nizuブログ(・v・)

集団ストーカー 被害記録です。被害者の皆さん負けないで下さい。私も頑張るから。

再】過去記事③

2017-04-19 19:20:38 | 再投稿〕集団ストーカー被害記録
酷い文章で読み辛いかとは思うのですが、当時のまま掲載を致します。

この記事を書いていた頃は電磁波照射による猛攻撃が終了されてから丁度2カ月目で、電磁波攻撃よりも毒ガスや毒物、薬剤噴射が酷かった時期です。防御をしつつ一生懸命伝えようとはしていたのですけど上手く行っていなかった様ですね。

またお伝えして来た記録は、俄かには信じ難い内容であるとは思うのですが、私からすると「実際はもっと凄くてもっと酷かった」と確実に言える為 どの様に思われようとも全てありのままを感じた通りに書いています。何から何まで異常な犯罪ですので仕方が無いのです。

今回の記事は素人防御対策など比較的穏やかな内容となっておりますがこの当時は、ブログやLINEだけでなく、スマホのメモパッドに「警察が関与…」と書いただけで自宅前にパトカーが2〜3台やって来るという異常状態でした。その条件確率により不正ハッキングの証明であると判断をさせて頂いた頃の記録となって居ります。



__________________________
注)記事中に痛みの表現等もあります
「他の被害者さんを絶望させたく無いので被害状況は書かない」等と言う被偽被害者・或いは本物の被害者の方も居る様ですが、その気持ちは勿論私も同じです。

ですが、偽被害者は論外として、本物の被害者さん全員が被害内容を非公開にしてしまったら、この犯罪の攻撃がどの様なものなのかという情報がアップデートされ無いと思うのです。その様な思いから、私は出来る所迄公開をしています。痛みの表現がある事を前以ってお伝えしておきます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



再】身の危険


毎日、生命や身の危険を感じている状態です。

家では相変わらず毒ガスや薬剤等の噴霧をされて居り、外でも穴の開いたダンボール箱を積んだ自転車から薬剤を散布される(昨年も何度かやられました)等の攻撃が頻繁に行われています。
乗っていたのは高齢男女2人組です。


一昨日はスーパーでの買い物中複数の男女構成員や実行犯に遭遇しました。店内では店員総出で一生懸命に様々な工作活動をして居られる様子。店員が共犯とは驚きです。


実行犯はその際 複数入店して居たらしく、女性を前に歩かせ後ろから箱型の水玉リュックをカートに載せた男や、若い子供連れの女性や、中年男性等に背後に立たれた後、コートの背中を触ってみると薄っすらと濡れています。

マスクはしていたのですが、暫くすると全身の痺れと吐き気や息苦しさに襲われました。


身の危険として以下の事についても記録します。
(画像は日付時刻の箇所まで掲載すると屋内が映り込んでしまう為カットをしています)

 
2016/11/23

LINEに「〇察がらみの集団ストーカー…」
という文言を書いた際、14分後にはパトカーの様な車2台が自宅下にやって来ました。


私にはパトカーに見えましたが、皆さんはどうですか?↓
そのLINE中に「今パトカー(の様な車)が来てる」と書くと、途端に頭部に強い電磁波を照射され、

「今頭に凄い攻撃」と書きました。

すると突然警察官の様な格好をした男性2人が、走ってパトカーの様な車に乗り込み急発進。


「猛スピードで走っていった」

「攻撃と書いたら、凄い勢いで」


とLINEに書き、証拠動画と写真を保存すると2台はまた直ぐに戻って来ました。


その時は威嚇の為なのか良く分かりませんが3人の警察官(の様に見える人)達がカメラ前で2時間ただウロウロとしていただけでしたので


「これではLINEハッキングを〇察が行っていると自白している様なものですね…」

と呟くと直後に検問の様な素振りを開始しました。


その後も、犯人の事を記録したり、ブログを書いていたり、ブログのコメントを記入していたりするとパトカー(の様な車)がやって来ているので、外での複数同時の遭遇率もさる事ながら、その条件確率は凄いものだと思います。


2016/12/11
この日の滞在時間は約2分です↓


写真に「LINEハッキング後の既成事実を作る為に防犯カメラに映りに来ただけなのか何もせず帰りました」と画像に記録すると暫く来なくなり、翌週になってまたお見えになります。

2016/12/17  0:13
部屋の照明を消してベッドに入った瞬間、検問の様な素振りを終了して帰りました↓


2017/1/7 3:55 今日の深夜
排気窓を開けっ放しなので夜中に寒さを感じて目を覚まし、暫くすると毒性の高そうなガス・薬剤を噴霧されましたので記録として自分から自分宛てにメールをし

「集団ストーカー組織に属した〇〇署員が犯人です」

と書き入れるとそのメールの最中にまたパトカー風の車がやって来ました。ハッキングも犯罪ですけど。

このミニパトの様な車は良く見るとサイドの文字が白っぽくなっているので、カメラに写らない様に敢えて白く塗り潰したのか、或いはこの検問行為自体が偽装の可能性もあります。もう少し分かり易い画像があったら後程アップしておきます。

↓追加画像。紙が貼られている様に見えます。


最近はミニパトの様な車でやって来る事が多いです。これは警察に行く道の曲がり角を突然封鎖したりする車と同じものでした。

また、以前の事もあってか最近は到着直後には検問(の様な事)を始めます。

今日はその(検問の様な行動の)最中にもエアコン又は照明器具から薬剤を掛けられた(いつも、その下を通った直後に薬の様な匂いと味がして、毒性の高い薬剤反応の様な症状が表れます)様で全身が痺れて呼吸が苦しくなりました。その後1時間程で彼等は帰りました。

ストーキングでは無いパトロールであれば日々危険と隣り合わせの自分としては大変有難い事であると感じています。

ですが、カメラ前で2時間立ち尽くす等の不審な行為ですとか、(自分から自分宛て)メールやLINE等に集団ストーカーや〇察がこの組織犯罪に関与をしているという内容を記録した直後に限ってパトカーがやって来るというのであれば、其れは集団ストーカー周知広告の内容が正しかった事を裏付ける事になるかと思います。


取り急ぎ記録します。


尚、私は今の自宅に10年近く住んで居りますが、此れ迄は検問はおろかパトカーすら通らない様な通りであった事と、警察に防犯相談に伺った後であっても、通ったとして1カ月に1回〜2回程度であった事を記載しておきます。

この件に関してはいつかもう少し詳しく書けたらなと思っていますが、これを書いている現在も攻撃を受け続けて居ります。

_______________________________________

再】防御対策について①②③

今回は、同じくテク攻撃被害を受けているWさんの各加害攻撃「防御対策」に関する記事を受けて、余り知識の無いままに自分が行ってみた防御法や感じた事などを少しまとめてみたいと思います。


テク攻撃に対しては色々と試してはみましたが数分~数日で突破されてしまい絶対に効果がありますと断言出来る物はやはり今の所はありません。2016/12/14を境に毒ガス・薬剤系の攻撃にシフトチェンジされている事もあって、電磁波についての防御は殆ど取り止めました。


↓通常のポット内部

↓何かを噴霧された後のポット内部
いつも若干ヌルッとした物が吹き付けられています

毒ガス対策は窓開け換気をしていますが、朝見てみると窓が閉まっていた事があります。

床上の巾木に小さな穴が空いていました↓

同じ様な箇所に空いていた穴。
塞いだ後です↓ヘタですが

全ての加害攻撃に対しても言える事ですけど、毒ガス・毒物や細菌類対策は何をやってもイタチごっこです。そしてその全てが傷害及び殺人未遂行為だと思っています。


※2016/12/14
「公安犯罪について」という、あるブログページをプリントアウトさせて頂いていていた所、全身が痺れる様なガスが部屋中に充満し、それ以降、頻繁に神経を麻痺させる様な毒ガスが出て来る様になりました。


再】防御対策について②

既に周知された内容を含みますので、散財してしまったかもしれない者の体験談として御参考になればと思います。

電磁波攻撃を受け始めた当初

先ずアルミシートで部屋を覆ったり布団の下に敷き、保冷剤を股間・頭部に乗せる等して防御をしました。胸や心臓への攻撃に対しては鏡を使用し一時的に攻撃を防いで居りました。


エコロガ製品類

その後エコロガの事を知り、以下の物品を購入し約二か月以上は毎日其れ等を身に付ける様になります。


アルミシートを挟んだエプロン

エコロガ電磁波シールド衣類

ベッドシーツ

シールドテント
(エコロガカーテン素材)

広帯域防護パネル

電磁波シールドテープ

↓簡単ですが防御に関する
それぞれの使用感です




最初は効きましたが数日で効果無し。効果がある攻撃と、鏡を突破する攻撃があるのだと思いました。(その攻撃種類が分かると良いのですが…)死に掛けた時、胸の上に置いた鏡の丁度心臓のある辺りの表面が丸く熱くなっていました。


アルミシート

最初はアルミを重ねる程効きましたが直ぐに効果無し。現在は殆ど効果無しの様な気がしています。(と言いつもおまじない程度にベッド脇には置いています)


広帯域防護パネル

50cmずつ2枚購入して
数日は効きました。


車乗車中も座面や背もたれから激しく攻撃を受けていたので、移動中も持参していました。車内での攻撃には効果があったと感じています。が、重量があり硬いので取り扱いには十分な注意が必要ですし、車中使用は絶対にお勧めは致しません。掲載されている物は全て自己判断でお願いします。


現在も就寝時に敷いていますが背中から胸へ突き刺す様な痛みがあったり、使用箇所が熱を帯びて起床時には吐き気がする等の症状がありますので、私への攻撃種類に対しては合っているかどうかは分かりません。


パネルの隙間に細い電磁波シールドテープを貼ると、胸の下と股間下部分の位置のみ一晩で黒くなってしまいました↓


凍った保冷剤

凍っている時のみ効果ありでした

頭部や股間に使用をしていたのですが11月でも早い時で10~15分で溶かされ、溶けてしまえば効果は無しです。

溶けてくる時にいつも感じるのは、沢山の小さな針でチクチクと細かく刺す様な痛みと、バーベキューの焼き串で股間をグサグサと突き刺す様な激しい痛みです。

注)↑当然の事ながら
寒い時期には絶対に
お勧めは出来ません。


シールドテント(エコロガカーテン素材)

定評のあるカーテン素材ですが、やはりこれが一番効果があった様に思います。しかし、床面からの攻撃は避けられません。


現在もこれは使用しています。


テントの骨組みは不安定と感じたので、自宅にあったキャンプ用のタープテントにシールドテント素材を被せて使用しています。奥に水色の影が少し見えるかと思いますが、これがアルミシートです↓


カーテン内から外部へのリモコン操作は不可でした。

床下からの攻撃に対する追加対策が必要であると思います。


電磁波シールドシーツ

現在も敷いて寝ていますが背中への猛攻撃も受けているので個人的な実感としては余りよく分かりませんでした。しかし、サラサラとした手触りで気持ちが良い事は確かです。アースが必要。

再】防御対策について③

誤解をされると困るのですが、これはあくまで個人の使用感です。

エコロガさんの商品を非難するつもりはありません。エコロガの回し者でもありません。

ただ私はもしも購入前にユーザーレビューがあったとしたら絶対に読みたかったと思いましたので実際に使用をした上での感想を述べています。
加筆終わり)

防御対策②の使用感と重複する内容を含みます。


エコロガ衣類

大変高価なのですが、当時は動く事も出来ないくらいでしたので少しでも効くならと、思い切って購入をしました。

着用した直後は皮膚表面のヒリヒリとした焼ける様な痛みにやや効果があった様な気がしています…


使用を停止したきっかけは匂い

「電磁波被害を受けている人は独特な匂いがする」という記事を見かけ「そんな事あるのだろうか?」とは思ったのですが、実際家内に侵入された際、何か臭いのするものを布団や衣類に付着させて行く等もされているので、ひょっとしてこの素材の匂いも何か関係があるのでは?と個人的に思う所があった為 使用を止めました。

現在も使用して居られる方には申し訳無いのですが、何度洗濯をしてもこの匂いは取れません。

自分には余り効果が得られ無い様だし、この匂いはちょっと好きでは無いな…と思った為その日からは着るのを止めました。

補足)
家庭で発生する電磁波用の品物の様ですので其れ等には効果があるだろうと思います。



攻撃開始9月頃から1か月半くらいの間は入浴時に多少の攻撃軽減を感じて居りましたので、その時点での水の効果はあったと思います。

しかしその後の11月は特に、お湯の入った浴槽内でも股間が数秒で腫れ上がる程の凄まじい攻撃を受けて居りますので、その時点でのお水の効果は全く無かったと言えます。

現在も時折浴槽内から電気風呂の様な痺れる感覚があります。


アルミシートと保冷剤について

股間)
私は股間への攻撃がかなり酷かったので、1ヶ月前まではショートパンツ3着にエコロガアルミシートを20枚重ね、エコロガ生地で包んだ保冷剤を2個挟んだ物を毎日着用して居りました。

ロングのスウェットパンツ2枚を3分割してショートパンツを3枚ずつ、計6枚を作り、3枚重ね履きをしていましたが、私の場合股間への効果は殆どナシでした。(このエコロガ衣類はSサイズでもかなり大きいので、これから買われる方はワンサイズからツーサイズ小さめの方が良いと思います)↓


アルミシートは使用し始めの数時間は効果を実感し、重ねる程に効果を得られたのですが直ぐに突破をされました。また、使用する程に火傷痕の様な症状が酷くなりました。


私の場合)症状悪化の原因はアルミ使用と複数攻撃の種類が逆に悪影響を及ぼしてしまったからの様に思います。



ですが、アルミにより防御が出来ていた照射種類もあったので、やはり適切な「併用防御」が大切な様です。



保冷剤は冷たくならない様に布で包む等の保護が必要ですが、この保冷剤との併用で痛みの軽減はかなり得られていたと感じています。

但し、猛攻撃を受けている時等は早い時で10~15分後には溶けてしまう程でしたので、かなりの量の保冷剤ストックが必要でした。


頭部への串刺し攻撃も酷かったので頭に保冷剤を乗せて過ごしていたのですが、電子レンジに氷を入れた時の様にみるみる溶けていきます。ミシミシ音を立てながら。

保冷剤は凍っている時はかなりの効果を実感出来ましたが、私の場合は少しでも溶けてくると効果は全くありませんでした。


胸)
胸の中央部への四方八方からの串刺し攻撃も凄まじかった為、エコロガエプロンにアルミシートを挟んだ物を就寝時も着用していました↓

しかし照射で胸は焼け付く様にヒリヒリと痛み、火傷痕の様なブツブツが出来てしまいました。これもアルミが逆影響を及ぼしてしまったからの様に感じています。

この痕はアルミの使用を停止して1か月が経ちますと(私の場合は)大分改善されましたが現在も火傷痕は残っています。



加筆)火傷の様な痕や湿疹は現在また酷くなっています。主な発生箇所は首筋、胸部中央、脇腹、背中、腰です。何なのかは分かりません。



胸には鏡も使用しました。鏡は最初の数日は効果を感じましたが、11/4に拷問を受けた直後、心臓の上に置いていた鏡を両親に確認して貰ったところ、鏡の表面が丸く熱くなって居りました。死に掛けたので効果があったとは言えません。


やはり併用が大前提

アルミで楽になる症状もあれば
火傷状態にもなる。
保冷剤を通さない。
お湯を通し、衣類は勿論、
鏡すらも貫通する。


これら全てに言える事はやはり
「一時的には効果が有り、直ぐに突破をされる」

「常に2種以上の対策を取らなければ生活すら出来ない」という事です。

この様な結果から、また体感としても一度に2~3種の複数攻撃をされていた様に感じています。

そして、エコロガさんの商品は用途によっては大変素晴らしい物だろうと思いますので「保冷剤とエコロガカーテン素材は個人的に効果ありと感じている」という事を特筆しておきます。

以上、藁をも掴む思いで飛び付いて散財した(かもしれない)者の体験談でした。今は殆ど使用していないので個人的には失敗談と言っても良いのかもしれません。

総括すると、やはりお金を掛けずに防御出来る方法を皆んなで模索して得た成果でなければ真に成功とは言えないな、という事です。

手痛い勉強をさせて頂きました。

あと、胸の攻撃を受けていた時の症状で《キュゥっと苦しくなる様な時》は温かいお湯を飲むと逆に楽になったかなと思います。

ハイテク攻撃にはカルムーンシートや鉄の箱に防御効果があると聞きました


分かりづらい内容で大変申し訳無いのですけど駆け出しの被害者による防御対策ですので、この中から少しでも参考になる事があれば良いなと思っています✨


今回は以上です
攻撃の種類が分かれば良いのですが…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再】過去記事② | トップ | 再】過去記事④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。