Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鴨のロースト 赤ワインソース(イタリアン&フレンチコラボディナー3/4)

2006年07月06日 | 洋食を創る
 
イタリアン&フレンチコラボディナーのメインは、
フランス産鴨肉のロースト 赤ワインソース

最近、私がはまっているスーパーは、JR御徒町駅前の吉池

生鮮食品が素晴らしいスーパー。特に野菜と魚と肉。珍しいものが沢山ある。
例えば、山菜の季節、扱う山菜の種類は10種類を軽く超える。
そして、魚。ボタン海老やしま海老はあたりまえで、蛸の白子まで扱っている。
この吉池で見つけたのがフランス直輸入の鴨肉。しかも安い! 
成城石井や田園に代表される高級なセレクトスーパーやデパートでも手に入らない、
食のレアものと言っていいようなものがリーズナブルなお値段で手に入る。

そこで見つけた鴨肉。当然、ローストして赤ワインソースで食べたい。
ところが、私、赤ワインソースという名前は知っているけど作り方を知らない。
そこで、ネットで「赤ワインソース」を調べたところレシピは沢山あって、
どれも材料はまちまち。困った・・・色々考えて、蜂蜜を使うことに。
使う材料は赤ワイン、オレンジジュース、蜂蜜、バター、オリーブオイル、塩、胡椒。
材料を覚えたら、後はその場の雰囲気で創っていく。味見を常に行うから大丈夫。

  ハーブをタイムにするか、
  ローズマリーにするか
  迷ったけど、今回は、
  ローズマリー。

  軽く塩をふって
  揉んでこすって
  残った毛を処理。
  白胡椒を少しふって、
  ローズマリーをのせる。
  後は230度に余熱した
  オーブンで15分前後焼く。


  焼きあがった!
  中心は赤味が残ってて
  かなりいい出来!

  実は、オーブンで
  肉のロースト作るの
  初めてだったりする。
  
  赤ワインソースも
  出来上がってる。
  味見したけどなかなか!
 
真ん中の一番美味しそうなところをとって赤ワインソースをたっぷりつけて口へ・・・
オレンジの酸味と赤ワインの酸味が蜂蜜やバターやオリーブオイルで調和して、
そこに塩と胡椒のスパイシーさが味の奥行きを出している、かなり美味しいソース!
そして、お肉は周りがカリッとしてて、レアの中心が柔らかい・・・ほんと・・・おいしい・・・



  

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ 
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鴨のパスタ オレンジソース... | トップ | クリームチーズとオレンジの... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ユキティ)
2006-07-06 07:53:44
鴨、大好きです!!!でも、家ではあんまり

作らないです。外で食べるばっかし。

夫は、次のグリルは鴨だ!と張り切ってますが、

NOBさんの様にこんな綺麗には出来ないと確信。

とってもいい感じで焼きあがってますね♪

レア気味のミディアムレアな感じが私好みです。

赤ワインソースもとっても美味しそうですね。

あぁ、、、鴨、食べたいです。
美しい! (ZERO)
2006-07-06 09:00:08
彩りも鴨肉の火の通り具合も完璧ですね。

鴨は冬の「鴨鍋」が定番ですが、このように

美しく装った絶品を見せられると、もう、朝から胃袋が興奮してしまいます。



赤ワインソース、私も作ったことありません。

よかったらレシピ伝授下さい♪
本当に・・。 (コロ)
2006-07-06 09:03:31
なんて美味しそうな物をNOBさんは作ってしまうんでしょう  美味しそうで、美しい 思わず見とれてしまいました キャラメルクリーム・ココアの顔について後でコメント入れておきますね
美しい! (ZERO)
2006-07-06 11:33:37
彩りも鴨肉の火の通り具合も完璧ですね。

鴨は冬の「鴨鍋」が定番ですが、このように

美しく装った絶品を見せられると、もう、朝から胃袋が興奮してしまいます。



赤ワインソース、私も作ったことありません。

よかったらレシピ伝授下さい♪
そうそう! (かよさん)
2006-07-06 13:36:15
NOBさん、こんにちは。

そう!鴨のロースト赤ワインソースって、美味しいですよね~~~。

外食でしか食べた事が無いですが、お家でこんなお料理が出てくると嬉しいなぁ~。

NOBさんの奥様は、良いなぁ~、羨ましいですぅ。



ちょうど、行き違いになってましたね~、ビックリ!

今日は、お休みですか?
そうそう (フィーユ)
2006-07-06 14:28:30
鴨肉と言えば、このスライスした時のこの

表情!!

合いたかったわぁピンクの肌!



ワインソースとの相性もいいでしょうねえー。



NOBさんの言うように、お料理って目でも味わう美しいモノです。

これなんか、特に、しばらくジーッと眺めていたくなる程ですよ。
ピンクの鴨肉 (wakaba)
2006-07-06 17:49:20
鴨肉・・・ピンクできれいですねぇ~

新鮮な素材だと言うのが よくわかります。

鴨肉は 自分で使ったことはありません。。。お店でしか・・・

こんな風にローストすると豪華です。

でも なかなか こんな鴨肉は手に入りません。でも このソース 他のお肉にも使えそうですね。

ローストビーフでも いいでしょうか??

あえて言わせて下さい。 (KEI)
2006-07-06 18:31:43
NOBさん、ご飯を下さい。

白いご飯と釣り合わないのは分かっています。

でも、ガツガツ食べれます。

絶対!

油がしたたっている様子が見て取れて、もう最高です



あぁ・・・この時間に見たことを、後悔であります。
キャラメルクリームについて (コロ)
2006-07-06 20:15:45
 ブログのコメントありがとうございました!! 

『キャラメルクリーム』ですが、かよさん経由【pinguさん】のブログをまねっこしています!! グラニュー糖100gを溶け出すまで鍋で火にかけ、液状になってきたら揺すりながら全部溶かし、温めた150gの生クリームを入れまぜるだけ 焦がさないように注意です  

『ココアの顔』ですが、以前 雑貨屋で 専用の 顔の形に穴の開いた板を見かけましたが、私はクッキングシートに ハサミで切りながら顔を描いて、ココアを振りかけてます NOBさんがどんな顔を描いちゃうのかがとても気になります  では
美味しそう!!! (hide)
2006-07-06 21:01:19
NOBさん、鴨肉の周りの焼け具合とその下の脂がとても良いですね。



いつか頂ける日が来ると信じて待っています。(笑)



PS.NOBさん、私色々な料理が出来るではなく料理本を見るのが大好きなのです。



でも本よりNOBさんのブログの方が数段上で大好きです。

洋食を創る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事