森の聲だより

自然を愛するフリーのアロマナース♡

病棟でのボランティアの役割

2017年04月05日 | アロマボランティア「...
今日は緩和ケア病棟でのアロマボランティアでした。

伺ったとたんお話しをはじめられたんです。

病気になったこと
手術を受けたこと
化学療法を受けたこと
緩和ケア病棟に入院した時のこと

堰を切ったように・・・

実はこのお話しを伺うのは2回目。

前回も同じお話しをしてくださいました。

きっと話すことで自分自身に納得させていたのかもしれないし

病気を受け入れないといけないと思っているのかもしれないし


アドバイスを求めているわけでもない
我々に意見を求めているわけでもない

そっと触れ安心している空間で
ただただ・・・話を聞いてもらいたかったのだろう。。。

桜を見に行きましょうと言われてもそんな気になれなくて・・・っとおっしゃっていた。

そんな気持ちの中でもアロマケアを受ける気持ちになってくださり
嬉しく思うとともにこの時間を大切に過ごしたいと思いました。

アロマをしながらでも
アロマを早めに切り上げ手を握って
お話しをゆっくり聞く時間にしてもいい

緩和ケアでのアロマケアはアロマをすることだけが
目的ではなく穏やかな時間を過ごして頂くことが目的だから♡

穏やかな時間を過ごして頂くためにアロマを行っているわけですが
時には・・・お話しをゆっくり聞くことも・・・
背中をさするだけのことも・・・

ありだよな~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のYuragiハイク | トップ | アロマセミナーのお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アロマボランティア「...」カテゴリの最新記事