を見ながら内容をのみこめるテンポが私にはよかったです。
蜷川作品に続き、井上作品もファンになりそうです♪
cazはいつも詳しくblogに書いてるから、とっても楽しみにしてます(プレッシャーかな

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。