FAR SKY (遠い空) 世の中の本質を自分なりに・・・

遠い空には何が見えるのだろう。若者には輝く未来が。関西弁おっさんにはオネーチャンの優しい笑顔。遠いあの空はどこに行った。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アベノミクス崩壊(4) 壇蜜の小説

2016年05月31日 15時42分43秒 | 日記

ラジオを聴いていると『光ラズノナヨ竹』という小説を壇蜜が書いたという。エッセイ集『どうしよう』では、波乱含みの日常、お付き合いした男性のことなどなど、赤裸々につづって話題になっているという。壇蜜フアンのおっさんとしては誠に迂闊な事であった。又吉の小説が芥川賞をとるなら壇蜜は直木賞だろうか?まずは読まねばなるまい。フアンのおっさんとしては!



また、写真を間違えた!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アベノミクス崩壊(3) 8... | トップ | アベノミクス崩壊(5) た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事