農業じゆう人

     健康を第一に無農薬で
          安心・安全・新鮮な野菜作りに励んでいます!

ペタンク

2017年07月14日 12時35分35秒 | 健康
  皆さん「ペタンク」なる競技(遊び)ご存知でしょうか?  またまたなんじゃそれは・・・
  この競技、金属製の球を目標球(ビュット)に向けて投げ合い、その近さを競うもの。
  体力がなくても手軽に楽しめることから中高年を中心に人気を集めている競技です。
  簡単なことなんですが、綿密な作戦や技術が求められることもあるというもの・・。
 日本ペタンク・プール連盟によると、ペタンクは 
 20世紀初頭にフランスで発祥したもの。
 国内では1970年に同同盟の前身の団体ができ、
 裾野を広げてきた。
 「陸上のカーリング」とも呼ばれ、2チームに分か
 れて金属製の球を直径3㌢の目標球(ビュット)に向
 けて投げ合うというもの。1人が1セットに投げら
 れるのは2~3球です。 全員が投げ終わったとき
 目標球に近い球を投げた方に点が入る。
 例えば、左図の一番下のように自分が赤チームの場
 合、青チームの目標球に一番近い球より更に近い球
 は2球あるので、2点が入る。

 4月上旬、40人が活動する「江東区ペタンク協会」
 の練習では、球は手の甲を前にして持ち、軽く包
 み込むように握。投げるときは手首で球を巻き付
                けるように構え、腕を振ってリズミカルに離す。
                そう教えているんだそうです。
     試合も積極的に行う。その場面・場面に応じた綿密な作戦や技術を学ぶためだそうだ。

      初練習に参加した方でも、一応の練習が終わると参加できるそうでこんな試合も・・
       指導役の“玉井さん”と練習初参加の方がペアを組み、相手は小学5年生の女の子
       “勝又さん”とフランス人の“クロード・ヴォーゲさん”ペアと対戦。
       “ブラボー” 勝又さんが目標球にピタリと寄せて、クロードさんとハイタッチを
       初練習の方は地面の傾斜で球がそれたり、相手チームの球にはじき飛ばされたりと
       なかなかうまくいかなかったという


     同連盟に登録しているのは、現在約5千人いらっしゃるそうです。
     祖父と大会に出場する子どもさんや、体が不自由な方もいらっしゃるそうだ。
     同連盟の“井上さん”はこう話しています。
     「少しのスペースと球さえあれば、子どもからお年寄りまで誰でも楽しめます」と

     ペタンクは、東京五輪の追加競技の候補だったが落選してしまった。
     だがしかし、2024年の五輪は発祥国フランスからパリが開催都市に立候補しており
      追加競技になり可能性もまだ残されています。
      今から練習しておけば、五輪選手になれるかもしれませんよ~・・!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うちわ | トップ | ハチミツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。