Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鮮魚舟盛/5種の鮮魚のカルパッチョ/花鯛のポワレ(栄進丸の鮮魚)

2013年03月10日 | パスタを創る
   
    栄進丸の鮮魚を久々に注文。
    甥の中学受験が無事に終わり、
    真鯛と花鯛を送ってあげたいと思っていたところ、
    丁度、刺身オヤジに刺身を届ける日も重なり、
    更に、いつも美味しいパンを焼いてくれる
    お隣さんへの感謝も、ということで、
    鮮魚のおまかせセットを注文。

    やはり真鯛特大4尾にしとけばよかったかな・・・
    何しろ真鯛と花鯛で9、
    うまづらはぎが2、黒そい1、イナダ1、ホウボウ1
    14尾もの魚の、
    鱗取り、3枚下ろし、骨抜き、皮剥き、スライス作業
    が待っているわけで・・・

    

それにしてもこの新鮮さ。
生のまま届いた魚にしかない、黒くて光ってて濃い眼。

真鯛、花鯛、黒そい。



ホウボウ、うまづらはぎ。



鯛の好きな甥には、塩焼用に鱗を取った花鯛を3尾、
そして湯引きした真鯛と花鯛を3尾。
6時30分までに持って行けば翌日は到着。
宅配はありがたい。



刺身オヤジのための舟盛りと、お隣さん用の大皿盛り。



私たちはイタリアン。

一品目。5種の鮮魚のカルパッチョ。
真鯛、桜鯛、黒そい、ホウボウ、うまづらハギを
つかった贅沢な一品。
そして、PIERRE LUNEAU-PAPINのミュスカデ 2009を。
私の大好きなフルーティーで
甘過ぎない旨味とコクをもった白。



メインは花鯛のポワレ。
皮を下にし弱火でじっくりと
かりかりになるまで焼いた逸品。
トップにはニンニクチップ。
ソースは思いつくままにつくったもの。
今までどこのレストランでも
味わったことのない初めての味に仕上がりました。



久々の鮮魚イタリアンに
かみさんはご機嫌。
手抜きするとすぐ分かってしまうので
ご機嫌とるのも大変だ・・・










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイエットハンバーグ2種 | トップ | カニと鮮魚パーティー(栄進丸... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む