贋作 泣いた赤おに

とある村に若い赤おにがたったひとりで、住まっておりました。
その赤おには、絵本にかいてあるようなおにとは形、顔つきが大変違っていました。むしろ人間にそっくりの姿をしていました。
ほんとうに、その赤おにはほかのおにとは違う気持ちを持っていました。
「私はおにだが、おにどものためになるなら出来るだけよいことをしたい。いや、そのうえにできることなら、人間たちの仲間になって仲良く暮らしていきたいな。」
そこである日、赤おには自分のアパートのドアに立て札を立てました。

「ココロノ ヤサシイ オニノウチデス。
 ドナタデモ オイデクダサイ。
 オイシイ オカシガ ゴザイマス。
 オチャモ ワカシテ ゴザイマス。」

しかし、人間はだれも相手にしてくれませんでした。途方にくれていると、仲間の青おにがやってきました。
「赤おにクン、きみは人間と仲良くなりたいのかい。それならいい手がある。普通の手段ではだめだ。ぼくが人間の世界でひとあばれするから、そこにひょっこりきみがあらわれて、ぼくのあたまをポカポカなぐる。そうすれば人間たちは、きみをほめたてる。ねえ、きっとそうなるだろう。そうなれば、しめたものだよ。安心してあそびにやってくるんだよ。」

「ふうん。うまいやり方だ。しかし、それではきみにたいしてすまないよ。」

「なあに、ちっとも。なにかひとつのめぼしいことをやりとげるにはきっとどこかで痛いおもいか、そんをしなくちゃならないさ。誰かが犠牲に、身代わりになるのでなくちゃできないさ。」
なんとなく、もの悲しげな目つきをみせて、青おにはそう言いました。

赤おには、考え込んでしまいました。犠牲という言葉にひっかかりました。
「青おにくん、だめだよ。誰も犠牲になったらいけないし、やはり人間の世界であばれるのよくないよ。」

赤おには青おにを説得し、その件はいったん沙汰止みになりました。

しかし、しばらくして青おにの姿はその村から消えてしまいました。心配した赤おには青おにのアパートをたずねてみました。ふと、気がつくとドアに張り紙がしてありました。

「赤オニクン ニンゲンタチトハ ドコマデモ ナカヨク マジメニ ツキアッテタノシク クラシテ イッテ クダサイ。シカシ ボクハ ニンゲンヲ シンヨウデキマセン。ソンナカンガエノ ボクト ナカヨクシテイタラ キミマデガ ウタガワレマス。 ダカラ ボクハ コノムラヲ ハナレマス。ソシテ ニンゲンノセカイデ ヒトアバレスルコトヲ ジッコウニウツシマス。 キミガ トメニハイレナイ トオクノ バショデ。」

その村では、正規労働者を『人間』と呼び、非正規労働者を『おに』と呼び差別していたのです。

赤おには、黙ってそれを読みました。二度も三度も読みました。ドアに手をかけて、顔をおしつけ、しくしくと涙を流して泣きました。

 胸にしみる空のかがやき
 今日も遠くながめ涙を流す
 悲しくて悲しくてとてもやりきれない
 このやるせないもやもやを誰かに告げようか

 白い雲は流れ流れて
 今日も夢はもつれわびしくゆれる
 悲しくて悲しくてとてもやりきれない
 この限りないむなしさの救いはないだろか

 深い森の緑に抱かれ
 今日も風の歌にしみじみ嘆く
 悲しくて悲しくてとてもやりきれない
 この燃えたぎる苦しさはあしたも続くのか

 『悲しくてやりきれない』 より

そして、涙も涸れ果て・・・、
以来、赤おには泣くことばかりでなく、笑うことも、怒ることもなく、感情のない能面のような人間でもないおにでもない一個のガランドウになりました。

シホンカやイセイシャにとって理想のガランドウになりました。

◆◆◆◆

 過去エントリー 『二つの死に方
         『はやくきてくたされ
          『内向と暴力

◆◆◆◆

 参照 労働者派遣法の歴史

1985年(中曾根康弘内閣)派遣法が立法される。
1986年(中曾根康弘内閣)
 派遣法の施行により、特定16業種の人材派遣が認められる。
1996年(橋本龍太郎内閣)
 新たに10種の業種について派遣業種に追加
 合計26業種が派遣の対象になる。
1999年(小渕恵三内閣)
 派遣業種の原則自由化(非派遣業種はあくまで例外となる)
2000年(森喜朗内閣)
 紹介予定派遣の解禁
2003年(小泉純一郎内閣) 
 例外扱いで禁止だった製造業への派遣解禁。
 専門的26業種は派遣期間が3年から無制限に。
 それ以外の業種では派遣期間の上限を1年から3年に緩和。
 但し、製造業は施行後3年間は1年が上限。
2004年(小泉純一郎内閣)
 紹介予定派遣の受け入れ期間最長6ヶ月、事前面接解禁
2007年(安部晋三内閣)
 製造業の派遣期間が3年へ
 
コメント ( 3 ) | Trackback ( 17 )
« 御手洗氏、参... どうぞ、スポ... »
 
コメント
 
 
 
おかえりなさい。 (定年者)
2008-07-06 07:57:26
ずぅっと待っていました。
 
 
 
管理人 (nizan)
2008-07-08 00:50:21
定年者さんへ、
ただいま。
 
 
 
深謝 (ricanikanmuri)
2008-09-05 11:51:57
良いお話を読ませていただきお礼の感謝の言葉もございません。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
 
 
怒りより絶望にむかってしまう ガランドウの一歩手前 (とくらBlog)
 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・さんが、ほんとに久々に、贋作 泣いた赤おにをTBくださって、nizanさんらしいね、と思ってものすごくうれしかったのですが、「過去エントリー」まで読み進んでしまい、またまた落ち込んでしまいました。“怒る”力も奪わ...
 
 
 
「ルポ 貧困大国 アメリカ」 著(堤 未果) 岩波新書 (ファミリー メンタル クリニック)
先日間違って同じ本を3冊買った。その際に一緒に注文した本がこの本。 堤さんについてはアメリカ社会を記した著書があることはどこかのblogで読んで知っていた。 貧困大国アメリカのビジネスシステム amazon.com は実に素晴らしい(もちろん皮肉も含んでいるが) これ...
 
 
 
再開52回目 死刑についてのアンケート (ネトウヨの呟き ~気ままにつれづれ~)
 ようやく形になりました。  死刑についてのアンケートを実施します↓ 死刑についてのアンケート http://enq-maker.com/fToc6d9  死刑についてどう考えてるのか。  最近の事件や判決なども少しばかり混ぜて質問します。  あなたの考えを、ほんの少しでいいのでお...
 
 
 
好き嫌いを言っている余裕なんかない。 (とくらBlog)
 植草一秀さんがブログを始められて、注目していますが、自民党が恐れる最大の存在は小沢一郎民主党代表であると書かれたとき、そのとおり!と思いました。心の底から政権交代が必要だと考えているなら、自公政権がいちばん嫌がることをしなければいけない、と思っていま...
 
 
 
タガタメを聴いて (はじめの一歩)
事件の詳細を知ろうとはしないようにしています.知ることによって誰かに,また何かに
 
 
 
「今は党員として胸を張って歩けない」という悲しい声は・・・ (とくらBlog)
 自民党の政策は「党員として胸をはれない」と支部が解散という記事については、とむ丸さんが、すでに取り上げられていますが、さきほど、長野のこば☆ふみさんからお電話をいただき、とくらさんも書いて広く知らせて、と熱心に言われるので、私もこのことを書いておきま...
 
 
 
「15年間保有義務の相続税・贈与税のかからない無利子の100年国債」の発行(田村正勝氏) (とくらBlog)
 暑いですね~。書中お見舞い申し上げます。  昨年の参議院選挙の時もこんなに暑かったのかと、あらためて振り返ってしまうのですが、こんな暑い日々に、多くのみなさまに動いていただいていたのかと思うと、ホントにありがたい、ホントに申し訳ない、と胸が熱くなって...
 
 
 
国民のために「構造改悪」の修正を競え! (とくらBlog)
 手ごわい内閣が誕生したと思います。  小泉的なものがまったく排除された内閣で、“従来”の自民党が復活しつつあると感じました。それは“古い”自民党かもしれないけれど、安心感があると感じる方も多いのではないでしょうか。小泉・安倍政権は、国民的な人気がある...
 
 
 
再開宣言。その前に……マジで死にかけました(大汗 (嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館))
 子路(komichi)です。  読者の皆さん、どうもお久しぶりです。  そして、2ヶ月以上も更新を止めてしまった上、せっかくいただいたコメン...
 
 
 
過労で死にそうになりました……(前編) (嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館))
 前回の再開宣言記事にて私は、「マジで死にかけました」と書きました。  あれは嘘ではありません。  誇張でもありません。  冗談でも...
 
 
 
過労で死にそうになりました……(中編) (嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館))
 前回記事にて、前の勤め先である会社から過酷な労働条件下で働かされ、そのあげくに過労と熱中症で倒れてしまったことについて話をしまし...
 
 
 
民主党は生まれ変わって、『減税』やってみろ!としつこく書いておきます。 (とくらBlog)
 2006年4月に行われた民主党の党首選の頃に書いた民主党は生まれ変わって、『減税』やってみろ!で、朝、民主党の党首選挙にチャレンジしたいとテレビでぐちっている河村たかし議員は、民主党が掲げるべき政策として、庶民の味方となり減税をやってみろって言われて...
 
 
 
調整が困難でも、派遣可能職種を「専門職に限る」派遣法改正へ動いてほしい。 (とくらBlog)
 今日は、これから宇部に行きます。そのあと、徳山でも、懇親会があるので、太らないように注意したい!(←リンク先は、最近の私の状況です。17日に書いたのですが、今日、非公開チェックをはずしました。)  8月3日に書きかけにしたままだった派遣法改正につい...
 
 
 
与党も野党も『小泉的なもの』を総括せよ! (とくらBlog)
 昨日は、新南陽ふれあいセンターで、山口1区予定候補のたかむら勉さんを囲んで、意見交換する会がありました。  参加された方から、「民主党は、まだイラク戦争に対する対応についての総括ができていない。小泉内閣の時代にアメリカに追従し、今のような日本になって...
 
 
 
植草さんのブログは無事でしょうか?(金融機能強化法案に関連?) (とくらBlog)
 (いきなり最初に追記です。すみません。午前4時)私の取り越し苦労みたいなので、明日には復旧するらしいです。(ヘンリー・オーツさんのところのコメント欄に植草さんからコメントがあったそうです。)  (以下、本文です。)  今日の麻生さんの記者会見には...
 
 
 
アメリカ大統領選、愛宕山開発事業、沖縄返還密約文書情報公開請求 (とくらBlog)
 もうすぐ、アメリカ大統領選挙の結果が出ます。少しわくわくしてしまいます。  その結果は、日本の政治にもかなりの影響が出ると思いますが、日本のテレビのトップニュースは、小室さんの詐欺事件。ふぅ~。これまでのいろんな事件報道から、「・・・と言っている。」...
 
 
 
人類が苦難を経てやっと得た、未来を照らす松明をかかげながら (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
当秘書課広報室、2009年の仕事始めです。 残念ながら、昨年2008年はひどい年でした。 新自由主義、アメリカの軍事的覇権主義に全世界が翻...