農業じゆう人

     健康を第一に無農薬で
          安心・安全・新鮮な野菜作りに励んでいます!

平和な時代の旅

2017年05月12日 14時10分10秒 | 世間
   きょうもまた暑くなるという予報  きのうの暑さにも困惑していたのに、きょうもとは・・
   きのうは午前中からムシムシと上昇した気温・湿度  途中で菜園の作業も中止したほど
    (夕方・首都圏のニュースを見ていたら、群馬・館林に並ぶほどの暑さだったと聞き納得)  
   今朝は、きのうやらなかった苗の植え付けなどを済ましてしまおうと早朝から頑張った。
   天気予報によれば明日は、きのうきょうのような暑い天気から一転し「寒く雨」だという
   それでは、暑いとか・なんとかと言っているよりやらなければダメ!と判断したわけ・・?
   ウォーキングが終わった7時半過ぎから始めたが・・それでも暑かったで~す
    
    きょう植えた苗       オクラ苗の植え付け      いんげん苗の植え付け  
         
   いんげんの支柱立て         おまけ! 「イチゴ」が収穫できました
  きょう植えた苗は「オクラ・いんげん・ミニ冬瓜・マクワウリ・白ウリ・タイガーメロン」など
  その他、いんげんの支柱立て&きゅうり苗の一部植え替え・他の苗の成長チェック」
  最後に、イチゴの点検 ・・ 一部真っ赤な実が見られたので収獲してきた。
  イチゴ・・今年の初もの!  昼食時に食べたら酸味もあってとってもおいしかった

   こんな作業をしながら、ポケットラジオを聞いていると面白いことを伝えていた
   それは、政府の景気動向指数からでは「景気がいい!」となっているがどうか? と 
   世間の皆さんに聞くと、一部の人たちを除くと“どこが景気がいいの?”という人が
    ほとんどで、世間の景気はまだそれほど思わしくない状況にあるようだった・・。

   しかしそれなら、連休中の空港や駅のあの混雑は、いったい何なのだろうと思えた?
   とにかく現代人は旅に出たがるもののようですネ~・・。
   そんな多くの人には、景気の動向にかかわらず、旅行のために使われる別の財布がある・・
    ということなんでしょうか・・?
   もちろん私とて、旅行(私は旅)は嫌いではないです。 どちらかといえば好きな方かな?
   旅先ではその土地の珍味などを味わいながら、いろいろな人と話をすることが多い
   何よりも旅先では普段の生活からは得られない素敵な発見があって、日常に埋没している 
    自分を外側から見直すことができるからです。
   しかしそれは現代のレクレーションとしての旅に備わる楽しみであって、はるか昔の旅は
    今とはまったく意味が違う行動だったと聞く。
   「旅」とは何かの必要があっておこなわれる移動であり、それは苦難に満ちていたそうで
    決して楽しいものではなかったという。

   今の漢字辞典は「旅」という漢字を四画の《方》部に収めるが、「旅」は「旗」や「族」
    「旋」などどともに、もともとは《方人》という漢字によって意味をあたえられていたという?
   《方人》は旗竿の先にとりつけた吹き流しが風にひるがえっている様を表す漢字で「旅」は
    そんな旗をもった人の後ろに多くの人がつき従って行進している様をかたどっている?
   旗は軍旗で、行進しているのは兵士だという。
   つまり「旅」は戦争に出かける兵士の集団を意味する文字で、古い文献によれば、兵士
    五百人の集団を一「旅」と呼んだ。かつての日本軍で使われた「旅団」ということば
    さまにその意味で「旅」を使っているという。

   いかに旅行好きの人でも、そんな「旅」はまっぴらごめんではないでしょうか・・。
   誰だっていかめしい軍旗よりも、旅行会社の添乗員さんが持つ団体旅行の旗についていく
    ほうが当然ながら楽しいのに決まっていますよネ ・・。
    (私個人的には団体(ツアー)の旅はこういった旅はしませんが・・ネ)
   それにしたって、平和な時代に生まれていてよかったな~とつくづく感じています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亜鉛欠乏症 | トップ | 熱中症 対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。