nizuブログ(・v・)

集団ストーカー 被害記録です。被害者の皆さん負けないで下さい。私も頑張るから。

再】過去記事②

2017-04-18 21:54:45 | 再投稿〕集団ストーカー被害記録
この記事は他ブログサイトで過去に投稿したものの再投稿です。他サイトでは再投稿が出来ない為、修正+加筆をした形でこちらにアップさせて頂きます


偽被害者さん、加害者さん、工作員さん御断りです


注)この記事中には痛みの表現等も含まれます

「他の被害者さんを恐がらせたく無いので被害状況は書かない」等と言う被偽被害者・或いは本物の被害者の方も居る様ですが、他の被害者さんを絶望させたく無いという気持ちは勿論私も同じです。

ですが私は、自分と同じ被害内容の方は居ないかと被害者ブログを沢山読んで、似た症状を告白している方の記事を拝見しては「自分の被害は間違いでは無かった」と自信を持ったり参考にしたり等していたので、真実の暴露は希望にも繋がる事でもあると考えています。(この被害は大変苦しかったですが、私は絶望なんてしませんでした)この考えは本当の被害者さんであれば共感して頂けると信じています。

偽被害者や工作員等は単に被害の内容を公開して欲しく無いというだけですので論外として、本物の被害者さん達が全員被害内容を非公開にしてしまったら、この犯罪の攻撃がどの様なものであるのかという情報がアップデートされ無いと思うのです。

その様な思いから、私は出来る所迄公開をしています。自分が実際に受けた、痛みを伴う壮絶な被害内容ですので、かなり抑え目に書いたつもりではありますが苦痛の表現がある事を前以ってお伝えしておきます。




再】拷問とチップ

注)この記事中には痛みの表現等も含まれます。現在の見解による追記修正箇所ありです。


連日に及ぶ防犯カメラやスマホ等のハッキングと遠隔操作が行われ・毒性物散布、音波系の攻撃を受けているので投稿します。


これまでに拷問は何度か受けましたが、今回は、最も凄まじかった拷問についてを書き記したいと思います。

(ややキツいかもしれない表現を含みます)


私が拷問を受けて来た日は何故かいつも数字の4が付く日でした。条件付けなのか何なのかは分かりません。ただ、私に全身照射が開始され、最初の拷問が行われたのは2016年9月3日から明けて9月4日です。


(その後、月初めの4日を境に攻撃パターンが変わります。

5日の深夜0時になるとピタっと止まったりするので、1ヶ月単位でスケジュールが組まれて居るのかな?と思いました)


拷問は先ず3の付く日に電磁波や音波を1日中受け続け、入浴中も焼き串の様な何らかの加害照射で突き刺され、疲弊し、帯電した様な状態での就寝中、日付が変わって4の付く日の深夜や朝方にそれは起こります。


「心臓下部に電磁波を突き刺しながら、頭部にレーザーを照射して串刺しにしたり」

「胸部中央静脈に強力な電磁波を照射しながら心臓筋膜を激しく締め付けたり」


その中で最も激しかったのは2016/10/24の朝6時前頃にやって来た数名の男女による拷問です。


最も激しかった拷問


2016/10/23
その日私は実家に居て、1日中電磁波による攻撃を受け続け、22時には就寝しました。


2016/10/24
就寝中も弱い攻撃を胸に受け続け、日付が変わって夜中の3時には股間に熱感のある照射を受けました。その後、男が大股で外を走る様な音が聞こえています。


6時前頃になると、外から重そうな物をゴロゴロとキャスターで引きながらやって来る数名の足音が聞こえ、その中にはハイヒールの音も混じっていました。


10分程すると、脇腹筋膜に断続的な締め付けを受け(例えるなら脇腹をググっと踏み付ける様な金縛りの様なものを5秒間隔で行われる)それが約40分程で一旦終了されると疲労から一瞬眠りに付き、再び意識が現れた時には


部屋中の空気が揺れ

意識が揺れ

鼓膜が揺れ

全身全ての細胞が揺れていました。




この状態を例えるのは難しいのですが、
周りの空気自体が振動し
音が割れ過ぎて聞こえ無い中
全細胞が金縛りに会っている、
といった感じです。


《MAXレベルの電気治療器》を全身臓器や脳や鼓膜に直接取り付けた感じと言えば何と無く分かりやすいでしょうか。


死ぬ…


そう思って、持てる力を何とか振り絞り、漸く瞼を開けると、脳や目、顔や鼓膜、空気全てが振動し過ぎていて部屋が殆ど見えません。


しかし目を開けてから1分くらいすると、私の意識が戻っている事に気が付いたのかピタッと攻撃を止め、駆け足で去って行きました。


その後直ぐ両親が起きて来て、暫く後に時計を見ると7時15分。身体間隔で言うと拷問から約15分程度の時が経過していると思います。


生きてた…


それしか出ませんでした。


部屋の加湿器空気清浄機が
ガタガタと異音を発していました。


拷問記録については本日此処までです。



__________________________


再】マイクロチップ

私は2016年11月のある日から、マイクロチップの様なものを埋め込まれています。

この事はどの様に話しても殆どの人が信じられないと思います。実際に見た事がある人や、この国だけで無く世界中で今何が起こっているのかを知っている方であれば違うのかもしれませんが。


コメントを戴きました↓
__________________________

マイクロチップの証拠映像
鉛筆の芯のような小さい円柱型のマイクロチップを注射する映像が見つかりました。
これを見せれば、被害を信じてくれる人も増えるのではないかと思います。
注射しているのはRFIDというマイクロチップです。

注射しているので少し痛そうな動画
https://www.youtube.com/watch?v=8kezwbUnsao

こちらも2分20秒くらいのところに注射関連の内容が
https://www.youtube.com/watch?v=2ot4qqSmLxI

hさんから戴いたコメントより)
2017/2/4
__________________________

電子ハラスメント その1 インプラント
http://ameblo.jp/walker-memo/entry-12225296389.html

nizuさんの被害はひどすぎますね。
マイクロチップは現在、ナノチップサイズのものも出ています。何らかの方法で証拠が取れたらいいのですけどね。

こちらは大沼さんの記事です。

〔電磁波悪用ハイテク犯罪を許さない!〕◆ 米国カンザス州の発明家ウォルバートさんが「電子(電磁波)ハラスメント」被害を訴えた裁判で、同州の裁判所が訴えを認め「電子ハラスメント」を禁じる命令! ★ ウォルバートさんの左肩からはなんと米軍専用周波数の「288MHz」の極小電波タグが皮膚下に埋め込まれているのが発見された!

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/01/mhz-ee26.html

wさんから戴いたコメントより)
2017/2/5
__________________________
お心遣いありがとうございました。
感謝申し上げます



マイクロチップの事例に対する知識があり、この集団ストーカー犯罪を多角的に捉えて居られる方々はこの事を信じて下さいましたが、被害を経験した事の無い方などからは特に「思い過ごし、気にし過ぎ、あり得ない」等と、加害者側が被害者に対し、攻撃を加えておきながら限界まで追い詰める為に悪用する常套句によって頭ごなしに閉口させられてしまう為、日々の肉体的精神的攻撃から疲弊し切った心と身体に対して不要なダメージを受けてしまうのです。

被害者の方ならお分かりでしょうが、この異常で巧妙な犯罪から受ける現象は、思い過ごしでも、気にし過ぎでも、偶然でも無く、全てが画策され、仕組まれた「必然」なのです。「もう何も言わない方が良いのかもしれないな」と思った事もあります。

ですが、伝えずに居たら尚攻撃をされます。

濡れ衣工作などを常に受け、其れ等を逐一払拭する為に防御に防御を重ねていても、日々攻撃をされるばかりです。

ですから、誰が信じるとか信じないとかは、其れこそもう どうでも良いと思いました。


被害者を装った公◯がブログ工作などをし、自分達の犯罪隠蔽の為に、罠サイトへ誘導して濡れ衣を着せる、等の被害も実際にあるそうなので、注意はしたいと思います。


電磁波からの解放

昨年11月に県外へ行き、電磁波から解放された日が一度だけありました。

私が電磁波の猛攻撃を受けたのは丁度3ヶ月間です。猛攻は12月4日まで続けられましたので、拷問から2ヶ月弱くらいを経過した頃です。

そこで私は荷物を全部ロッカーに預けてから姿を消し電磁波から解放された食事を2ヶ月ぶりにしたのです。◯価系の公◯◯察と思われる組織からの拷問続きの毎日でしたので夢の様でした。

しかしその翌々日は、お昼頃まで起きられず、呂律が回らないほど眠くてフラフラと歩けなくなって居りました。その時、身体のあちこちにピンポイントで「異物感の痛み」と、ジリジリとした「電磁反応の痛み」がありました。


調べてみたところ、皮膚表面が手術跡の様にオレンジ色っぽく盛り上がっている所が1箇所だけありました。直径6~7mm、幅1~1.5mmくらいの盛り上がりです。一応写真は撮りました。

他、皮膚表面には出ていませんでしたが、その場所と同様の「異物感の痛み」と「電磁反応の痛み」が11月末の時点では大体30~40箇所以上の場所にありました。それから一週間くらいした後にまた調べてみると、オレンジ色だった皮膚の下は「黒っぽい鉛筆の芯」の様な物になっています。

それも写真に撮りました。

そのまま病院には行けず、どうしたら良いか分からず、吐き気と共に起きると毎朝股間が腫れ上がっていて、激しく痛むという日々が続きました。異物を入れられてから1か月くらいした時、友人に、創価◯会系の◯安や〇〇署員による暴行の可能性と鉛筆の芯の様な物が埋まっているとLINE電話で打ち明けました。

その日の夜、
その鉛筆の芯の様な場所には2時間くらいの間、ジリジリとした強いアクセスがあり、翌日またフラフラで呂律のまわらない状態のまま目を覚ますと1箇所だけ、チップの異物感が腿の付け根に移っていたのです。確認をすると、前日まであった鉛筆の芯の様な物は皮膚表面からは跡形も無く消えていて、逆にえぐられた様に凹んでいました。

相変わらず、
報告をすると逆の事や、別の事が起こるという、盗聴盗撮有りきの細かい犯罪です。

その間に気付いた事がありますので書き記しておきます。

① 私が荷物を持たずに物陰に隠れると、必ずある部分のチップが ヂリヂリと反応をする。
②何処に居ても、聞こえない程度に独り言を呟くと、また別のある部分のチップが反応する。

③頭部頭蓋骨の割れ目に入れられたチップにジリジリとアクセスをされると場所によっては
 

「首の付け根などに凝りが出来たり」
「リンパが詰まった感じなったり」
「頭蓋骨が広がったり」
「歯が痛くなったり」
「胃がもたれたり」
する。

(アクセス箇所を操作する事によって、病気や不調を作り出す事が出来るのでは無いかと思いましたが…)チップ以外にも人工毛の移植の可能性もある様です。痛みや刺激のある箇所の毛を抜いたら楽になった場所もありました。


上記条件反応が何度も何度も繰り返され、全てのチップは識別番号の様なもので分けられていてるのかもしれないと感じました。

この様な事があって、私は、身体に起こる現象は全身に入れられたマイクロチップや植毛が関係しているのでは、と思う様になりました。

荷物を持たずに歩いていても、どこに隠れても、例え物陰だろうと、目や心臓、股間の狙い撃ちがピンポイントで可能なのはチップや情報の入った人工毛等の位置関係から出来ているのでは、と感じていました。

歯の中にも何か異物が入っています。先日行った県内の歯科医で入れられました。頭部などでは頭蓋骨の割れ目にばかり15箇所くらい入っていると思います。首やリンパ節周辺、胸や背中などにも何らかの異物が付けられている様です。中にはアレルギー反応を起こしている所なども多数あります。


人工毛の可能性【加筆】

加筆)チップは実際に皮膚の異物を見ましたし画像もあるので間違いでは無いのですが、入れられたのは数個かもしれません。以前私が書いた3、40箇所の電磁感覚は人工毛の植毛による可能性がある事を追記します。

私はこれ迄の間、このジリジリチリチリとした痛みを何とかしようと色々と試して参りました。そうこうしてる内、痛みのある箇所にある変化が現れていた事を思い出しました。

それは局所的に突然産毛や毛が生えていたという事です。

当初私はその産毛を電磁波照射による皮膚の防御反応であると思っていて相変わらずの痛みはチップのみの反応による影響であると考えていた為「3、40箇所のチップ」と表現していたのですが、ある時同じ被害者さんで「植毛された」という人がいるらしい、といった記事を読み自分の皮膚に突然増えた産毛の事を思い出したのです。そこで思い切ってその産毛を抜いてみました。すると、抜いた箇所の電磁的な?痛みや引き攣りが少し減っている事が分かりました。ジリジリとしたアクセスも抜く程減っていたので「これはもしかしたら…」と思い、反応のある場所を特定し、頭部等(頭蓋骨割れ目など)の見える所は自分で抜き、頸などの見えない所は人に頼んで抜いて貰いました。頭部の毛は、抜いてみると見た目は普通なのですが、一部折り曲げてみたらビヨンビヨンと奇妙な弾力のある毛もありました。お人形の毛でも無い様な不思議な弾性のある人工的な毛の様に見えました。


電磁的な毛を抜いてから数日後の事です↓

ある日鏡を見ると前髪が短くなってぴょんぴょん上に向かって生えているので「は?」と目を疑いました(笑)先ずゴワゴワとしていて毛質が全然違いますし、毛の流れを無視して植えられている為生え方が自毛とは異なります。前髪だけが寝る事はありません。


これらは「一旦私の自毛を抜いてから別の毛を植えた様で、量的には変わりません」なので少しづつ抜く事にしました。抜いた毛には勿論毛根はありません。女性的な陰湿さを感じます。バカみたいです。これがこの国の○察による犯行とは思いたくは無いですが、私達はそんな国に住んでいるという事です。何とも酷い嫌がらせだと思いましたが、この犯罪に植毛技術が利用されているという事は身を以て分かりました。

おかしな毛は殆ど抜きましたがまだ全部は抜き切れていないので、新しい毛が生えたら次、また次とリセットしていきたいと思います。

これらは感覚的なもので証明のしようがありませんし、この毛にどの様な作用があって、どの様な仕組みなのかは分かりませんが、身体は凄く楽になっています。(抜いた所は攻撃をしないとか、そんな可能性もありますけど、兎に角起きた事をそのまま書いています)

但し、前髪部分に植えられた毛からは電磁的な物は感じません。前髪を植えられた日から周囲の状況や集ストパトカーなどが急に挑発的になった為、変な毛でなければ良いと思いました。


チップの存在についてはこれ迄の主張通り修正は致しません。


情報の一部のみ修正と加筆を致しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再】過去記事① | トップ | 再】過去記事③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。