広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ABARTH 500C」がイベントを開催-「強くてかっこいい日本人」コンセプトに集まった共感の輪

2017-06-16 10:08:29 | 日記





イタリアのスポーツカーブランド "ABARTH"は、2010年10月9日に発売した「ABARTH 500C」を記念して、11月25日にスペシャルイベント「SCORPION NIGHT」を東京?青山の「FIAT CAFFE」で開催した。

このイベントのテーマは、「DISCOVER THE SCORPION IN YOU」。ABARTH のコンセプトである「COOL & POWERFUL」というドレスコードのもと、公式 Twitterやオフィシャルウェブサイトを通じて参加登録した ABARTH ユーザーや ABARTH ファンなど約200名のゲストが集まった。会場になったのは、北青山の「FIAT CAFFE」。期間限定で「ABARTH CAFFE」として、会場内は ABARTH 一色に変身した。

ABARTH ブランド マネージャーの Andrea Carattoli 氏が「『強くてかっこいい』というABARTH の提案するコンセプトと同じライフスタイルをもつ人たちが時間を共有し、ABARTH を中心にコミュニティを作ってほしい」と語るように、そのコンセプトに共感したゲストが集まった会場内では様々な交流が行われ、超満員となった。

会場の様子。200名のゲストが「ABARTH 500C」を囲んで音楽と会話を楽しんだ。


通常、自動車メーカーのイベントというとブティックのような新車展示会がイメージされるが、このイベントでは新車展示のほかにゲストが交流できるレストランフロアや音楽が楽しめるクラブスペースなどが用意され、ABARTH のコンセプトを余すことなく楽しめるものとなった。ゲストもそのコンセプトを自ら表現しようと、様々な趣向を凝らしたクールでかっこいいファッションに身を包み、中には周囲の眼を引き会場を盛り上げるような面白さを演出するゲストもいた。

ABARTH の男性ファンだけでなく、女性も多く参加しているのも印象的で、「ABARTH 500C」のエンブレムに描かれている「スコーピオン」を意識した「強くてかっこいい女性」をイメージしたメイクができる無料サービスなどが提供され、ゲストのモチベーションをいっそう盛り上げた。また、女性 DJ がオーガナイズするミステリアスな音楽に合わせ、「ABARTH 500C」のコンセプトをイメージしたダンサーによるパフォーマンスが披露され、会場のボルテージは最高潮となった。

セクシーなダンサーによるパフォーマンス

女性DJもミステリアスな音楽で会場を演出


そして、地下のイベントスペース「FIAT SPACE」に会場を移し行われた「スコーピオンレディ?スコーピオンマン コンテスト」では、「パワフルでスタイリッシュ」というドレスコードで集まったゲストの中から選ばれた「強くてかっこいい男性?女性」がそれぞれ3名ずつ選ばれ、盛り上がる会場のゲスト全員で最終投beats ヘッドホンが行われた。

選ばれたゲストの中からは「スタイリッシュな点に魅力を感じる」「女性を意識したデザインや装備が気に入っている」「エネルギッシュでエッジの利いたデザインが好き」「小さくてパワフルなのがいい」という、「ABARTH 500C」が提案したいライフスタイルや「デザインとパフォーマンスを兼ね備える」という製品の特徴、ブランドメッセージに共感する意見が数多く聞かれた。

「スコーピオンレディ」「スコーピオンマン」に選ばれたゲストの皆さん


このイベントでは「強くてかっこいい」を目指す男性、女性が集い、お互いに交流を深める中で ABARTH のコンセプトに対する共感や憧れを共有している様子がうかがえたが、特に印象的だったのは、一般的には「車離れ」が進んでいると言われている女性から、「ABARTH 500C」のスポーツカーとしての高性能、スタイリッシュさに共感や憧れを抱く意見が多く聞かれたことだ。

「FIAT SPACE」の様子。イベントは深夜まで盛り上がった。


「強くてかっこいい」というひとつのメッセージから生み出されたイベントの「温度」は、同じ志向性をもつ人々へ次々に波及し、今後「ABARTH 500C」を選ぶこだわりをもったカスタマーの輪の広がりに繋がるはずだ。

●自分のライフスタイルに合わせて、車を選ぶ

この車、「ABARTH 500C」のターゲット層を伺った。Carattoli 氏は、「車が好きな方はもちろん、運転しやすい2ペダル(AT モード付5速シーケンシャルトランスミッション)で、しかも開放的でスタイリッシュなコンパチブルモデル(いわゆるオープンカー)なので、女性の方にもぜひ選んでいただきたい車だ」と語った。

ABARTH ブランド マネージャー Andrea Carattoli 氏


過去発表された ABARTH の各モデルは、マニュアルトランスミッションしか用意されていなかったが、2ペダルとなったことで、「ドライブは好きだけど、マニュアル車は難しいから選ばない」という人や、AT 限定免許を持っている人でもそのパフォーマンスを手に入れることができるようになったのだ。

「ABARTH 500C」にはパーツ、操作ボタンに至るまで、イタリアの伝統に裏付けられた洗練されたデザインやスタイリッシュさが追求され、そして数多くのレースで活躍しているそのノウハウを活かし、パフォーマンスを追求するために開発された様々な装備を備えている。その「強さとかっこよさ」を兼ね備えた車であるからこそ、「強くてかっこいい大人でありたい」?自分の個性を大切にしたい?「ファッションやトレンドに敏感」という志向をもった、今回イベントに参加しているようなライフスタイルにこだわりを持つ人々に選んでほしい1台に仕上げているのだ。

ABARTH 500Cに輝くスコーピオンのエンブレム


「ABARTH 500C」のターゲットに、従来のターゲットである男性だけでなく女性をも意識していることについて、Carattoli 氏は「世界の女性は『自分の車はただの乗り物』だと捉えない傾向が強い」と語る。自分の個性やライフスタイルに合わせて、こだわって車を選ぶ傾向が強いのだそうだ。車は自分の個性、イメージの象徴なのである。日本車の中には、「安くてお手軽な車」と思えるようなものも数多く登場しているが、車も「自分の求めるライフスタイルに合わせてブランドバッグを選ぶように、こだわりをもって選んでほしい」と同氏は語った。

また、「強くてかっこいい」、つまりは常に競争の中にチャレンジしていくエネルギーを持ち、自分に自信を持って前に進むスピリットという ABARTH のもつブランドメッセージは、自動車に限らず ABARTH が手がける様々な取り組みを通じて提案されている。

特設サイト「BE SCORPIO」では「強くてかっこいい」キャラクターを展開した。そして、今回取材したスペシャルイベント「Be Scorpione」においても多くのゲストから「ABARTH 500C」の世界観やブランドメッセージを体験し、共感されるものとなった。

ABARTH 500C のスペシャルコンテンツ「BE SCORPIO」


インタビューの中で Carattoli 氏は、「ABARTH 500C はニッチな商品だと考えている」と話すとおり、「ABARTH 500C」は誰にでも受け入れられる平凡な車を目指しているのではなく、強烈な個性とメッセージを打ち出し、個性やライフスタイルにこだわりをもつカスタマーに共感されるブランドであることを目指しているのだ。

「ABARTH 500C」は1.4リッター(1,368cc)  直列4気筒 DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボチャージャーを搭載。小型車ながら140馬力を発揮し、パワフルな走りを実現する。また、AT モード付き5速シーケンシャルトランスミッション(ABARTH COMPETIZIONE)を搭載しているので AT 限定免許でも運転が可能。女性にも扱いやすい車に仕上がっている。そのほか専用の16インチアロイホイールやヘッドレスト一体型レザースポーツシートなど外装、インテリアにスタイリッシュさを追求し走る気持ちを盛り上げている。

また、天井にはピラーを残してルーフ前端からリアウインドーの位置までソフトトップが開く「スライディングルーフ」を採用。B ピラーと C ピラーを残して天井が開くユニークなスタイリングで、小型車ならではの軽快で爽快なオープンエアドライブを楽しむことができる。ぜひ、この「ABARTH 500C」のメッセージである「強くてかっこいい」というコンセプトをウェブサイトや ABARTH 正規ディーラーで体験してみてはいかがだろうか。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国の出版社、iPad 用電子書... | トップ | あきらめない心学べ…鹿児島に... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事