黄昏のガンマン

デッサン、釣り、居酒屋、、、愉快な友達
老いた相棒の愛馬に乗り、今日も気ままにさまよいます。

閲覧席

2017-07-17 | 日記

図書館に入ると 連休で暇な人や暑さしのぎに入ってる人達で結構繁盛していて 自分も同じ様なものである。
閲覧室では大きな活字コーナーを見る習慣がついてしまってるけど 年寄り向けで 余生の過ごし方みたいのばりが並んでいて飽きが来てるので横目でちらりと見て通り過ぎ  短時間で読めるエッセーコーナーを物色してみたが字が小さくて読みづらい。 ブラブラして堅そうな哲学書の一角に老荘方面の本が並んでいて タオと云う本の目次を見ると教訓的な項目に交じって おっぱいは好きなだけ吸うがいい と 面白そうなのが書いてあるので手に取り貸出機に向うとしたらどうも小用がしたくなる。 本を持ったままトイレに入るのは気が引けるので如何しようかと迷ってると 窓越しに見える閲覧席の一人机から人が経つところで すかさず入って本を置いて用を足してから席に座る。

    

    尾形光琳「太公望」のスケッチです

後ろの席ではサラリーマンらしき人が資料を広げて会社関係の調べものをしてるみたいでご苦労な事だ。 自分は暇つぶしのようもので借りてきた本を広げて 先ほどの目次の本文を読むと大自然(タオ)の母親のおっぱいを、、てな書き方をしていて首を傾げてしまったけど 面白いのでページをめくってると 腹の虫がキューと鳴て止まらない。 
腹の虫というよりガスが溜まっていてこのまま放置してると下のほうから排出し臭いと音で周りから白い目で見られてしまう。 いそいそと外に出たけどなんともない、どうした事かと思ってたらガスが出たがってるのはっきり解る様になる、 周りを見渡してデカイのを2発ばかし発散してサッパリとする。 うまくコントロール出来たみたいだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 見つからない | トップ | ヌラヌラしていて気持ちが悪い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事