ちゅうのうぶろぐ

ちゅーとはんぱな濃さのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラジオNIKKEI杯2歳Sの展望

2009-12-25 | ouma - お馬
光浦靖子がJRA新CMに出演 気になる役柄は佐藤浩市の妹?
(オリコン - Yahoo! ニュース)

JRAは、全国に何百万人かいるであろう“妹萌え”属性の方々を敵に回しましたな。
もしお兄さんが佐藤浩市だったら…で萌える女性の気持ちはある程度わかりますが、
もし妹が光浦靖子だったら…と想像して得することなんて、何もないと思います。
そんなことを言っている私にも妹がいます。30代後半の3人の子持ちですが。





ラジオNIKKEI杯2歳S

過去18年の3着以内の馬54頭の中から、17頭ものGⅠ馬を輩出している。
(12月25日現在。クラシックだけでなく、短距離・海外・ダートGⅠも含めた数字)
同じ条件で検索した結果が12頭の朝日杯よりも間違いなく先につながるレースで、
だからこそ「ローズキングダム実は早熟なんじゃねーの?」説を唱えているのだが、
個人ブログの一部を除いてはみな一様に同馬の将来性に太鼓判を押しており、
もしその通りに事が運べば間違いなく私の春のクラシックはズタボロになる。
なので、ここのメンバーに「ローキン何するものぞ」という気概を示してもらいたい。
ただ先程このラジN杯が先につながるとは書いたものの、年によってバラつきがあり、
ここでの好走イコール未来のGⅠが約束されたというわけではない。
典型的なのが一昨年。出走馬中その後重賞を勝ったのはメイショウクオリアだけで、
勝ち馬サブジェクトは惨敗続きの後船橋に移り、そこでも[0004]だった。
サラブレッドの世代全体のレベルをワインにおけるブドウの出来に置き換えれば、
05年産はどんなに熟成してもヴィンテージものにはならない、というところか。
この世代が有馬記念に1頭もエントリーしていないというのもうなずける。
はたして今年のメンバーはどっちに転ぶのだろうか。先につながってほしいが。
断然人気でも、ヴィクトワールピサにはばたいてもらいたいと思う。
「負けたのはローズキングダムだけ」と言われるのが私としては腹立たしいが、
実際そうなのだから仕方がない。現状では世代No.2の座にいる。
ここできっちり力を見せて、さらに来年ローキンを対戦するたびに叩き潰して、
ぜひ新馬戦のリベンジを果たしてもらいたい。そのためにもここは突破しておくべき。
リベンジというところから気になっているのはサクラエルドール。
父はサクラプレジデントで、Vピサの父ネオユニヴァースは因縁の相手である。
この2頭のマッチレースとなれば、まさに父の代理戦争というドラマに。
個人的にそのドラマは見たいので、馬連③-⑮で録画予約しておこう。


にほんブログ村へ 人気blogランキングへ ブログの殿堂へ 人気ブログランキング blogram投票ボタン
ポチ×5押してくださいませ

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖夜にアタマのことを考えてみた | トップ | 有馬記念の展望 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
予想はよそう…? (えむ)
2009-12-26 13:46:06
いきなり駄洒落になりました。


中山大障害を観に久しぶりに中山競馬場へ来たら、クイックピックの機械が…。


競馬っていろいろと予想したりするから楽しいんじゃなかったのかな?

どうやら今までの考えは間違っていたようでしたよ。
まったくです (のぁぴぁ)
2009-12-26 19:52:44
馬券を買うまでが競馬の楽しみ、という考えはもう古いのでしょうか?

もしフーゾク店にクイックピックが導入されたら、
たぶん暴動になるんだうなぁ。まず自分が暴れるけど。

ouma - お馬」カテゴリの最新記事