金四郎 たのんまっせぇ~

夫と、老柴犬金四郎と南房総に移住して11年.
身も心もスッカリ房総人♪今は亡き愛犬との思い出とつづる日々の出来事

いくつになっても、結婚式はうれしぃな♪

2013-04-29 22:54:33 | 日記
姪が結婚しました。

私の長兄の末娘です、3人兄弟の末っ子。

赤ちゃんから知ってる、性格の良い子なのでとてもかわいく思っていたし、ここに至るまでいろいろあって・・だから とても嬉しかったんですよ。



彼女この1月で37歳になりました。
彼氏はことし25歳になります。
年の差13歳・・究極の姉さん女房です・・。
埼玉の支援学級の先生・・同僚さんです。
彼氏の一目ぼれだったそうです。



姪は年の割には純粋で、素直でだれからも好かれる、そんなタイプなのですが、結構メンクイでね。 そこそこ恋多きタイプでもあったようなのですが・・・。
この年になるとさすがに 彼氏君のストレートな気持ちをなかなか受け止められなかったようでして・・・一回目のプロポーズは失敗に終わったと、結婚式の紹介ビデオで言っていました。まぁそれでもお付き合いしていって、彼女の年齢を言ったら、さすがにちょっと引いたとか・・(笑)
そうですよねぇ~・・・
しかし、彼氏君そこであきらめず「年なんて関係ない、若く見えるから構わない!」と言ったとか・・(ことばは、定かではありませんが、そんなようなことを関係者から聞きましたわ)
確かに彼女は童顔ではあります(叔母の欲目)

結婚式は彼氏君が新潟の長岡出身ということで長岡市内の結婚式場で行われました。
土地柄、風習など、いろいろあってのかなりの派手婚で、お色直しは3回!!



彼女の姪(長兄の長女の娘たち)が 御蝶雌蝶(案内役の子供、おちょめちょなんていいます)になって、おばちゃんの手を引いて・・・。


最初は、白無垢、髪は現代的な感じで角隠しではなく、私はこういう形は初めてでしたけど、かつらじゃないから 楽そうだし、自然でなかなか良いですね。
次は、打掛は赤主体の金襴緞子風ね。

3回目は白のウェディングドレス



これで、キャンドルサービスに各テーブルを回ってくれました。

私、かなりお酒も入ってたこともあるけど、今までの兄夫婦のここに至るまでの大変さ、心の内を思ったら、泣けて来ちゃって・・。

テーブルに来た時、一緒に記念写真を撮るから後ろに立った時に

「Kちゃん、おめでとう、おばちゃんは本当に嬉しいぃ~♪でもね、ここがゴールじゃないんだからね、悲しいことは半分になって、幸せは倍になるんだから 二人でちゃんと手をとって、頑張るんだよ♪」なんて、説教めいたこと、言っちまった

姪は、素直に「うん、ありがとう、おばちゃん」って。

今、ダンナ君がこんな状態になって、毎日病院通いしてる中で、色々と思うこと、多々ありき、でね。
ダンナ君と長兄の奥ちゃま、義姉とはいとこの関係でして、彼女の兄弟夫婦などは、私もよく知る所ですから、皆、ダンナ君のいないのにちょびっと??と思ったようでした。

まぁ、こんな席で言うことでもなく、ダンナ君も言われるの嫌だろうし、兄にはちゃんと事情話してはありますが、老いた母の耳に入れたくないので、最小限にしか伝えていませんから。

「彼どうしたの?元気なの?」という問いかけには

「元気、元気♪、ホント、勝手なヤツでしてぇ・・」と。  本心辛かったですよ。

この話を聞いたとき、かつてダンナ君は新潟に転勤してたことあって、義父を亡くして2年足らずの転勤話で、義母を置いていくわけにはいかず、さりとて知らない土地で暮らさせるわけにもいかず、夫は単身赴任を選び、私と子供二人で埼玉に残った経緯があるので、子供たちが休みになると、遊びに行った新潟、懐かしさも多く、旅行しながらこのお式に出席しようか・・なんて 話していたのですよ。

それだけに 一人上越新幹線に乗った時は、ちょい感傷的になりましたわ。

夫、金四郎と、気になるので、日帰りで行きました。

28日は朝4時起床

5時前に家を出て 最寄りの高速バス亭まで車を飛ばし、
5時43分の東京行きバスに乗車。 約1時間40分で東京駅着。



そのバス亭の待合所につばめが巣を作っていました。
親鳥が2羽、行ったり来たりで雛たちにえさを上げに来てる姿は、ほほえましいですね。

7時48分発の上越新幹線、MAXとき で長岡へ、9時26分着

身内ですので、10時20分までにお越しくださいとありましたので、充分まにあいまして、ホッ。

タップリ3時間近くの披露宴

4時12分発の 電車、
6時東京着。

これなら6時20分のバスに間に合うと 高速バス切符売り場へ行ったら、そのバスは満席!
その30分後のバスは、上りアクアラインで事故渋滞にはまったとかで、30分の遅延。
    ついてない!!

なんのかんので 9時半過ぎに帰宅。

疲れました。

また、引き出物が重くてね・・・。ちょっと素敵なトートバッグにドスンとね。
こちとら衣裳を入れた大き目バッグも持ってるんだから・・。向こうはそんなこと・・ねぇ。

前の日から来てくれた息子は、金四郎の世話をして夕方にはまたでたようでして、チャーハンが作ってあって、置手紙がありました。
「チャーハンは 脂っこいので夜はあまり食べない方がよい」と。

だったら、作るなよ! いや、余ったんだ!!

しかし、披露宴で食べたとはいえ、やはり時間も時間、そのチャーハン食べちゃった♪
    お~いしかった

金四郎は、息子と私がいるときは、やっぱり落ち着くんでしょうね、



前日は、こんな風に自分のベッドにすっぽりとはまって寝ていました。

あまりにかわいかったんでしょう、息子もスマホでパチリパチリやっていましたわ♪

大役を終えました。








コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

草取り効果

2013-04-25 21:11:42 | 日記
先ほどダンナ君の病院から帰ってきました。

帰宅途中の車の中で、無性に甘い物、それも冷たいトロォ~っとしたものが食べたくなりました。 思い出すとその思いはつのり、我慢できない!となり、自宅近くのコンビニによって、買ってきて、食べながらPCを開きました(笑)



むふふふふふ・・・お、おいしぃ~~

今日は、暖かくて、何となく働きやすい日、外に出たら、やっぱり草が!
家の中にあったシンビジュームの鉢を外に出したり、水やりをしたり、メダカにえさをやったり、夫の仕事もあるので、自分のペースでできるとはいえ、やっぱり厄介です。

そのまま家に入れず、気になってる所だけでも、と もさもさのカラスノエンドウを引き抜き、スギナを引っ張り、枯れだしたリナリアやノースポールの花もこの際、と抜いて行ったら、雑草だらけの中で目立たなかったスズランに出会いました。


昨年も咲いていたのになぁって、思いつつ、消えちゃったのかなぁなんて、勝手に思ってて、スズランさんごめんなさい。早くお顔出したかったのにねぇ。



花数は少なかったけど、今年も 咲いてくれていました。

ここは、家の東サイドで、ちょっと日陰になる所。

今度は庭の正面のカラスノエンドウ退治に行って、ドクダミ、スギナ、と抜いて行ったら、
雑草の陰からちらちらと見えていた朱色、はっきり出てきました。



埼玉から持ってきた、レンゲつつじ。
かなり大きな木になっていたのですが、やはり気候風土が合わず、潮風にやられて、上の方が枯れてしまい、去年、夫が思い切って、切り詰めたのです。
それの下の方に、一塊の花が!
これも嬉しかったです。

草取りは本当に疲れます。
肩も凝るし、腰も痛くなるし・・でも こうやって、思わぬ人たちに出会えるとうれしいですね、甲斐があるというものです。

その間金四郎は 庭で



お天気の時はお外大好き♪



ダンナ君のお姉さまは、この頭の丸みが何とも言えず大好きなんだとか・・


今朝の海は、昨日夜の雨や風の強さの名残があって かなり壮観でした。
波が高く、この写真だと、あまり迫力ありませんけど・・。



道路を渡って海への細い道を抜けると



ぱっと拓けて、波高のあるキラキラと輝いてる海が目に飛び込んできます。

海に渡る道路沿いにある、この間ご紹介した花の広場には、小さな小さな4人ぐらいしか入れないコーヒースナックやさんがあります。
そこの看板娘の 柴犬ミックスのわかめちゃん



金四郎のこと、大好きで かなり積極的なお嬢ちゃま



「金ちゃんぁん、金四郎さまぁ~ちょっと寄ってってぇ~」って。

そばには、黒いミックス犬の波平君がいて、わんわんとそれはそれは、攻撃的に鳴きます。
雄犬に敵意むき出しだそうです。ワカメちゃんは俺が守るって(笑)
(足だけの出演になってしまいました)

夫のいない生活に、病院通いの毎日に慣れてきましたけど、それなりにわずかながら疲れもたまって来てるのかもしれません。
そこで、冒頭のような こんな時間のアイスクリーム! この甘さ!イケますの~
ダイエット決行中の方にはお勧めしませぇ~~ン




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人とのつながりって・・

2013-04-24 22:21:03 | 日記
こちら南房総、午前中は今にも雨が・・と言う感じ。

2か月半ぶりに美容院へ。

今度の日曜日、姪の結婚式が新潟の長岡でありますので、そのためにもちょっと髪型を整えてね。本当はダンナ君も一緒に旅行をかねて行こうと、3か月前には話していたのですが、こんなことで、私一人で行ってきます。
私の長兄の末っ子で30歳も半ばを過ぎての結婚ですが、赤ちゃんの時から可愛がった子なので、花嫁姿見たいからね。

さて、本題に。

先日、広島から来た友人と行った鴨川のお寿司屋さん「笹元」で、カウンターに座ったので、そこのご主人や若衆と話してる中で、友人が広島の自宅の畑で作ってる高菜の話になりました。
裏が赤い珍しい物というのです。
その赤はポリフェノールだから成分はかなりいろいろとあるであろうと。
若衆が乗り気になって、着払いでいいから、送ってほしいということになりました。
  その帰り際には、お店で出してるお酒の四合ビン一本を持って行って!なんて渡されたけど、彼女 帰りは飛行機なので、今 飛行機はビン類は一切ダメだからと我家預かりにさせていただいたり・・。

彼女が帰宅後、収穫、店休日を除いて、私の都合で、今日午前中、営業店で受け取り、その近くにあるお店なので、そのまま、私に必要な物だけ取り出してお店にお届けしました。もちろん着払いではなく、彼女は元払いで送ってくれましたよ。

もう5日も前の話なので、最初、きょとんとしていた、ダンナ、あ~!と思いだし、奥の若衆を呼んでくれて、話は、トントンと。
その場で開けて出しながら、まさかという思いもあったようで、感激しながら、驚きもありで、色々な調理を楽しそうに話していました。

お話好きのおばちゃん達は正直者でした。

奥さんがお茶を出して下さり、お昼にまだ少し間があり、お客もいないのでと、少しおしゃべりをして、夫の快気祝いは、こちらでさせていただくわ、と約束。
その時は、それなりのサービスをして下さるかしら・・なんて・・ね。

あっという間にお知り合いになっちゃいました♪

友人が別に包んでおいてくれた私用の高菜を夕方茹でてみました。



表と裏はこんな感じ、ちょっぴりサニーレタスの色合いかな・・
でも、生の味は全然違います。少しえぐみのあるような からし菜に似たような味です。

ひと茹でして、良く絞って、油揚げで煮ると美味しいとメモがありましたが・・



茹で汁は、こんな色になります
珍しいです、確かに・・。
今日は絞って、冷蔵庫へ、明日調理しましょう。



金四郎の朝散歩の時でした。

家を建ててくれた知り合いの大工さんから呼び止められて・・
いつも船釣りは夫も誘われるのですが、こんな状態でしばらくお休みなので、先日釣りに行った時は、あまりつれず、船頭さんからお土産分の魚もらったから、と私に下さいました。
一人だからそんなにいらないだろうから・・って、注釈つきで(笑)



上からイサキ、鯵3匹、大中小ね。
お腹を出して下処理をして、塩を振って冷凍庫へ。
水分を吸収するようにしてこうしておくと、〆ても、塩焼きでも 何でも味が変わらず美味しくいただけます。
週末には息子が来るのでその時にでも出してあげましょう。

そして、昨日は畑で 3~4日間を置いたのでとさやえんどうの収穫をしたら、なんと
366個。 一人では食べきれませんので、帰り道に いつかブログでご紹介した キム、タバサちゃんの、ママさんにお分け。
また、もう少しは、混声合唱団でお世話になってる方にもおすそ分け。



収獲の間、金四郎を畑に話しておくと、こうやってちゃんと畝の間を歩いて、草が生えてる空き地部分や、土がホッコリしてる畦の間に どさっと横になっています。

また、今日の午後、昨日夜の配達ではサークルで留守配になっていた品物を再配達して頂いたら、ブロ友さんからの贈り物でした。
アロマミスト。
いつだったか夫の病室にアロマを炊いてる話を書いたからでしょうか・・。
殺菌効果のある、スッキリかおりのものと2本。

ダンナ君の部屋へ持っていくとよいのでしょうが、ちょっと試したくて・・
いつも金四郎が使ってるソファーの座布団のせいか、外から入ってきたら、あまりにも金四郎の匂いが強くて(曇ってたり、雨模様の時はとてもかおります)で、そこの上にシューって。

普段はこんな風にして、寝てます。

スッキリ、さっぱりの スゥ~っとした香りに包まれて、私もそこで一休みしましたよ。

ノエママさん、お気遣いありがとう♪

この土地に初めて訪れて知り合った大工さん、友と一緒に初めて入ったお寿司屋さん、ブログを始めるきっかけを作って下さった、顔をしらないのに、すぐ手の届きそうなところにいるブロ友さん、近所の犬つながりのお友達、沢山の人とのつながり、ご縁を大切に沢山の人々に支えられて、日々を楽しく暮らす。

金四郎がいるからね♪


今日のダンナ君は、白血球の数は1800まで落ちているにも関わらず、先週お休みしたことや そうなることは想定内ということでカンファレンスで決定されたのでしょうか、一日早い、今日から抗がん剤投与となりました。
まだ、自分の口から食事がとれるのですが、放射線の影響の倦怠感や気持ち悪さも出てきてる中で、これほど免疫力が落ちてる・・でも 抗がん剤・・。
最後の詰めをきちんとしなければ再発の危険があるのかもしれませんが、治療に余裕のなさも少し感じ、納得しながらも、気持は落ち込んでる様子がうかがわれました。
ガン!と分かったら、これでもか!!というほど 叩きのめさないと、後から後悔するようになるのかもしれませんね。  しかし治療は、かなりキツイものです。



金四郎~~
私が出かけるとき、こんなふうにして見送ってくれたね。

でも、この頃、出かけるとき、ぎりぎりまでついてくることが多くなったね。
お留守番が 一人ぼっちのお留守番が 多くなっちゃったからね。

頑張ろうね・・

昼過ぎから降り出した雨、かなり強くなってきました。風も強いです。
少し心細くなりますが、金四郎がいるからね。

金四郎~たのんまっせぇ~~


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

一昨日、昨日、今日・・

2013-04-20 10:05:17 | 日記
寒いです、この南房総でも、冬に逆戻りしちゃったみたいです。
暖房器具、片づけなくて良かったぁ(^-^)

こんなに寒い、と思っても、ここの海には、真冬からサーファーが来ます。
今日も、沖の方に プカリプカリ~~~と



見えますか?海上に黒い点々。結構沖なので、アップにすると、こんな数しか入らなくて・・

金四郎の朝散歩、この頃は海、彼の中でひそかに流行っているようです。



気になる匂いに誘われるのか・・



そうでもないような・・



でも、やっぱり、気になる・・
まぁ、いつものことですけど・・この感じは。

この海岸へは、我が家から徒歩5~6分ほどですが、海岸へ出る前の国道わきに、この町の名所の公園があります。
「花夢 花夢」とかいて カムカムと。



そこにある直売所の前には、



こんなにきれいにポピーが咲いています。
公園の中にも 花壇があって、芝桜や、ビオラなどが植えてあります。
小さな小さな公園ですが・・・。


昨日は

広島から友人が訪ねてくれました。
娘の幼稚園時代の友達のお母様です。
転勤があって離れたり、中学になってまた娘と一緒になったり、ともに夫が早期退職をして、彼女はダンナサマの故郷へ、私は、縁もゆかりもないこの南房総へと、遠くなっても続いた30年余りのお付き合いの方です。

鴨川まで電車で行くから会いたいと2週間ほど前に連絡があり
駅で迎えました。

「何!?どうしたの!?」と こんな遠くまで来てくれた彼女への私の第一声!

「うん? 今のあなたに会いに来たのよ!」って!!

昨日新大阪で用を足して、明日(つまり今日ね)東京に用事があるから、とその間の一日を使って、はるばると訪ねてくれたのでした。

ミクシーなどでつぶやいてる私のことを案じて、顔を見ようと・・。

何て嬉しいことでしょう!!
それなのに私ったら・・・


そこで、お昼は私も気になりながら行ったことのない 地元の方に以前勧められていたお寿司屋さんへ。
鴨川の味、と書いてある「笹元」へ
よりによってカメラを忘れてしまい、写真なしですけど、カウンターに座って、そこでのご主人と若衆との出会い、会話、彼女と一緒で、また一味違ってのことがありました。
それはまた、後日談で・・。

和田の漁港を案内して、我が家でお茶を飲んで、分かれるまでの5時間はあっという間でしたが

「友あり、遠方より来る、また楽しからずや・・」

お酒を酌み交わすことはできませんでしたけど、まさにそういった感ありでした。


こんなに寒くなるなんて考えもしなかった一昨日、主が留守中の畑を少しは面倒見ないと・・・。

全体からみるとこんな広さです。80坪ぐらいあるのかしら・・


ジャガイモの生育も順調
新玉ねぎは、収穫しても大丈夫位に

イチゴも本当の露地物です ぼちぼちと・・


そして、メインのソラマメ



若いけど、結構実っています。

なんでソラマメ?って・・



去年も書きましたが・・見えますか?
マメの莢が天を向いてるでしょ?

天豆とも 恰好が御蚕さんに似てるからかしら 蚕豆とも 本当に空豆とも、書いていますね。

まだ、収穫には早いですが、根から折れて倒れた茎のを3つばかり開けたら、若い若い緑の豆がちゃんと入ってて、チン(家のはピーだけど)して食べっちゃったぁ

金四郎はね、ちゃんとお留守番していました


ボク、ちゃんとお留守番してました



ご褒美、頂けるんでしょ?



ねぇ、おあかちゃまぁ~~!!

じりじりと、寄られて・・・
後はご想像にお任せ~~~~~~~~~~~~~~~~~


コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

散歩道は春色

2013-04-17 21:56:59 | 日記
暖かくなったなぁ・・って喜んでると、急に寒い日が続いたり、不純な天候でしたが、何とか云いながらもこちら南房総は、すっかり様相が変わってきました。


       散歩道から見える山の色も新緑が多くなって



    道端の日日草も この花は本当にいつまでも咲いていますね。



    のげし、これは可愛いのですが、繁殖力は抜群で、庭にもごちゃまんと出てくるので、今は雑草扱いです。これを大きく多色にしたポピーは お花の直売所でも人気です


   この道の先に行くと


       
   花にらが、真っ白ので、アリアムとも言いますが、アリアムって、ねぎぼんさんのような花をつけるのもいうから、にらとか葱の仲間を称して言うのかも・・定かではありません


  相変わらず、クンクンでして、この近くには 以前住居があったところに



   ジャスミンの花が、香り良く・・と言いたいのですが、これ集まるとすごいです
   遠くからでもかなり強烈に香ります。



  紐をつけて話して歩かせると、ちゃんとひもを踏まないようにがに股歩きしてます



  こんな風に、、、以前、自分で紐を踏んで、前のめりに突っ込んでね(笑)
  ちゃんと学習してる・・。



  散歩道、最後の方は、山の斜面にキンセンカとストックの花畑
  お店に出せなくなったのがそのまま咲いています。これがまたキレイです

毎日、この山方面か海か、当たり前のように歩いてるのですが、ふっと見渡して、今までとの違いを感じてみたり、一つの物にこだわったり、変化に気が付かず、ただぼぉ~っと歩いたり、金四郎と過ごすこの時間、癒しのひと時です。

金四郎ね、年取って、デブって、ちゃんとしたお座りもこんなふうなんですけど




  でも、やれば 少しはちゃんとしてるような・・


 「 おかあちゃま、なにか美味しそうです。くだちゃいな」



で、私たちの物を食べてから、おもむろに自分のご飯へと参ります



  はい、お決まりの元祖「田舎芸者」でございます。



入院中のダンナ君
放射線は、21回を終了しましたが、まだ喉の痛みはほとんどないようで、そこは今の所クリアーしております。
ただ、抗がん剤は、かなり強烈で、あれだけ年の割には健康体と言われた血液の白血球がどぉ~んと落ちて、免疫力の低下がみられるということから、今週の抗がん剤はお休みとなりました。
本来なら明日からで、今日というか、明日というか、夜中の12時から点滴予定でしたが、パスとなり、ホッとしています。
放射線とタイアップしての抗がん剤はかなりの治療効果が出るそうですが、体自体をいじめてるわけですから本体がアウトになっては元も子もないわけですので、ドクターカンファレンスの結果の決定です。
それでも放射線の方はどんどんきつくなります。
呑み込みにくさはもうかなりで、おかゆでも汁をかけて ずずぅ~っと無理やり流し込んでいます。
味も全然わからず、ひどい味覚障害が出ています。
テレビで宣伝してる美味しそうなものでも すべてに裏切られているので、今は全部信じられないと(笑) そして

「これが治ったら、今まで食べてたものがすべて感激と感謝に、変わるんだろうなぁ・・」なんぞと殊勝なことを のたもうております。

  金四郎、この言葉、君にもシカと伝えておこう!
  
  父がこんなに殊勝であったこと!

  金四郎 たのんませぇ~♪
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加