農業じゆう人

     健康を第一に無農薬で
          安心・安全・新鮮な野菜作りに励んでいます!

舌の痛み

2017年01月30日 12時35分15秒 | 健康
  舌に痛みを感じたことなどありませんか?  舌が痛くなる病気は意外と多いんだそうです・・。
  何が病気で痛いのか? 病気は無いが痛いのか?に分けて考えた方がよいそうです

  痛むもので多いのが「アフタ」と呼ばれる口内炎。 
   直径数㍉程度の円状だが意外と痛いものだそうです。1週間程度で治るので心配はいらない
   また、白い線のほか、白いまだらと赤いただれが混じり、しみる場合は要注意だそうで、
    「扁平苔癬(へんぺいたいせん)」が疑わしいそうだ。舌の左右両側にできやすい粘膜の病気。   
    塗り薬や漢方薬などで治療できるそうですがなかなか治りにくいんだしうです。
   高齢者や義歯を着けている人の場合は、カビの一種で「カンジダ性口内炎」かもしれない
    口の中全体や舌の先、舌の背がピリピリ、チクチクと痛むのが特徴だそうです。
    口角が割れ、大きく口を開けると痛むこともある。

  舌が傷む場合で、注意して欲しいのは「舌がん」です
   鏡で見て盛り上がっていたり、えぐれて痛みを伴う場合は、すぐに医療機関での受診を・・!
   初期の場合には、赤みや白くなっているだけで、痛みを伴わない場合もある。

  舌の表面が赤みがかり、小さな突起の舌乳頭が萎縮して平べったくなっている場合は・・
   鉄分やビタミンB21不足による舌炎かもしれません。
   亜鉛不足や金属アレルギーでも、同様に痛むことがあるそうだ。

  口の乾燥が強い場合にも要注意です。
   唾液には粘膜保護作用や抗菌作用があるが、少なくなると口腔(こうくう)乾燥症になって
   舌が痛くなりやすいそうです。
   歯や義歯が乾燥で擦れて傷もつきやすいので、保湿剤を用いるそうです。

 ひどい疲れでや体調不良で、舌の奥の舌乳頭が
 腫れて痛むこともあるそうです。
 一見すると舌がんのように見えるかもしれない。
 舌乳頭の腫れ自体は心配ないが、気になる場合には
 医療機関を受診してほしいという。
 傷や腫瘍・炎症などなど、明らかな病変が見当たらな
 いのに、舌の痛みが続くものを舌通痛症と呼ぶ・・。

     原因は不明だが、ホルモンバランスや心理的なものが要因となっているのではと
     考えられているしうです。  中高年女性で訴える人が多いいんだそうですが、
      特に心配は要らないそうです。  ストレスを避けた方がいいそうです。

     舌が痛む原因は以上のように様々
     気になる場合には「歯科や歯科口腔外科・耳鼻咽喉科」を受診するのがよい!と
      歯科治療の際に尋ね教えてもらいました。  (それは、口内炎でいした)

            ・                ・
    そんな口の痛みも大変ですが、私なんぞ4~5日前から別な意味で‘そわそわ’続きでした。
     (昨日のラグビー日本選手権の試合を見ている最中でも集中できないほどでした)
    それは毎年恒例の「胃カメラの検査の日」 毎年受けているので慣れているハズが・・
    今回は暮れ半ばから胃の具合がいま一つだったので大心配でした。
    検査後、先生から“少々胃炎の傾向はあるが昨年と変わりませんョ”といわれホッとして
     きょうの書き込みをしました。
     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリッパ は日本生まれ?! | トップ | 「金」の次は? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。