タニマチの目

本場所中は大相撲についての日記を、それ以外のときは他の趣味のことを書きます。オチなし注意。

個性派力士がまた一人

2016-11-26 04:45:33 | 大相撲
うーん。今日の稀勢の里には
勝ってほしかったですね。


さて、
初めて正代について書きます。

左の差し身の良さ、
そこまで上背はないにも拘らず
胸から当たる立ち合い、
あの大きな取り口はどこかで見たような、、、
と思っていたら、時津風部屋の兄弟子豊ノ島でした。

土俵際五月蠅いところも兄弟子譲りです。

投げの打ち合いになったときの
相撲力の強さは豊ノ島に敵わないでしょうが、
豊ノ島より上背がある分だけ、
懐の深さを感じます。


今日の千代鳳戦でも、
正代の大きな相撲が十二分に発揮されました。
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豪栄道・遠藤の割りは組まれ... | トップ | 今、綱にいちばん近い大関 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。