井の中の蛙 goo

平成29年5月29日から「法定相続情報一覧図」の保管申出・交付が始まりました。

ランサムウェア「WannaCry」に感染したWindows XPの暗号解読

2017-05-19 | その他
ランサムウェア「WannaCry」に感染したWindows XPの暗号解読に研究者が成功、解除ツール「Wannakey」を公開
http://gigazine.net/news/20170519-wannacry-windows-xp-wannakey/

Windows 10では「CryptReleaseContext」でメモリの解放まで行われるためにWannakeyは使えないのですが、Windows XPであればCryptReleaseContextではメモリ解放は行われないので利用することができたとのこと。
ただし、感染後にPCを再起動した場合はメモリが解放されているので、やはりWannakeyを使うことはできません。

現在のところ「WannaCry」を止める手としては、動作コードに含まれる「登録されていないドメイン名」がキルスイッチとなっているので、このドメインを実際に登録することでシャットダウンすることが可能であることがわかっており、有志がこのドメインを登録してランサムウェアの拡大をストップ。日本のISPであるインターリンクでも1つの未登録ドメインを登録して、この動きに一役買ったことが報告されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オンライン登記申請利用率 ... | トップ | 加計学園問題 民進・玉木幹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。