ラピスラズリの心

文学、バイク、アウトドアその他たくさんの趣味のことや、自分自身の事などを、思いつくままに書いていきます。

自分を解放しなくちゃ

2017-07-17 09:26:14 | 日記

また最近本に集中できなくなってきました。読んでいると、内容と関係なく自分に関わる不吉なストーリーが勝手に頭の中で進んでいきます。

読書どころではなくなってしまうんですね。集中力がないと言ってしまえばそれまでですが…。

 

最近少し調子よく読めていたのに少し残念です。遺跡発掘のアルバイトももちろんストレスの元凶になっているのは確かですが、とにかく挑戦です。もう少しで契約は終わりますので、それまでだましだましやっていきたいと思います。

 

さて、集中できないと嘆いていても始まりません。視覚での癒しがだめなら、聴覚で行きましょう。とにかく私には癒しが必要なのです。

 

あらためて、自分の昔の辛かったことをしたためたノートを見る機会がありましたが、読めないほど気持ちの悪い内容でした。

 

やはり、私は解放しなければなりません。

 

先日、自分の好きなCDをとにかく借りてきました。昔から親しんでいる洋楽のアルバムとJAZZのCD。

 

私は、音楽が癒しのひとつなんですね。心地よい音楽の雰囲気の中に身を置く。

AOR、パンク、グラム、プログレ、ブルース、JAZZと昔よく聞いていたジャンルをまんべんなく、しかも超スタンダード!

60年代から80年代までの洋楽です。イギリスが多いのでしょうか?音楽も、ファッションも、文化もバイクも結構イギリス好きなんですよね

トライアンフのバイク(今はスラクストンかな)に乗って、ルイスレザーのライトニングを着て、ジーンズだけはドゥニームのXXtype(501の50sでもいいかな、革パッチなので大戦モデルの後のモデルでもいいが、好みはギャラ入りだいっ)履いて、家にお帰ったらギネスで乾杯だ

バイク越しの風景がセックスピストルズの音楽にミョーにマッチしてしまうような気分かな(笑)

ピストルズの音楽はただうるさいだけではないんですね。きちんと音楽になっているんです。しかもレベルが高い。そしてメッセージ性、そしてファッション(マルコムマクラーレンとヴィヴィアンウエストウッドの感性のたまもの素晴らしい)ジョニーロットンの目、シドの生き様、スティーブジョーンズのギターワーク、ポールクックのまじめさ、グレンマトロックの作曲の才、どれをとっても私には超一流だ。これを超えるグループはいない… うーん ジャンルが違うのだ!越える超えないの話ではないのだ!ピストルズはピストルズだし、ビートルズはビートルズなのだ、ストーンズはストーンズでてなわけだ

私はクラシックもJAZZも民俗音楽もロックもパンクも同等に聴きます。

音楽を聴いていると本当にその時のいい気分を更に助長してくれたり、塞いだ気分に穴を開けてくれたり、空気を抜いてくれたり、懐かしい気持ちにしてくれたり、とその時の気分で音楽をセレクトしてみましょう

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルバイトにありつけたょ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。