Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

栄進丸の天然真鯛のカルパッチョ・カプレーゼ・アスパライベリコ豚巻

2011年06月18日 | イタリアンを創る
  
栄進丸の鮮魚第3弾です。
  
天然真鯛のつみれ汁うどんを食べて車で出かけた後は1次会。
1次会はイタリアン。
懐かしいサンラテーブルの赤い皿を使います。
簡単なグリルは、アスパラのイベリコ豚巻き。塩を振って焼いただけ。
イベリコ豚は臭みがなく、甘くて美味しいので大好物。

 

おきまりのカプレーゼ。これからトマトがますます美味しくなっていきます。
スライスしたトマト、モッツアレラチーズ、バジルを重ねていき、
最後にオリーブオイル、塩をパラパラ。とっても簡単なのにゴージャス感があります。
スパークリング系でも、白ワインでも、軽い赤ワインでも何でもオッケー。



そして、栄進丸の真鯛のカルパッチョです。
スライスした真鯛をアーリオ・オーリオ、塩で和えただけのものです。
数時間経つと、アーリオ・オーリオ、塩、真鯛の旨みが溶け合って熟成された味は極上。
盛り付けは、赤い皿の上に重ねた冷凍庫でキンキンに冷やしておいたガラスの皿に。

みんな「旨い!」を連発しながらあっと言う間になくなってしまいました。
船長さん、木原さん、ありがとう! 大切な二人のお友達は凄く喜んでくれました。

この後、部屋をかえて2次会に突入です。もちろん、栄進丸の魚達・・・
第4弾のレポートは次回・・・




『今日の献立』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天然真鯛のつみれ汁うどん(... | トップ | 栄進丸の大漁舟盛 de 2次会... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む