Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

栄進丸の鮮魚がやってきた

2011年10月02日 | 和食を創る
 
久しぶりに栄進丸の鮮魚を注文しました。
その日の朝採れた魚を冷凍せずにそのまま宅配なので、驚きの鮮度です。
もちろん、冷凍保存をしないので、台風や海がしけたりすれば操業は
できませんから、指定した日に届けてもらえないこともあります。

その分、冷凍ものでは決して味わうことのできない魚のすばらしさが味わえます。
しばらくぶりなのですが、今回食べてみてやはりもっと機会を増やさねばと
思いました。それくらい素晴らしいんです。
新鮮な魚はこんなに身が爽やかな味わいなのか、とか、食感とか・・・

私の場合、かみさんの両親が近くなので、2世帯が2回楽しめると
考えれば、ちょっと多めとはいえ十分消費できる分量かなと思いますが、
1世帯では多めなので、では1世帯の場合どうすればよいのか?
と考えたら意外に簡単。もちろん、刺身で食べたい場合は
魚を下ろせる人が1人以上いるという条件ですが、
仲良しの2~3世帯で共同購入、という手があるなと思いました。
その場合、送料は魚を下ろしてくれる世帯は免除。
純粋に魚の代金だけを3世帯で等分すれば、一番安い3150円の
鮮魚詰め合わせで1050円、4200円の鮮魚詰め合わせで1400円。
このお値段で決してスーパーでは買えない天然の珍しい新鮮な魚が
食べれると思えば相当お得だなと思います。

今回、改めて栄進丸の鮮魚に感動したのでついつい熱が入ってしまいました。
ちなみに私もおまかせ鮮魚詰め合わせでした。
栄進丸のおまかせセットは何が入っているか分からないのでわくわくものです。

さて、わくわくしながら届いた栄進丸の箱を空けました。
今回のおまかせセット、すごいラッキー。
たっぷりのイカ、オコゼにカサゴ、黒ソイにレンコ鯛!!! 抜群!!!

       

早速、イカ3杯とカサゴを下ろしました。 



もちろん、日本酒! 秘蔵の鍋島の雄町を出しました。
イカが・・・柔らかくて、ちょっとねっとり感があって、甘くて・・・
そしてカサゴ・・・これがまたたまらない食感、鮮度抜群の爽やかな味がします。

 

イカのゲソは軽く焼いてたっぷりのおろし生姜とお醤油でいただきます。
やはり新鮮なものは焼いてもぷりっぷりの食感・・・抜群です・・・
栄進丸の魚と一緒に食べても遜色ないつまみ・・・なかなかなく・・・
比内地鶏のモモの塩焼きと皮焼にしましたが・・・比内地鶏でも
栄進丸の魚に比べると平凡に感じてしまいます・・・
いやいや凄いや・・・栄進丸・・・
鳥取に行ってみようか? なんてかみさんと話をしました。

 
『今日の献立』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々にいい店発見&家飲みお... | トップ | 栄進丸の天然鮮魚の舟盛 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む