FAR SKY (遠い空) 世の中の本質を自分なりに・・・

遠い空には何が見えるのだろう。若者には輝く未来が。関西弁おっさんにはオネーチャンの優しい笑顔。遠いあの空はどこに行った。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の長い冬(13) 日ロ首脳会談

2016年12月16日 16時46分15秒 | 日記


NHKの同時通訳のオバはんが下手糞だったのでプーチンが何を言っているのかよくわからなかったが、プーチンも大変な事だったろう。シリア情勢が大変気になる中、日本の北方領土などどうでもええやん!というのが本当のところかもしれぬ。

沖縄は島内で激烈な戦闘が行われ、その模様が米軍の記録で我々の世代にもTVなどで伝えられている。ソ連がヤルタ会議の密談により日本参戦が決まっているにもかかわらず準備が整わず日本が負けました。と言った後攻め込んで悪役になっている。あのときソ連が強硬に主張すれば日本は4か国に分裂し無論北方領土どころか北海道までロシア人の領土になっていた。その後の米ソ冷戦を考えればロシアにとって日本(=アメリカ)に島を返還するなどとはキチがい沙汰のようなものだ。
沖縄では案の定オスプレイが墜落事故を起こし、えらい騒ぎになっている。北方領土は住む人もいないので(むろんソ連軍におッパわれたのだが)彼らが北方領土で何をしても日本のマスコミが騒ぎ立てることなどない。クリミアからの移住者が最近おおくなったとか、最新鋭の病院ができたとか、たわいのないものばかりである。もし、ロシアが強力な軍事施設を島に建設しておれば日本の戦後の安全保障はどうなっていただろう。自衛隊のスクランブルなどという程度では済まなかったはずだ。そして私もこんなたわけたブログなど書いていられるはずもあるまい。これはつまり歴史に感謝すべきなのか?

俺がシンゾーならこう言っただろう。金はやる。それもどんどんやる。その代わり北朝鮮を何とかしてくれ。ロシアが朝鮮半島を攻め取ってくれ。クーデターでもテロでも何でもいいから、とにかく金体制を崩壊させてくれ。日本は今、北の核が怖くて仕方いないのだ。誰も住んでいない島などどうでもよい。北海道だってJR廃線が続いて、さびれる一方なんだから。

意外とロシアは我々に幸せをもたらせてくれるのかもしれぬ。そんな期待を抱かせるような、プーチンだった。支持率が高いのも分るような気がする。



でも、私はアル中じゃ!日本もトランプの言うように核武装すれば、これで問題解決となれば結構なことなのに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の長い冬(12) まだ... | トップ | 今年の長い冬(14) さい... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ランプ屋)
2016-12-17 09:33:19
飲酒運転はいかんぞよ!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事