-めくるめく青色妄想-

裏サイト的存在。鬱の塊のはけ口。
自分の痛みや辛さを誰かに見せ付ける時のある種の快感ってアルでしょ?!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

届いてますように…。

2005年12月31日 | 叫び
あたしの心から出た言葉は

あなたの心まで届いているのですか?
コメント (19)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

誰かの特定の誰か

2005年12月31日 | 叫び
男であるということ。
女であるということ。

女性は、女であることの窮屈さ等を口にするが、男性にはあまりそういう人はいない。


男とはきっと女より大変なところがあると思う。
もちろん女も男より大変なところもあるのだが。


男とは強いモノであるべきだという、変な使命感?!っていうの?
そんなものに縛られて、弱さを出せないと思う。



けどさ、けどさ、
誰にでも弱さを出すようなんじゃいけないけど、
特定の誰かには出せてもいいとは思うのね。


誰かにとっての「特定の誰か」になりたいってあたしは思うわけ。


悩みを聞いたり、
愚痴を聞いたり、
弱音を聞いたり、
そんなふうにマイナスを吐き出せる「誰かの特定の誰か」になってみたい。


男だって泣いていいし、
女だって泣いていいし、
あたしだって泣いていいし、
あなただって泣いていい。


誰かと共に歩こうものなら、
きっと嬉しいことより遥かに悲しいことや辛いことの方が多いと思う。



それを背負える人だけが、一緒に歩く権利があるのよ。








あたしの大切な人を傷つけるヤツは許さない、です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校の頃からの変わらぬ想い。

2005年12月31日 | 叫び
他人に"私"という人間を作らせたくないし、

私は私でいたいとずっと思ってる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

。。。

2005年12月18日 | 叫び
ありえへん。
死んで。
殺されへんからさ。
消えて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重荷にはなりたくなくて。

2005年12月12日 | 叫び
誰かの重荷になるなんていやだ。
だからといって親しい人と距離をおくとかいやだ。
でも重荷だと思われてるなぁって感じたら離れることがいいと思う。
てゆーか、うまくいえないけど、
本当にすべて受け入れてくれる人っていないよなって思う。
なんでそうなんだよ、って思うことが山ほどある。
そんなことは望んでない、と思いつつ、何もいえないことが山ほどある。
無理に笑顔作ったりして…しんどいときにしんどいって何で笑ってあたしはいうんだろう。
むかついてるときでもあんまり言えなかったりする。
実は、ね。
もぅいやだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おんがくとわたし。

2005年12月04日 | 叫び
時間を誰か止めて。

-----

失くしたくはないと望んだものほど失くしそうで。

-----

弱い女だなんて笑わないで。
泣きたくはない誰も。

-----

どうしてよくない夢ばかりを見るの。

-----

これだけは手放したくないなんていうモノが欲しい。

-----

馴れ合いだけの愛ならいらない。

-----

今更無理だよ。

-----

扉にかぎかけた、心が震える。

-----

矛盾をとりただして。

-----

本当の心の声を押し殺す。

-----

別に強がりじゃない。

-----

ふとした時に我に帰ってみても無理みたい。

-----

言われるまま。

-----

知らないふりをするわ。

-----

不安な心に言い聞かせてる。

-----

あきらめなんかじゃない。

-----

今のうちだけ。

-----

本当は私の思うままに。

-----

できない。

-----

綺麗じゃない。

-----

頭痛い。

-----

時間がない。

-----

今日は疲れた。

-----

このままじゃ加速できない。

-----

そうじゃない。

-----

もう1人の自分が囁くけど。

-----

嫌味が増えた。

-----

愛想つかして逃げた人に乾杯。

-----

アザ増やす言葉でいい。

-----

傷つけばいい。

-----

意味なんてない。

-----

失くした涙。

-----

どうでもいいこだわりで人をまた傷つけて。

-----

くたびれた体に寂しさ募る。

-----

少しくらい忘れられる場所を探しても消してくれ。

-----

敗れた夢も捨てて。

-----

少しくらい忘れさせて。

-----

渇いた喉をぬらす儚い願いは傷口に染みる思いを告げる。
見上げた空から大きな雲が心に雨を降らす。

-----

終わりはしないから迷うなぶち壊せこの壁を。

-----

何故かあの頃の夢だけが胸の隙間埋めていく。

-----

どんなに何気なくても。

-----

おびえたまま。

-----

泣き崩れていく声が。

-----

疑いの目。

-----

コワイんだ。

-----

悲しみに負けないように。

-----

笑うんだ。

-----

歌うんだ。

-----

無常なモノへと形を変えていく。

-----

答えなき物語。

-----

悲しみのパズル。

-----

抱きしめた胸には色褪せ散り行く花、土に戻し傷を隠すけど。
走りぬけて行くたび、瞳の奥でまだ今、君は今咲いている。

-----

笑い飛ばしていたあの頃の僕を捨てよう。

-----

届かないときほど甘く映し出す花。

-----

振り返るときこそ流すのは涙じゃない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな真実。

2005年12月04日 | 叫び
安心して「愛させてくれる人」がタイプだと思う。
今気付いたかもしんない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まちがってる。

2005年12月04日 | 叫び
あれもこれもどれもそれも全て。
自分のするコト、自分の感じるコト、自分の見るモノ、自分の考えや視点。
全部間違ってる気がして。
何でココに存在してるんだろうって思う。
私に大切なモノなんてないから。
信じきってたモノ全て捨て切って、
全て遊び・全ておふざけって思い込んで、
今ココから立ち去りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこか遠くに行きたいな。

2005年12月03日 | 叫び
アタシの事誰も知らないトコロに行きたい。
真っ白な人生を歩きたい。
本当にアタシの事大切に思う人だけでイイ。
嘘や誤魔化しは大嫌い。
出来ない約束も大嫌い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪とわたし。

2005年12月03日 | 叫び
風邪ひいても

「どぉせいつものよぉに長引く風邪なんだ」

って思って

早く治そうとか考えなかった


でも

どうしても治さなきゃいけない

っていうか

治さなきゃいやだ

っていう状況になって

治るように

薬も飲んだし

ビタミン剤も大量に飲んだし

ねぎだってにんにくだって食べた


けど

もぉ治す気なくなった

治したい理由があったのに

治したら出来ることがあったのに

その出来ることが多分出来ない

拒否されてると感じたから


あたし

絶対あほだ

まっすぐにいきようとするのは辛いね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしのじんみゃく。

2005年12月02日 | 叫び
本当に心細くて本当に壊れそうで本当に哀しくて寂しいトキに
誰からも助けがなぃことはいつものことです
どれだけサインを出しても逆効果になるのです
結局は自分だけなのです
そんな気がします
それが現実です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたしはあたし。

2005年11月29日 | 叫び
リクルートスーツとかだるいね

制限がいっぱいで


ボタンはいくつだ

シャツは何色だ

靴はヒールが何センチだ、形がどぉだ

メイクはこぉしちゃいけない



そぉゆぅトコロにこだわる会社はあんまり好きじゃない

形にはまった会社は有限の会社

無限の会社がいいな

あたしはいつまでもあたしらしくいたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人と性別。

2005年11月28日 | 叫び
女って得だなって思いますね。
就職活動とかでニコニコしてても男のニコニコとは訳が違うみたいですし。
でもそぉゆぅのって嫌ですね。
男とか女とかである前に、1人の人間ですから。
人として見て欲しいし、見られるよう努力すべきですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Another World

2005年11月27日 | 叫び
しょうがないと流して残した跡には笑えない人が立つの

そのアナタの言葉が私の少年を押し寄せる


飛び出して

重い鞄は持たずに

やりたいようにやればいいじゃん


飛び出して

邪魔なプライドは捨てて

やりたいようにやればいいじゃん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憎い。

2005年11月26日 | 叫び
他人も
私も
みんな
みんな
誰もが

憎い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加