FAR SKY (遠い空) 世の中の本質を自分なりに・・・

遠い空には何が見えるのだろう。若者には輝く未来が。関西弁おっさんにはオネーチャンの優しい笑顔。遠いあの空はどこに行った。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旅に出てみたい(11) 墓参りもどき ⑥

2016年11月02日 15時43分58秒 | 日記

延暦寺の境内にある看板を見て歩いたが、そのうちの一つに三津川酒店の寄贈なるものがあった。きっと地元の有力なパトロンの一つなんだろう。三津川という苗字で高校時代の同級生を思い出した。彼は近江日吉大社の歴代宮司の親戚筋にあたると聞いていた。三津川酒店もその一族に違いない。三津川君は大変学業が優秀で、我々の中でも一目も二目も置かれていた。東京大学を受験したと聞き及んだがその後の消息は分からない。とにかく明るい性格で頭脳明晰の同級生だった。



日吉神社はまるで神道のテーマパークのような威容である。一度じっくり勉強をしてそのありがたみを実感してみたいものだが、今は時間も気力もない。 私がすべての煩悩から解放された暁にでも再訪しよう。



なんまいだ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅に出てみたい(10) 墓... | トップ | 旅に出てみたい(12) 墓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL