農業じゆう人

     健康を第一に無農薬で
          安心・安全・新鮮な野菜作りに励んでいます!

マラニック

2016年12月24日 12時35分25秒 | 健康
  秋も深まって・・?というより、昨今の寒さからいえばもうとっくに「冬」ですよネ~。
  そんな早朝の薄暗い且つ寒さの中、私共もバカの一つ覚えで“ウォーキング”をしていますが・・
  そんな時間帯に“ランニング”をしている人を何人か見かけることが多くあります。
  でも、健康にはいいとは思いますが、走るのは面倒だと感じる人も多いのではないでしょうか?
  そんなときは、遠足気分で、気軽に自然や街中を走る「マラニック」がいいかも知れません

  「マラニック」マラソンとピクニックを合わせた造語です。   
  要するに、ゆっくり走っても歩いてもよいのが特徴で、距離も20㌔・30㌔など様々あります
  「タイムや順位」を競わないことがほとんど・・。
 ゆっくり走れば、ケガのリスクも抑えられます。
 「マラニックのススメ」の編著書がある“山西哲郎群馬大
 名誉教授”(運動学)は、“若いアスリートの練習方法は
 初心者や高齢者には難しく危険。歩きと走りを組み合わ
 せれば、身体の負荷を軽くでき長い時間、楽しく安全に
 走れます”と話しています。歩行やジョキングなど強度が
 低い運動は高い強度の運動と比べて、脳機能が向上す
 るという効果も見込まれるという。
 “山西さん”によると、息切れしない速さで、景色を楽しみ
 ながら走るのがコツ!という。初心者は30分が目安で、
 1時間・1時間半と徐々に延ばしていくのがよい。
 途中で体操やストレッチをすれば気分転換にもなります。
 友達や家族と一緒に走るのも効果的です・・。
 「1人で走ると辛いこともありますが、何人かで走れば
 もっと楽しくなる。自分の体や風景、周囲の人と対話する
                  つもりで快適さを感じながら走ってほしい」という。

   最初から1人はハードルが高ければ、各地で山登り、名所やスイーツ巡りなどのテーマで大会が
    開かれているので参加してみるのもどうでしょうか・・?
   京都市で紅葉や桜、史跡をめぐる大会を年10回ほど開催する“西脇さん”によるとこうです。
   “競争せずに楽しく走るのが基本! 行きたい観光先やお店が途中にあれば、少々長い距離でも
    楽しみながら走れますョ”と話しています。
   走力の弱い参加者同士が励まし合ってゴールすることも・・。 達成感はひとしおになります!

   1人で走る際のポイントを“西脇さん”に尋ねると“銭湯や温泉をゴールにすれば走った後
     すぐに汗が流せる。行きか帰り、疲れたときは電車やバスを使ってもいいんですョ”とも

    山を走るときは「地図や非常食、水分は必ず用意すること!」これは鉄則です。忘れたらダメ
    それと、急な天気の変化に備えて雨具(防寒にもなる)も必携です。
    衣類は吸湿・速乾性で動きやすいもの(ジーパンはダメ)が動きやすく走りやすいと思います。

    これからはオフシーズンになりますが、年が明けて暖かくなったら是非チャレンジを・・!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新装なったJR千葉駅 | トップ | クリスマス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。