nizuブログ(・v・)

集団ストーカー 被害記録です。被害者の皆さん負けないで下さい。私も頑張るから。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再】過去記事⑤

2017-04-23 13:24:15 | 再投稿〕集団ストーカー被害記録
最近自宅に居ると頻繁に薬剤が出て来ます。
就寝中も薬剤噴射と、やはり床下から背中→膵臓や心臓に向けて串刺し攻撃です。照射後は打撲の様な痛み。そして、背中に何らかの照射の後は必ず口の中がとても苦いです。今度は何の攻撃なのでしょうね。2017/4/23

以下より過去記録になります。攻撃を受けながらの記録ですので文章がとても読み辛いかと思います。申し訳ありません。




再】集スト攻撃と前進
御訪問ありがとうございます

毎日多数の攻撃で、このブログを書いている時は必ず…、そして今も甘い匂いのする毒薬噴霧や神経ガス・催眠ガス・毒ガスが出て来ています。

休み休み書いているので更新が遅れがちではありますが、攻撃が続く限り集ストカテゴリに投稿を続けたいと思います。


自動車の運転

電磁波照射は昨年より大分弱まっていて、12月半ば以降からは毒ガス、毒薬、麻酔系薬、音波系、細菌系、就寝時の照射へと攻撃内容が変わって居り、日常の生活は何とか取り戻しつつあります。

毒ガスや毒薬噴霧など生命を脅かす様な攻撃には未だに身の危険を感じますが、電磁波照射で傷付いた身体は少しずつ動かせる様になって居る為リハビリも兼ねて車の運転をしてみる事に。私的にはかなりの勇気が要る事でした。此れ迄の攻撃内容から考えて、様々な妨害や、運転中の攻撃も覚悟しつつの乗車でした。 


集スト車に囲まれながら、
飛び出し多数


攻撃後 初の運転ですし、これは飛び出しや突っ込みには本当に気を付けなくてはいけない、と気を引き締めての運転。 

ですが自宅を出た直後から、隣人等が車スレスレに飛び出して来ます。対物センサーが反応しクラクションが鳴ってしまった程でした。

走行中も危惧していた通り
『脇道からの自転車飛び出し』や
『車の飛び出し割り込み』等が幾度もあり、前も後ろも集ストカーで囲まれている様でした(笑)違法行為を平気で行う集団組織です。


黒い警察官3人

帰宅途中、交差点対向車にはいつもの様に交通課警察車両が赤色灯を点けて居りました。

警察車両は先に4車線道路方向へと左折をし、私も同じ方向に右折をすると、曲がって直ぐ辺りの 対向車線側のセンターラインギリギリに 真っ黒のコートを着た警察官3人が立っていました。曇り空の夕方手前くらいの時間なのでとても見え辛かったです。

画が雑ですみません

黒い警察の3人は発光物を何も持たずに立っています。


ハザード無し・無灯火の 黒い乗用車を停めて話し掛けていた様なのですが、交通上危険行為と確実に言える程の距離、時間帯でした。

「ぶつかるつもりですか?危ないですよ?」


待機する消防車

その後スーパーに立ち寄るとそこにも構成員の方達が居りました。私がお店を出るタイミングの確認に何度も出入りを繰り返して居た様なので「また外に何かが待機してるのかな?」と思いながら会計。レジ脇には消防のポスターが貼ってあります。

「その通報、本当に必要ですか?」

(全くその通り)と思いつつ退店すると消防車が路肩に停まっていました(笑)

「その出動、本当に必要ですか?」

こんな所に、こんな事に、大事な血税が使われ、消防車両が国民に対するストーキングに利用されているとは呆れ果てました。

「うーん…これはまた、私が駐車場から出た時に発進するのかもな~」と思いながら駐車場を出ると、消防車に乗っていた男性3人が「あっ」と私の車を指差し、慌てた様にハンドルを切って発車しました。


(消防も関与する犯罪である証明です。滑稽ですね)


自宅に戻ってドライブレコーダーを見てみましたが、ファイルが壊れているらしく確認は出来ませんでした。しかしそれも1つの証拠です。


この日 一連の出来事もドラレコの遠隔操作や、ファイルが壊れている事を予め知っていたかの様な動員ぶりだった様に思います。




友人の事故

運転中の覚悟、についてですが、
実は昨年私が幼馴染みと連絡を取った数日後、彼女は事故に巻き込まれています。

集団ストーカー被害に遭ってから、自分の身の廻りでは毎日様々な偶然が重なっています。(先日「回数にしたらどれ位だろう」等と考えてみましたが1年の間で1,000回以上の偶然の重なりがあった様に思います)

電磁波攻撃が開始されて以降4か月、私の周りで起きた交通事故はこれで2件目になります。


その時友人は勤務中。
介護職なので利用者さんを病院にお連れしに行く最中の出来事でした。

彼女の車が前を行き、その後を利用者さんの車が付いて行くという状況です。とても細い道を走行中だったという事でスピードは殆ど出て居なかったそうです。

事故はその細い道を行った先の一時停止付近で起きました。友人が一時停止で止まり、発進しようとした時に脇から自転車に乗った御老人が突っ込んで来たそうです。

その時の車の画像を拝見しましたが、サイドドアギリギリの所に横から突っ込んで来た様な凹み痕がありました。

後ろを走行して居た利用者さん達も目撃をしていた様ですし、写真で見る限りは真横から突っ込んで来ているので、彼女に重大と言える様な落ち度は無いだろう…と思っていたのですが、後日聞くと相手の御老人がろっ骨を一本折ったという病院の診断書を出して来たらしく、骨折は重症扱いという事で罰金も含めてかなり厳しく処罰をされてしまいました。


ドライブレコーダー

この友人の件を聞き「自転車や歩行者が相手となると、例え横からぶつかって来たとしても加害者にされてしまう」法律なのだと知り、すぐにドライブレコーダーを取り付けました。

(自宅中の全ての場所に於いて盗撮監視が行われている様ですので、レコーダー取り付けは既に犯人等の知る所ではありますが、妨害工作抑止になればと思っています)




余談

車に乗ってみて気付いた事なのですが、運転席の座席シートの下のフェルト状の生地が切れていて、黒いビニールで保護された太いコードが出て来ました。

「これは何のコード?」と見ていると突然太ももに違和感。触ってみると太もも表面の感覚が広範囲に渡って無くなって居りました。暫く経って大分良くなって来ましたが、まだ皮膚表面の神経が通っていない感じです。

一体何が仕掛けられているのでしょう?

また、運転中もハンドルが突然クルクルと軽くなったり、エアコンから息苦しくなるガスが出て来たり、座席シートなど凡ゆる箇所からも刺すタイプの電磁波や、背中一帯に放射性の様な熱い照射をずっと受けていました。


自動車運転中の攻撃も
遠隔での殺人未遂行為だと思います


車の運転を終えて

運転…出来たー‼︎✨

電磁波拷問でヨレヨレになっていた頃の私を知っている 親や友人は本当に驚いていました。それ以上に、心から驚いている自分がいます。1か月半前迄は踏ん張って力を振り絞らなければ食事すらまともに出来なかった。我ながら凄い一歩なのですよ。今はその緊張感から開放され、達成感で一杯。

大なり小なり様々な妨害はありましたが、
またひとつ前進出来ました。




再】毒薬物攻撃激化

毒物薬物攻撃

兎に角あの手この手で何とか濡れ衣を着せようとしたりするなど、どうしても組織や地域犯罪に対する口封じをしたいらしく、ここ数日はブログに書く事も大変な程、工作活動が激化しております。


先日は朝のゴミ出しの日に私が出した可燃ゴミの袋の中に近所の住人が湿った塵紙を入れました。

私のゴミはこれ迄に防犯カメラ前で何度も盗まれている為、別カメラを回し、更にゴミ袋は他のゴミ袋の下の方に隠す様にして置いたのですが、その住人は他のゴミ袋を掻き分け、私のゴミを奥の方からわざわざ出して入れていました。

その湿った塵紙を直ぐに取り出すと薬剤の様な臭いがして居り、薬剤の種類に依っては犯罪行為ですね(笑)

ですが、それら工作に失敗をすると薬剤・毒物による攻撃を 致死量関係無く 闇雲に仕掛けて来ている様で、なるべく 口には入れない様にしているつもりなのですが、触ってしまったり等でかなり体内に摂取してしまいました。

最近ではサプリや常備薬の摩り替えに加えて、一口食べただけでも全身が脱力して痺れる程の薬剤がお水や殆どの食品に混入されている様で結構大変です。これらは購入時点で既に混入されていた様で、スーパー店員は犯罪加担という事ですね。


操作されるカメラ

就寝中にも背中から心臓や左側頭部、後頭部への電磁波レーザー照射の様な串刺し攻撃が常に床下から加えられており、様々な対策は施して居りますが心臓や内臓への音波系の攻撃も相変わらず行われています。ベッド周りには壁のコンセント穴から恐らくファイバーの様なものを通して、そこから出て来る甘い香りの薬剤を吹き付けられる為かなり息苦しいです。

カメラもあちこちに取り付けましたが、映像が(遠隔操作だと思うのですけど)途中で切られているのでどうにもなりません。

様々な機器が日常的に遠隔で操作をされる様な状況になっています。

あちこちのドアにテープを貼ったり等、色々とやっては居るのですが、換気扇からも風が吹いて来ますし、エレベーターのからは、時折土埃の強風がヒューヒューと吹いて来ています。土埃の様な匂いのする冷たい風で、これを数分吸い込むと気管支がやられ、声が出なくなります。

3階部分のエレベーターシャフト内奥の壁には穴が数カ所開いていて、そこが身体に害のある風が出て来る経路の一つなのだと思いました。(他にも鉄材のスリット柱が切られている箇所などもあります)

↑加○者側 Mビルテクの手


これを書いた事によりまた状況が変化するかもしれませんが。


ポスティング断念

ところで、先日ある組織から集スト犯罪周知のポスティングチラシを預かりました。何とか配布出来る様になったら私も頑張ってみよう、と思っていたのですが、攻撃内容はかなり激化している為、色々な方に相談をしてみた所「同じ集団ストーカー被害でも、今の攻撃はチラシの枠を超え 完全に生命を狙った猟奇的内容」「今撒くのはやめた方が良い」等の助言を頂きました。私も今の所は身体が持たず、現状としてかなり厳しくなっている為ポスティングは断念します。

知りたい方には直接御説明をさせて頂こうと思っています。




再】攻撃回避ならず
1/29
昨日は幼馴染みと自宅での薬剤攻撃回避を兼ねて「とにかく出た方が良い」と食事をしに出掛けました。


お店の外には、以前にも何度か会った事のある 警◯公〇の(様な)方がウロウロとされて居り(そうか、犯行隠しの為にはこの様な所にまで来るのですね)と思いつつ、店内へ。


店内に入ってからも窓の外には ◯価組織の方なのか自称なのか『防犯パトロール』のタスキを付けた 奇妙な女性達 6〜7人がずらずらと歩いて居られました。


そこでは2人の女性店員さんの行動もかなりおかしく、食事中にも背後からの攻撃を受け、店内で出された食べ物を口に運ぶ度に何故か朦朧とし、毒薬攻撃の症状が出てしまいましたので「ここもダメだね、もう帰ろうか」と席を立つと、偶然にも知り合いの方が傍に居られた様で、その同席の方に引き留められてしまいました…。

なのでお邪魔かと思いつつも少しだけ席に着かせて頂く事に。

※突然(一応、集スト被害者としてブログを書かれている方のHN)◯◯◯さんですか⁈と大声で間違われてしまったので ; 大変驚きつつも 違います…;とお答えしました。


「名前を書いて!」とノートとペンを差し出されましたので(え?何故⁈)と思いましたが、大騒ぎをするので仕方なくHNを書いておきました…。人に名前を訪ねておきながら御自分は名乗らないという非礼さだけでもこの方がどの様な方なのかは分かります。(K関係はやっぱり頭のおかしい方が居るのですね…)と思いつつ、一応書きはしましたが、手荒れの影響で文字は分かり辛かったかもしれません…。


しかしその席でも、同席の方が床に置いていたリュックの辺りから何故かまた 電磁波攻撃 を受けてしまったのです。(真顔→笑顔→真顔→笑顔を繰り返すという顔芸を交えた特徴的な話し方を為さるお方でした)

この電磁波は何なのだろう…?何故加害者が居る筈の無いこの席でも?と不思議に思いました。

彼等には色々と聞かれましたので 本当かどうか?話の内容は適当なものにしておきました。

薬剤攻撃の影響もあったので10分程度で席を立ち、出ようすると、床荷物の持ち主と思われる方が突然グッと肘を突き出され、私の腰の辺りにゴツっと当たりました。

やっぱり加害者さんが同席されていたのですね。

咄嗟にその加害者さんの顔を見ましたが、真顔のまま肘を退けようとも為さらない礼儀の無い方の様でしたので無視して退店致しました。大声で名前を書かせた方と同様に、あちらの組織の方は精神的に異常な方が本当に多い様に感じます。

(このお2方は頻繁に店外へと連れ立っていました。お二人共スーツケースにリュックと荷物が大変多く、本当に仲が良いのだなぁと感じました)


(๑ ́ᄇ`๑)外に出て幼馴染みの車に乗り込むと 今度はETCが大きなエラー音を発しています。「こんなの初めてだよー」「ほんっとに色々凄いねー」と笑って居りました。

その後は食材の買い出しなどを友人に手伝って貰い、週スト徘徊を交わしつつ帰宅をしました。

帰り際、私は薬剤攻撃による猛烈な脱力感に襲われていたのですが、幼馴染みも巻き添え被害を受けてしまっていたらしく、2人揃って「疲れたね…」と同時に呟いてしまいました。

攻撃は自宅でも続き、〇価学会系 〇安〇察主犯の記事等を読んで居りますと本日も防犯カメラが断線し、それから数分後には毒ガス不完全燃焼の様な煙たい臭いと、薬剤を燻した様な臭いで またもや部屋が充満しました。

丁度LINE中でしたので、その事を記載すると直ぐに攻撃は止まりましたが、毎日、 〇価系 〇安〇察の記事に触れる度に毒ガスや毒薬が出て来るという条件確率は やはり凄いな、と思いました。




iPhone不正アクセス

アパート一階ホール部分の清掃に入る時、周囲を○察、組織的犯罪者達が彷徨く中(私からすると、彼等には何度も殺され掛けているので殺人未遂犯が彷徨く中、です)

○階の構成員に冤罪工作をされない様に防犯カメラ+iPhoneで掃除のビデオ撮影をしながら入るのですが、これ迄90%の確率でiPhoneを遠隔操作され、何度も録画を停止され、何度も電源を切られました。(冤罪工作回避の為、現在は別のカメラで撮影をしながら掃除をしています)

iPhoneの電源が切られるタイミングは決まってこの清掃時と、パトカーが現れる直前です。○察犯罪ですから仕方無いですね。

今回は以上です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再】過去記事④ | トップ | 再】過去記事⑥ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

再投稿〕集団ストーカー被害記録」カテゴリの最新記事