タタキ珍道中

バトルラインを中心にやっていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第8回FNBL 使用デッキ

2009年10月30日 | デッキ公開
使用したデッキは
弓と無兵種のハイブリット?デッキでした。
(これハイブリットデッキでいいよね?)

大体の戦法としては、弓が効かないような
大型が弓の前に来た時は、スクラム等で反撃したり

テジロフで敵の陣形を崩し、敵を縦に並ばせて突貫。

他にもいろいろあると思うのですがまずはデッキ紹介。

~~~~以下デッキ紹介~~~~~

食料 13枚:弓民兵もいるしこのぐらいかな?と思っていたのですが、
      以外と食料の数が少なく、苦戦したのでもう少し増やすか
      パクノス等の食料を増加ユニットを、入れたほうが良い感じです

弓民兵:前にも書きましたが、アタッカーとの連携が強かったです。
    戦闘力が1のユニットがこれ1枚で進軍できないようになる姿を
    見るのはなんだか嬉しい…

ハビドの弓兵:桃色お姫様。1枚しか入れていないのは弓民兵やクロスボウで
       代用できると思ったので。2枚にしとくべきでした。

クロスボウ:ハイロウがいれば大盾槍兵も落とせます。
      敵兵を倒すと動けなくなるので、
      アタッカーとの連携はあまり良くないです。

スナイパーボウ:剣兵デッキに活躍するはずだったんだ…だったんだよ…

左右アタッカー:大事なアタック強化カードです。ラッパとは違い
        近づいてきた敵を倒すことも可能です。

ガードプリンセス:槍兵と大型に対抗するためのカードです。

ウルフヘズナル:戦闘力が低い一般兵が多いこのデッキ内で
        唯一、クロスボウにやられないカードです。
        無双状態を保つのは楽なのであまり気になりませんが
        元の戦闘力は2なので注意しましょう。

英雄

テジロフ:テトリスを決めることはできませんでしたが
     それができなくとも、強いカードです。

ピリカ:突貫したユニットが敵陣に突っ込んで、ピリカにチェンジするのが
    定型パターンであり、一番強い方法です。
    勝利の犠牲とのコンボもありです。

クリスタル:勝利の犠牲とのコンボでアタックを4も上げることができます。
      延長戦でも活躍してくれる、強いカードです。

フロトン:相手のデッキによってはフロトン無双ができます。
     戦法としては自陣に引きもっているのが一番良い方法です。

ハイロウ:弓デッキの強敵である大盾槍兵をクロスボウが倒したりして
     良いカードなのですが、プルルを入れた方が弓デッキとしては
     強くなると思います…

戦術

弓スクラム2・4:ここぞという時に使いたいですね。
         早めに使ってしまうと大型に対応しきれなくなるので。

会心の一撃:スクラム等を使っても後1足りない時や、ガドプリが突貫する時には
      必要なカードなので、手札にきたらすぐに使わずに
      戦攻なら17後攻なら18ターン目まで取っておいたほうが良いです

突貫突撃:このデッキのキーカードです。これで制圧できれば良いのですが
     できなくとも、色々と活躍をしてくれます。

アンプッシュ・挑発・戦略的撤退:説明はいらないですよね。

細い一本道:テジロフとのコンボだけでなく、敵に囲まれるときに使用して
      敵にやられるのを防いでくれます。

発見された遺跡:ドローユニットがいないので3枚はドローしたいですね。

勝利の犠牲:ピリカとクリスタルがいるので、使えない場合が少ないです。
      普通はあまり入らないカードなので、読まれにくいです。


~~~~以上デッキ紹介終わり~~~~~


ドローユニットがいないので、ユニットや食料がデッキの底に沈んでいると
ほぼ確実に、事故ります。ドローユニットをなにか入れれば解決はするのですが、
弓兵のドローユニットが山賊しかいないのでドローはあきらめました。

パンディット等を入れれば良いのですが、弓と無兵種のコンセプトを崩したく
なかったので、採用するのはやめにしました。

無兵種のドローユニットが欲しいです…
どうかよろしくお願いします。


それでは
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第8回FNBL対戦レポ! | トップ | 5がいっぱいです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。