Diary

日々の記録

教育

2017-02-13 14:05:42 | 日記
俳優の伊勢谷さんのお母様が教育熱心だったとどこかで聞いたので調べてみました。

以下、伊勢谷さんのお母様の言葉
「息子が生まれたときに漠然と思ったのは「地球上のどの場所でも生きていける人間にしたい」ということです。

いろいろな国や人に対して、決めつけや偏見を持って欲しくなかったですし、日本で生まれたからといって、その国でしか生きていけない人にはなって欲しくなったからです。それもあって、息子には幼い時から、なんとなく世界各国の面白い話を伝えていました。同時に世界に共通する英語が話せないと、どこにも出ていけないんだよって。

顎の発育と英語の発音が関係すると知っていたので、英会話教室には、ベビーの時から通わせていたのですが、本人も面白がってやってたみたいです。でも、その他は音楽も美術も習わせていなかったですし、中学や高校生になっても、クラブにさえ入ってなかったですね。

物事を広い視野で考えるには、教育の土台が必要だと思ったからです。それに、私が子どもたちに残してあげられるのは教育だけだとも思ってましたから。実は、幼いころも芸能界からのスカウトがあったのですが、教育の基盤ができるまでは…と思って断っていました。」


ものすごーく共感します。
へー。クラブにさえも入っていなかったんですね。

もっと調べてみよう。

たけしのお母様も「貧困の連鎖を断ち切るのは教育」と言ってましたね。

これいつも会社の上司と話してます。
やはりお勉強は必要。









ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大詰め | トップ | いろんな姿 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (めぐ)
2017-02-13 17:46:56
クラブに入ってない。。。なんかあんしーん(笑)

あしだまなちゃんが合格したね!
しかも御三家!
普通の子だって4年生から猛勉強しても
合格できるとは限らない学校なのに
5年生の夏から頑張ったって言ってた。
勉強に対しての集中力と
主体性を持ってるんだろうね。

休日は12時間の勉強!
なんて見出しに書かれてるけど
これ普通ね、笑
中学の定期テスト前もこれくらいはするよ、みんな。

最近凄く感じるんだけど、
地元の中学生は小学生気分が抜けないんだよね。
すごく甘い生活を送ってるよ。
先生たちもそこまで求めてないしね。
ゆるーい3年間を送ることになるよ。

その中で親子で気を引き締めながら
勉強に取り組んだ子だけが、ほんの2~3人
良い高校に上がれる感じだと思う。

下の方と上の方の差が激しいよ。
というよりその他大勢があまりにも多い感じがする。

めぐちゃんへ (ジジ)
2017-02-14 09:15:01
まなちゃん、やはり頭が良いんだね。
集中力が凄そう。
テレビで中学受験した子が出てたけど夫が「可哀そう」と言うの。
世間の見方ではそういう見方も多いけど、私はそう思わないんだよね。そうよね?
もう小学校高学年なんだから自分で決めたのでは、と思う。もちろん親が決める家庭もあるだろうけど。
夫婦で温度差があるよ。

中学でゆるい親子は多分それで満足してるんだと思う。
そこそこの学校で幸せに暮らしていけば。
人それぞれの価値観だからね。

娘と夫に強制ではなく向上心持たせたいんだけどなかなか難しいねえ。(夫は英語教えてるのに)


Unknown (めぐ)
2017-02-14 09:52:22
パパのコメント、
それがうちの方では当たり前のコメントだと思う(^^;
みんな、そう思ってると思うよ。

パパに下克上受験見てもらいたいわぁ
子供が、自分自身で決意して努力してる姿に涙が、出てくるよ。

色々な選択肢があって良いのだけれど
その選択肢すら知らない人が多くて
もったいないなぁって思う。

申告したら戻ってくる税金があるけど、
美味しい話は市役所の方からは教えて
くれないから、
知らずに過ごしてる感じ?笑
めぐちゃんへ (ジジ)
2017-02-14 10:39:33
私の家族から「可哀そう」の言葉が出るとは思わなかったよ。
そのままお互いにヒートアップしそうだったから切り上げて仕事に出かけたよ。

どう考えても勉強してた方が得な人生送れるよね。
知識と教養と忍耐が身に付くんだよ。
下剋上受験の本買ったよ。笑
ドラマは前回初めて見たよー。今まで映りが悪くてね;

市役所の例、良いね。笑
子供が気付かないのはわかるけど、気付かせるように頑張るのが親の役目ではあるよね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。