jljlojk  萌黄の鳥 パート2  

 
   自己紹介歌人(うたびと)  

ネットはまだ未知の世界です。よろしくね。 

京都御苑を抜けて歌会へ

2016年10月11日 | 日記

 

                                                                               清和院御門

  

      旧九条邸                                       大宮御所の塀

                                                                                                                                                  

 久しぶりに京都御苑を一巡りし歌会へ行った。

広い御苑を通るのは久しぶりなので少々迷ってしまった。

旧九条家・捨翠亭を横目に、苑をめぐり清和院御門から梨の木神社へ出れば、遠方に左大文字。

呪文のようにとなえながら記憶たどる。迎賓館も一般公開され行列ができていた。

御苑の緑に浸りながら、散歩コースには絶好の場所だなあとここの住民がうらやましくなる。

わが地も自然いっぱいで散歩に向いているが、急な坂道があるので心臓を患っているものには

少しきつい。ほんとにここは心安まる場所であるが、あいにく歌会までの時間が少なくなった。

お陰で今日の歌会の歌評がすこしおろそかになってしまった。

     君はどの道をくるのだろう御苑の低木揺らし風吹き抜くる

  白昼の木のベンチに居眠る男の夢は狩りきぬの装束

  緑濃き森に御所をいだくゆえ原爆投下がまぬがれしとう

  治療方法なしと言われし友の言葉受け入れがたく森に抱かる

  人影もまばらなる苑の銀杏樹を見上げつつ一人の死を思ふ

 街中は観光客で混雑し、京都の歌仲間などは以前の京都に戻って欲しいと嘆いている。

歌会後、大丸に寄るという友に付いて錦市場を通ると人、人、人の群れ。

店頭の商品も見えない。販売のされている商品も変わったという。

売れ筋商品が変わったので、以前あってものがないから困るという。

 なにか買おうと思ったが人込みに流されてしまった。

 

              ありさ&ささきのりこ

 

 

HP「萌黄の鳥」

 http://www.eonet.ne.jp/~arisa118/

 

 

ブログ 萌黄の鳥    パート1

 http://blog.goo.ne.jp/118arisa  

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつのまにやら流れの中に | トップ | うめきたガーデン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。