ふくしまの里山を次世代に

鮫川村に秘密裏に建設された放射性廃棄物焼却処分場に反対する住民組織『鮫川村焼却炉問題連絡会』のメンバーによるブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鮫川村焼却量の訂正について環境省とのやりとり

2013-08-01 21:20:55 | 活動記録

焼却物の大幅減少に伴い、速やかに見積り訂正を求めたことに対する村の回答を受け、事業主体である環境省に質問しました。

環境省は、こちらの主張通り焼却物の減少に伴い見込み量の見直しが必要としながら、それを直ちに公表することはできないなどとし、過大見積りを訂正しないまま本稼働を進める意向を示しました。

◆環境省とのやりとり(730日)

730日付鮫川村からの公開質問書への回答より)

青字:環境省廃棄物対策課リサイクル対策部)福島課長補佐

 ---------

「重量の計測データが必要」の意味が分からないのですが。

廃棄物施設に置かれている重量計で重量を測らなければ正確な量は分からないということです。

計画とは関係ないでしょう。事業仕様書のことですよ。600トンという数字を計算ではじき出して予算を組んでいるわけでしょう。

おっしゃるとおりです。

計画では当初170戸が除染対象世帯で計342トン、1戸あたり2トンですね。今66戸に減ったわけだから、見積りの下方修正が必要でしょう。

おっしゃるとおりで発生量自体は除染作業で出てくるものをその都度把握することになり、減った分は勘案して処理の見直しをしなければならないと思います。

それは事業が始まる前にやらないと。

調査は今やっているところで、見込み量と実際の牧草などは大きさなどにばらつきがあるので実際に保管現場で重量測定をして量を掛け直す作業が必要です。

今、日立造船が一つずつ測っているのですか?

なかなかすべて測るわけにいかないので、一つ測って個数を掛けるなどしています。

牧草は50トンしかないんですよ。総量も600トンじゃない。村から聞いているでしょう。

再見直ししたのは反映していません。

だから反映して下さいよ。

調査は今やっています。

これは計算上の話であって、今あるものはそんなにないわけです。稲わら、堆肥、落ち葉、あわせても少ししかない、残りの大半は除染でこれから出てくるものです。

1戸あたり2トンで66132トン、計算で出せるでしょう。除染同意したのが66戸になったんですよ。

はいはいそうですね。

当初の計画から激減しているのですよ。除染対象物は132トンしかない。これは計算上出すもので、除染に応じて把握すると言う話ではない。

見込みとしてということですね。

そうですよ計算で予算を組んでいるわけで見積りの下方修正をして、焼却期間の短縮を図るのが当然でしょう。

清算という意味では燃やした分だけの清算なので最終的に支払うのは焼却期間のみということになりますね。

だから600トン20か月としているものを修正して公表して下さいと言っているんです。

それは必要に応じてやります。

いま必要なんです。事業が始まる前に。私達は反対しているんですよ、1月でも短縮してもらわないと困るんですよ。

要するに焼却期間を短縮するということですね。

当然ですよ迷惑施設なんだから。600じゃない、150トンは希望の牧場に渡している、去年の段階で。それは村長もあちこちの場で言っているし…

はいはい。

村に確認して下さい、450トンなんだから20か月じゃないでしょう。さらに除染対象世帯が170戸で計算していたものが66戸に減ったんだからそれを計算し直して出し直すのが筋でしょう。

見込み量ってことですね。

未だに600トン20か月なんて言って進めることは契約違反ですよ。

もちろん実際の量は持ち込んで重量を測って処理するわけで、その量しかお支払しないですよね。持ち込んだ量によって早く終わればもちろんその時点で終わりになります。

こちらで見積りし直したものをfaxしますからそれを確認して公表して下さい。

おっしゃるところの廃棄物が減りましたというのはその通りだと思います。ただ廃棄物の量というのは実際やってみないと出てくる量は変わってくると…

12トンて言ったら相当多く見積もっているでしょう。相当多いですよ。

それで仮に減ったという話になりますよね、それだけでなく牧草であれば比重は異なるわけで、ラッピングしているものですと、雨の日にラップしたものは重くなるのでばらつきがある。だから再精査をさせて頂いているわけでして、必要に応じて公表します。

見積りの段階で仕様書が600トンで予算を組んでいるわけだから減ったものをマイナスして見積りを修正して公表するのは絶対必要ですよ。

分かりました、はい。

私の計算を送りますから直ちにそれを確認の上HP等で公表して下さい。

いやそれはできません。

何故ですか。

精査をしているので発生量…

うそをついたまま事業を進めると見なしますよ。

あのー村の方からも回答があったとおもいますが正確な量は…結果において…結果が出てから

結果は別に出せばいいでしょう。見積りは変わっているので出し直して下さいと言っています。それが透明性を確保したやり方でしょう。情報公開していると言っているのだからそうすべきでしょう。そちらの都合のいいことばかり出して、こちらの求めていること一切出していないでしょう。

ご指摘頂いているところは受け止めさせて頂きます。

隠蔽しているならマスコミで公表しますよ。計算式送りますから確認して、間違っていないから。

送られてきてこちらでも再精査していますので。

重量の話ではない、見積りの訂正をして下さいと言っている。仕様書の話です。

(略)

都合悪いからでしょ。焼却を短縮されると都合悪いんでしょう。

いやそういうことでは…

73千万円支払ったから。

まだ支払っていません。出来高に応じて支払いますので。1年毎の契約で…

だったら不都合ないじゃないですか。適正な見積もりにしてそれに応じて処理していけば。

(略)

いつやるのか、事業が始まる前にやりますか。

もちろん計画量自体見直しますよ。持ち込んだ量を測るんで、そこは努力します。

努力しなくてもできるでしょうこのくらい。私の計算では7か月未満で終わるんですよ。

村も言っていますよ。廃棄物は減っていると。村も困っていますよ、焼却灰の処分場が決まっていないから怯えていましたよ。

村は最終処分場にはしませんので。

そう言いながら約束すぐ破りますから国は、信用していませんから一切。

信用は取り戻していくしかないです。

無理ですよ。信用という言葉を口にすること自体おこがましいですよ。やめて下さい。

見込み量の精査が終わり次第公表させて頂きます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮫川村の汚染牧草について | トップ | 日の出の森・支える会から連... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
堀川さんの公文書偽造の件 (塙の虹のパパ)
2013-08-01 22:26:02
堀川さんの同意書の偽造の件について環境省の方はなんと言っていましたか?
Unknown (放射能拡散・絶対反対)
2013-08-02 05:19:15
同意書は村と地権者との取り交わしですので環境省は関与していません。土地の賃貸契約についても日立造船と交わさせています。偽造については村も関与せずあくまで地権者の一人がやったことだと言っています。責任のなすりつけ合いです。
すみません勉強不足でわからないのですが (塙の虹のパパ)
2013-08-02 20:28:31
同意書を求めているのは、環境省ではないのですか? 土地の地主の同意が無ければ焼却炉なんて勝手に作れないでしょうし、その地主の許可をとるのが同意書なのではないのでしょうか? それが偽造されたと言う話なんだと思っていたのですが?!
それじゃ 皆金儲けの為に何処でも焼却炉作って除染の汚泥とか燃しますよね! 金の掛かる焼却炉なんかいらないでしょ 野焼きで除染のゴミ燃したらボロい儲け出来ると思うけど 環境省はそれで良いって言っていると言う事ですか? せめて土地の地主の同意書が有ってそれを環境省が確認してその他焼却炉の性能など安全確認をしてから燃して良いですよ、と話が進むのではないのでしょうか? 素人がすみません。
同意書 (放射能拡散・絶対反対)
2013-08-02 21:34:02
同意書は法的な縛りはなく、法で定められているのは契約書です。
同意書は村と地権者、契約書は事業者と地権者が交わしています。ご指摘の同意書は村が用地確保のため地権者の合意を得るために回したものです。この事業の村の役割は環境省と地権者との仲介に過ぎず、それ以外のことは一切村は口を挟むなというのが環境省のスタンスです。注目すべきは賃貸契約の不備で、5/22東京新聞が報じたように、共有地の改変行為は民報251条の「処分」にあたり地権者全員の同意が必要ですが、環境省側は「管理」行為なので半数の同意で良いとしています。こちらの弁護士は明らかに処分行為であり違法だとしています。
訂正 (放射能拡散・絶対反対)
2013-08-02 21:40:07
すみません民報⇒民法の誤りでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む