M・フリードマン死す

先日(11月16日)経済学者M・フリードマンが死去した。

ノーベル賞を受賞し、米国はじめ各国の経済政策に大きな影響を与えた米経済学者ミルトン・フリードマン氏が16日、米カリフォルニア州サンフランシスコの自宅で死去した。94歳。
 財政で経済成長を促すケインズ学派に対抗、通貨供給など金融調節による政策運営を提唱した「マネタリスト」の巨頭。自由な市場構築に向けた規制緩和や減税による「小さな政府」の理論的な支柱となり、その学説は故レーガン大統領ら歴代の米共和党政権、英サッチャー政権の経済政策、日本の行財政改革などに反映された。
生徒が学校を自由に選べる「教育バウチャー制度」も提唱した。
ニューヨーク市出身。コロンビア大で博士号を取得、シカゴ大教授などを務めた。1957年に「消費の経済理論」を出版。将来にわたり恒常的に得られる所得予想に基づき消費は行われるとし、財政出動による一時的な所得上昇の効果は限定的と主張した。
このほか、「資本主義と自由」(1962年)、「選択の自由」(80年)などで市場の重要性を唱え、民間企業の力を引き出すため政府に規制緩和を求めた。
1976年に金融理論などへの貢献でノーベル経済学賞を受賞。大統領選でニクソン氏に協力したほか、レーガン大統領の経済顧問を務め「レーガノミクスの生みの親」と言われた。
1986年に日本政府から勲一等瑞宝章を受けた。(2006年11月17日17時55分 共同)

「私は自由主義者として、もっぱら所得を再配分するための累進課税については、いかなる正当化も認めることは出来ない。」
「私に最良と思える個人所得税の構造は、ある免税点を越える所得にたいする均一率の課税である。」
「食品や医薬品に対する安全規制は技術進歩を遅らせることによって社会に弊害をもたらす。」
「最低賃金法が雇用を疎外している。」
「資本主義の世界では、儲かる時に儲けるのがジェントルマンなのだ。」

で、このオッサンの弟子たち(シカゴボーイズ)がやったこと。


1973年、チリでCIAの支援による軍事クーデターが発生します。アウグスト・ピノチェト将軍は、民主的に選出された左派大統領のアジェンデ大統領を含め7000人以上もの市民を虐殺し政権を奪取したのでした。
ピノチェト将軍によるチリの市場原理主義革命の実験を担ったのが、マネタリズムの教祖であるシカゴ大学のミルトン・フリードマン教授とその弟子たちでした。そして、フリードマンはチリでの実験の「成功」とされる怪しげな物語を踏み台にしてその権威を高め、ノーベル経済学賞も受賞し、ついにレーガン政権においてその教義を米国でも実施させることに成功したのです。以来、ウォール街・IMF・米国財務省は、フリードマンの教義を強制的に世界に広め、今日における世界の惨状を生み出したわけです。 (『金で買えるアメリカ民主主義』グレッグ・パラスト著より)

より具体的には・・・
価格規制の撤廃、関税引き下げ、貿易の自由化、税制のフラット化、財政支出の削減、公的年金や医療保険の民営化、最低賃金の撤廃、労働組合への弾圧、労働規制の緩和、外資規制の緩和、金融取引の自由化・・・などなど

その結果・・・
ピノチェト政権下で人口に占める貧困者層の比率は大きく増え、好景気であった87年でさえ、45%、国民の半数近くが貧困層になった。最下層20%と最上層20%の所得格差は軍政以前、12倍であったものが20倍以上に拡大した。一部の富裕層と外国資本が莫大な富を得ることに成功した。

89年にピノチェト軍政が終焉し(シカゴボーイズ逃走)、新政権(コンセルタシオン)により以下の政策が実行された。

社会支出を5年間で50%も増額し、教育助成金の引き上げ、学校給食制度の充実、高齢者向け福祉年金の充実、低所得者向けの住宅援助、労働組合の結成の自由、標準労働時間の短縮や最低賃金の引き上げ、配当や利子への累進課税の導入、脱税の徹底的な取り締まり。

で、結果・・・
90年〜98年の経済成長率は年平均で7.8%を記録し、貧困層は22%に半減し、所得格差も23倍から15倍程度まで改善された。(『悪夢のサイクル』内橋克人著 参照)

日本のシカゴボーイズと言えば今は(政権に)亡き竹中平蔵であるが、コイツに今後は注意しなければならないだろう。
まだまだ、闘いは続くぜ。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 10 )
« まだまだ あした来る彼女(... »
 
コメント
 
 
 
絶えない反・新自由主義の波 (これお・ぷてら)
2006-11-24 16:55:42
「美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・」さん、はじめまして。
これお・ぷてらと申します。

TB有難うございました。たまたまでしょうか、同じ人物を私も取り上げていました。この巨人の死でもって、新自由主義もおしまいにしたいものですが・・・
とはいえ、世界に目を転じるととくに中南米の反・新自由主義の波が絶えないようです。
「誰のための改革か」。これは今日、たいへん重い言葉となりました。
今後ともよろしくお願いします。
 
 
 
管理人 (nizan)
2006-11-24 23:52:49
これお・ぷてらさん、コメントとTBありがとうございます。こちらこそはじめまして。
マスコミはなぜ、フリードマンを批判的にもっと取り上げないのでしょうか。
貴ブログは以前から読んでいました。これからもよろしくお願いします。
 
 
 
日本は反ケインズ主義と戦うことが喫緊です (神州の泉)
2006-11-26 17:38:01
 ミルトン・フリードマン。まったく困ったおっさん
でしたね。この世界はありとあらゆる多様性に満ち、
それぞれの国家は固有の文化や伝統に生きています。

 それを、バクチ的な金の横行する市場性だけに特化
して、その他の価値や有用なものが排斥されていく世
界。これはフリードマンが世界の歴史に与えた悪影
響でした。

 日本もケインズの有効性はとっくに過ぎているとい
う言い方が蔓延していますが、これこそ新自由主義世
界統一宗教の陰謀です。フリードマンはカルト宗教の
教祖でした。その洗脳から覚めないと日本も他の国々
も幸せにはなれません。
 
 
 
内橋さんの本を読んでいるところです。 (とくら)
2006-11-26 19:39:42
It's going away...って?
 
 
 
管理人 (nizan)
2006-11-28 00:46:51
神州の泉さん、コメントありがとうございます。
なるほど、フリードマンはカルト宗教ですか。為政者は国民の洗脳を解くどころか、増々ある方向に洗脳しようとしているかのうですね。


とくらさんへ、英語を私に聞かれても・・・(笑)。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
 
 
タウンミーティングやらせ問題の責任は明確にしてください。 (とくらBlog)
 津久井進の弁護士ノートさんからTBいただいた11/22 教育基本法「改正」を考えるシンポ@兵庫県弁護士会は、今日、11月22日午後5時30分から,兵庫県弁護士会館であるそうです。参加するには少し遠いし、もう始まってしまっていますね。でも、一応 ...
 
 
 
ミルトン・フリードマンと宇井純の死去 (代替案)
 私もこのブログでたびたび批判してきたマネタリズム(=市場原理主義)の教祖ミルトン・フリードマンが11月16日に94歳で亡くなりました。もっとも日本においては、「フリードマン死すとも、その影響力は死せず」という状況です。「フリードマンの遺産」に今も世 ...
 
 
 
2人の外国人 −巨星落ち、新星誕生す (花・髪切と思考の浮游空間)
18日付の新聞各紙は2人の外国人の記事を掲載した。一人は政治家であり、いま一人は経済学者である。ミルトン・フリードマンが死去した。小泉の「構造改革」によって新自由主義という言葉が超・熟した言葉になったが、フリードマンはいうまでもなくその新自由主 ...
 
 
 
「愛国心教育法」に反対する・その他雑感 (華氏451度)
 今週はやけに仕事が忙しい。さらに休日の今日は地元の小さな会合の手伝い(下働きの雑用)をしていたので、肉体的にえらく疲れた。チョッピリずつ酒飲みながら仕事の資料を整理しているうちに酔い、酔った紛れにメモを残す――。  〈愛国心教育法〉 &nb ...
 
 
 
「敵をつくる」という企て (華氏451度)
〈集団は敵の存在によって結束する〉  組織なり集団なりの結束を固めるのに、「敵を作る」という方法がある。もう少し穏当な?方法としては「ライヴァルを作る」。学校対抗のスポーツの試合などがあると、「○○校に負けるな」と燃え、みんな結構、愛校者にな ...
 
 
 
何にも縛られちゃいない だけど僕ら繋がっている (Step by Step)
秋から冬にかけての気温が徐々に下がっていく季節は,どうも苦手だ.そういう風に思い込んでるからそうなるんだ,とスーパーな上司は言うが. 先週も,ニュースではいじめの問題や若者の貧困の問題を取り上げていて,そういう問題の渦中にいる人から比べれば,今 ...
 
 
 
荒らし対策のためにも、バーナーを活用しましょう! (嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館))
 リンク付きの主張バーナーは、こちら側の主張やスローガン等を、わかりやすく読者に伝えるというだけでなく、ネット厨房・チンピラ(いわゆるネット右翼)などの荒らし対策としても、そこそこの効果を発揮するようなので、他の
 
 
 
「りそな銀行、自民党への融資残高3年で10倍」のニュースに衝撃をうけました。 (とくらBlog)
 脱力している場合じゃない、と思わせてくれるニュースがありました。りそな銀行、自民党への融資残高3年で10倍。昨日、ここまで書き、下の引用部分だけコピーして、非公開にしていたのですが、家に帰ってゆっくり新聞記事を読んでみて、びっくりしました。こ ...
 
 
 
貿易が好き (貿易が好き)
航空法(株主の1/3)全日本空輸(ANA)スカイマーク日本航空(JAL):持株会社も同法で適用を受けるNTT法(株主の1/3)日本電信電話(NTT)電波法、放送法(株主の1/5)フジテレビジョン(CX)スカイパーフェクト・コミュニケーションズスペースシャワーネットワークWOWOW東京放送(TBS)...
 
 
 
『悪夢のサイクル』 (喜八ログ)
内橋克人著『悪夢のサイクル』というタイトルは「ネオリベラリズム・サイクル」を意味します。と言っても経済用語に不案内な多くの方は「なんだそれ?」となるのではないでしょうか。そもそも「ネオリベラリズム」の部分で「???」となりそうですね。