農業じゆう人

     健康を第一に無農薬で
          安心・安全・新鮮な野菜作りに励んでいます!

過剰な糖類

2016年10月29日 12時40分25秒 | 
  食欲の秋。 甘いものについ手が伸びてしまうことありませんか? (私にときにはもあります)
  加工食品や調味料にも糖類が含まれており、知らないうちにかなりの量を取ってしまっているかも
 糖類の取りすぎは肥満や虫歯のリスクを高めるとして
 世界保健機関(WHO)は、1日糖類摂取量をエネルギー
 総摂取量の10%未満、さらに健康になりたいなら
 5%まで減らすことを勧めています。
 5%の目安は約25㌘、ティースプーン(小さじ)6杯程度
 ここでいう糖類は、食品や飲料に加えられた糖類や
 ハチミツ・シロップに含まれるもので、野菜や果物、
 牛乳に含まれている糖類は除く。
 そもそも糖類とは何か! 炭水化物から消化しにくい
 食物繊維を除いたものが糖質で、糖質の一部が糖類。
 糖類には、ブドウ糖や果糖などの単糖類と、ブドウ糖
 と果糖でできた砂糖(ショ糖)などの単糖類二つからなる
 二糖類が含まれる。
 WHOによれば、糖類は炭酸飲料1缶に40㌘、大さじ
 1杯のケチャップに4㌘含まれるものもあるそうだ。
 甘くないソーセージなどの加工食品にも含まれている
 ことがあり、知らずに取っていることもある。
   このようなことから摂取量を減らすには・・そのコツを名古屋経済大の“堀尾教授”に聞くと
   簡単に「甘い飲料やお菓子を減らす。目の前にあると手が伸びるので買い置きをしないこと、
    喉が渇いたときの清涼飲料水も注意。水かお茶にすることです!甘いものが欲しいときは
    季節の果物を少し食べるといい。また調味料のかけすぎにも注意」と・・いっています。

   東京都医学総合研究所の“平井研究員”は、過剰な糖類の脳へ与える影響をマウスを使って
    研究しているんだそうです。 その“平井さん”によると、血液中の余分な糖類は、脂肪に
    変わって肥満の原因になるほか、血糖値の乱高下を起こす可能性や、糖類の代謝による
    ビタミンやミネラルの消費で、疲労感や気分の落ち込みが起こる可能性もあるそうです。
    過剰な糖類は、タンパク質と結びつき、その働きを阻害することもあるんだそうだ。
    「タンパク質は、脳の中でも重要な働きをするので、脳の働きにも影響する可能性がある」
     そう忠告しています。

   甘いパンやジュースで食事を済まさず、ご飯に味噌汁・おかずといった和食を是非見直して
    取ってほしいと結んでいます。
    
    カロリー制限を受けている私からみれば、これらは当然のことと認識しています
    人にものを言うなんて資格はありませんが、「食」はとても重要意味があります
    単なる食べればよい!というものではないことを知ってほしいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二十世紀ナシは千葉発祥 | トップ | 低血圧、あなたのタイプは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。