農業じゆう人

     健康を第一に無農薬で
          安心・安全・新鮮な野菜作りに励んでいます!

「季節性」のこり

2017年05月17日 14時36分30秒 | 健康
  きょうはまた一転、朝から涼しいというか?寒い! 日に日に変わるこの陽気に困っています。
  毎度ながら、若い時には簡単に乗り切れた陽気も、この年になると本当に対応が大変です。
  それでもきょうは作業ではなく、病院へ検査にへ行く日なので・・まっいいかって変なの。

  きょうは、約1ヶ月1回程度の割合で受けている消化器内科の定期検診で9時前から病院へ
  受付た後、病院に行かれた方ならよくご存知でしょうがここからが本当に長い! 
  この後はまず「採血」。 そしてその結果が出て、担当医との問診までひたすら待つのみです。
  当然ながら担当医との問診には予約があるのですが、予約時間に問診なんてほとんどない。
   (30分くらい待ちなら早い方で、以前には1時間半くらい待たされたなんてこともあった)
  きょうも採血の後、待って本を読んでいると、隣に車イスに乗ったご高齢の方と介添えの女性
  そのお子様くらいにあたるのかな、ご夫婦が・・。
  待っている間、車イスのご高齢の方の首筋付近を介添えの女性の方がせっせと揉んでいた。
  そのうち、もう一方の若いご夫婦らしく方も男性の方が女性の首筋・肩付近をマッサージ
  それとなく漏れ伝わった会話を聞いていると“花粉症・・云々”とかの話しが聞こえた。
  そんなことあるのかな~と思って待っていると、きょうは20分遅れで私の問診になった。
  たまたま私も今回は、採血で「アレルギーの検査」をしてもらっていたので聞いてみた。
  先生曰く「花粉症のシーズンに入ると、肩や背中のこりが酷くなる 人が増えるという。
  それは、咳やくしゃみをするときに全身に力が入り、筋肉がこわばる「季節性のこり」だよと
  教えてくれた。 先生“呼吸器で分かるよ!調べてご覧!”と・・・
 咳やくしゃみをするときは、周りへの気遣いから前傾
 姿勢になり、全身に力を入れることによって、首や肩、
 背中がこるという。主に、背中に広がる僧帽筋の血行
 が悪くなるのが原因だという。
 前傾姿勢になると、肋骨を広げたり狭めたりして呼吸
 運動をする肋間筋が使われない状態が続く。 肺が大
 きく膨らみにくくなり、酸素の取り込み量が減ってい
 くため、酸素不足による血行不良でこりがさらに悪化
 することもあるそうですョ・・ご注意を。
 「呼吸に関する筋肉は、20代をピークに衰えます。
 自分で意識的に筋肉を鍛えて深い呼吸をマスターする
 ことにより、こりだけでなく、こりから起こる頭痛、
 手足のしびれも改善されるという」
 改善策として「口すぼめ呼吸法」がお勧めだそうです。
 ①2秒かけて鼻から息を吸う ②口をすぼめて6秒かけ
                口から息を細かくはく。これを10セット繰り返す。

   東京有明医療大学学長の“本間教授(呼吸生理学)”が注目するのが「情動呼吸」だという
   呼吸は酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する以外に、感情と深く結びついている。
   本間教授は「意識的にゆっくり、大きく呼吸することで、感情が落ち着き、ストレスが
    解消していき、リラックスできます」と話しています。
   また、花粉症や鼻アレルギーなどで鼻が詰まり口呼吸になることにより、口の中が乾燥
    して唾液による消化作用、殺菌作用が低下する。 
   さらに、鼻腔で湿り気を帯びず、乾いた外気が口から肺に直接入ることにより、風邪や
    インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる。
   1分間に15回前後、一生には6億~7億回も繰り返す呼吸。
   本間教授も「呼吸を意識して生活するだけで、日々の健康状態が飛躍的に改善される」と
      話しています。

    私もきょう調べた結果ではアレルギーは結構ありましたが、こりはありません。
    ただ「口呼吸」に関しては、就寝中にもそうならないように注意しています。

  番外:きょうは涼しすぎる天気なので病院から帰り昼食をとった後、小さい菜園の方だけに
     「タカノツメ」を植えくるだけで止めました~。
     また今朝の朝食には、きのう収獲した「スナップえんどうとキヌサヤの豆」ものが食卓に
           
           スナップえんどう豆      キヌサヤの豆を使った豆ご飯
        自画自賛?手前味噌?ながら、とってもおいしかったで~す。 すみません
   病院通いの3日間も今日で終わり  明日からはまた“土遊び”を再開です
   天気にもよりますが「さつま芋」用の土作り&「ナスの支柱立て」等々まだまだで~す
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガサガサかかとを防ぐ | トップ | 因果関係 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。