NLP自習室

NLP自習室はNLPを自ら学び練習する場です。NLPは行動や心理的な状態を自分にとって望ましいものに変化させる道具です。

記第1087回 リフレーミング

2017-07-27 06:42:02 | NLP
◆日時
2017年7月27(木)6:00から約30分間

◆内容
「面白いほどよくわかるNLPの本」(梅本 和比己 著)を読んで、リフレーミングを整理しました。

【リフレーミングとは】
「フレームを掛け替える」という意味で、視点を変えること。

【リフレーミングを知り、活用することで期待されること】
リフレーミングすることで、状況や意味の違いを体験することができ、ある行き詰まった状況を緩和できる。

【状況のリフレーミング】
ある行動に対して、それがメリットとして活かされる別の環境や状況を見つけること。

例えば、せっかちで困る人。
せっかちは見方を変えると何事も早め早めに行動するということ。
早めに行動することで役立つ状況は?
待ち合わせに遅刻する心配がない。

【意味のリフレーミング】
ある行動に対して、状況は変えず、別の意味を持たせること。

例えば、子どもが洋服を汚すので、毎日、お洗濯が大変。
たくさん服を汚すのは、子どもが元気な証拠。

(意味のリフレーミングの練習)
ステップ1 不平や不満を見つける
ステップ2 別の意味を考える
ステップ3 ステップ1の不満を言った後、ステップ2で考えついたリフレームを言う。

例えば、
毎日暑い。暑くてうんざりしてくる。
熱い時は、かき氷が美味しいな。

(やってみたら)
昨日食べた「シロクマ」のアイスのことを思い出して、
美味しさを再び味わえました♪
この暑い状況は変えられませんが、この状況だからこそ楽しめることがありますよね。
この状況だからこそ楽しめることに意識を向けて今日を過ごそう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1086回 プロセス・ワード | トップ | 第1088回 ブレイクステート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。