森の聲だより

自然を愛するフリーのアロマナース♡

いきたひ

2016年10月15日 | アート
いつか観てみたい・・・と思ってました。

長谷川ひろ子監督の「生死(いきたひ)」

なんと・・・自宅近くにある

「助け愛のレンタルスペース&カフェ ゆいま〜る」さん

で上映されるというのでとてもラッキーです!!

訪問看護師の仲間と一緒に観に行ってきました。

映画からのメッセージは

本当は当たり前の生活の一部のことなのに

いつの間にか怖く特別なことになってしまった「死」について

だけどその奥には「生」について語られています。

生きるって何だろうか?

死ぬってどういうことなんだろう?

命って?

生きてきたことが

すべて命のバトンになって繋がっていく・・・・



映画を観て監督のお話しを聞いて

生きてるって素晴らしい

死ぬ(生ききる)って素晴らしいと思いました。

先日のブログにも書きましたが

死の体験をして(夢をみて)

死が心地いのかもしれないと感じたんですね。

そして体験したあの心地よい場所が映画をみて分かりました。

愛する人の心の中だ!と。。。

生まれてくるとき

心地いい子宮の中にいるときと同じように

愛する人の心の中で再誕生する瞬間だったのだと・・・・

訪問看護の現場でもこういうことをお伝えできたら

素晴らしいな~と思いました。



++++++++++++++++++++++

11月23日は成田の古民家空間風楽さんで上映されるそうです。

素敵な監督にもお会いできます

お勧めですので是非どうぞ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死の世界はふわふわしていた! | トップ | 緩和ケア病棟のリピーター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む