こんなもんかな♪

日々の日記から始まったものですが最近はただの記録のようになってます
since2005.May

「虚ろな十字架」by東野圭吾

2017年06月14日 | ドラマ・映画・本
けっこう思いテーマでしたね
「人魚の眠る家」ほどじゃなかったけど
殺人、死刑、死刑廃止、被害者の気持ち、加害者の反省など、ね、
罪はきちんと裁かれないといけないっていうのは
加害者にとっても被害者にとっても大切なんだろうな~って思わせるストーリーでしたね
そういえばドラマ版リバースでも同じようなこと言ってたね~
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ「CRISIS」最終回(?) | トップ | 「夢幻花」by東野圭吾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ・映画・本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。