ナショナリズムはちんぽこである

とくらBlogさんが大好きな
ナショナリズムはちんぽこである論に賛同します。
私がこういうネタを見逃すはずがない!!
ナショナリズムは ちんぽこ である。

ナショナリズムについて語る愛国者は、語れば語るほど、男が誰にともなく自慢する(誰にともなくというのがとても重要。もちろん自分に言い聞かせているのだ)「オレのちんぽこは大きいぞ」とか「オレのちんぽこは大きくはないが硬いぞ」とか「オレのちんぽは古いぞ」とか言っているのと変わらないということ(ちなみに、順にバブル期、バブル崩壊後、プチ・ナショナリストの台頭に対応する)。それに応えるように姜尚中が「オレのちんぽこは繊細」という例を出し、やはりここは爆笑。(誰かの書評より)

私も以前から感じてはいたが、マッチョでナショナリストばやりな日本や日本人には違和感がある。政治家で言えば、小泉氏であり、麻生氏であり、なんと言っても安倍晋三氏や石原慎太郎氏がその代表であろう。私は彼らがちんぽこの自慢合戦をしているように見える。私が好きなのは、政治家ではないが、美輪明宏氏であったり、おすぎとピーコであったり、橋本治氏であったり、一見オカマな人々である(ホントにオカマかもしれないが)。田中康夫氏も喋り方がカマっぽいが赦す。俳優で言えば、アーノルド・シュワルツネッカーやシルベスター・スタローンより、優しげなトム・ハンクスやサム・シェパードが好きである。後者の方が知性を感じるのだが、みなさんは如何だろう。

ナショナリズムは社会小児病である。― べネディクト・アンダーソン
ナショナリズムはちんぽこである。― とくらBlog

ナショナリズムはちんぽこであるブロガ―同盟を、とくらBlogさんが立ち上げても何の不思議もない。
あなたしか、あなたしか、あなたしかいない。

ちなみに私のちんぽこは◆〇★△である。

ネタでシャレだから、怒らないように(笑)。本日はこんなところです。

【追記】このエントリーにコメントを下さる男性読者は、
     私のちんぽこは○○○である。と必ず書くように。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 8 )
« 酔っ払いのつ... あした来る彼女 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (とくら)
2006-01-12 12:27:11
昨日、飲みに出ていたので、携帯で読んで大笑いしてしまいました。はじめの一歩さんのところでのコメント、見つかってしまいましたね。(笑)ということで、今日はちょっと二日酔い(最近、めずらしい)なのですが・・・。



口に出すのは恥ずかしいと思って、書くのをやめていたのです。でも、また読みに行くと、なんだかおもしろい表現だな、と思ってしまい、特に「繊細」ってうまい表現、とかひとりで感心していたので、どうしても、誰かに言いたくて、ついつい書いてしまいました。



ナショナリズムはちんぽこである同盟ブロガ― は、ナショナリズムはちんぽこであるブロガ―同盟のことでしょうか?とつっこみをいれつつ、



あなたしか、あなたしか、あなたしかいない。



と言われても、昨日、いっしょに飲んでいた友達から「また、そんなこと書いて。イメージがこわれる!」と言われたので、たちあげはご辞退します。(笑)

もともと、こういうイメージ(日頃の私そのままの地をだして)でやってるけど・・・。とその時は答えましたが、やはり、ここによく集まるスケベ(?)な男性たちといっしょにされるのも困るし、実は男の人だと誤解されたらどうしよう。お玉おばさんでも実は男の人でしょ、とかよく誤解されているし・・・。と かわいいことをさりげなく言っておきましょう。



私がこういうネタを見逃すはずがない!!



に大爆笑でしたが、後半まじめな部分もきちんと読みました。それで、本当にナショナリズムを「ちんぽこモデル」で語るのはおもしろいなぁ、と思うのですが、本を読んでみようかな、と思ったくらいです。



 
 
 
つづきです。 (とくら)
2006-01-12 12:35:35
この本を読んでみたいと思ったのですが、この誰かわかりませんが、書かれている感想もおもしろいです。下に転載しておきます。



男性が、自分のちんぽこを威張り出すときというのは、やはりロクでもないときであって、森巣博が語るように「ちんぽこの大きさや硬さなどどうでもよろしいと、いい歳したオッさんたちがなぜ気付かないんでしょうか。やはり自信がないんですなぁ」ということなんだろうと思う。でも、姜尚中が、その後に、しかし、最近のナショナリストの言説はそういうちんぽこの大きさや硬さがどうでも良いことが判っていて、なおかつ、そのことを語るということがあって(つまり幻想であることは判っていて、なおかつその幻想を強化しようとする立場)、なかなか手強いと語っているのが流石だ。

 
 
 
Unknown (お玉おばさん@ビール飲んでます~~)
2006-01-12 18:55:21
あかん・・大笑いしてしまった・・

あの・・この記事をトラックバックしたいブログいっぱいあるよ。(^^)



>やはり、ここによく集まるスケベ(?)な男性たちといっしょにされるのも困るし、実は男の人だと誤解されたらどうしよう。お玉おばさんでも実は男の人でしょ、とかよく誤解されているし・・・。



こんなところにコメント書いたらまた疑われるじゃないの。いや~~~もう!



nizanさん、あともちろん三輪明宏さんも入れてね。



んで、男性ブロガーは書くのに勇気いりそうね・
 
 
 
私のちんぽこは左曲がりである (はじめの一歩(男))
2006-01-12 21:22:49
ったく,知らない間にコメント欄から始まって....とくらさんには前まで女性と思われていたようですが,男性でありますので nizan さんの指定通りにタイトルとさせていただきました.そもそも男が誰にともなく自慢するって,少なくとも私のまわりではいません.なので読んだ時は,なかなか面白いと思ったけど喩えとしてはどうかなぁとも思いました.それよりも姜尚中さんが繊細と言って答えたということのほうが面白い.彼,かなりいい声だし,ってどういう意味でしょう.
 
 
 
管理人 (nizan)
2006-01-12 23:44:21
はじめの一歩さん、

大胆な発言ありがとうございます(笑 ひー腹痛ぇ)。

とくらさん、

ご指摘ありがとう。語順間違ってました。このネタでの深い考察が必要なようですね(笑)。

お玉おばさん、

リクエストにお応えします(笑)。

 
 
 
あー、すっきりしました (daru)
2006-01-13 10:21:06
nizanさんのこの思い切った(笑)エントリーのおかげで、「はじめの一歩」さんが男性だということがわかりました。

性別は関係ないとは思いつつやはりどちらだろう・・・と常々思っていたので。(どちらに曲がっていてもいいのですが)



それにしてもこの本はおもしろかったです。



 
 
 
はじめまして (pirikara710)
2006-01-13 12:05:15
うへ~!ちょっと通りすがったら、面白くて納得しちゃった上、足跡まで残そうとしています。

だって、うちのだんなさんが以前、女にとっては○○○○なんていう、どうだっていいことが、男にはとても大事なんだ、自信なんだとのたまってましたが、まさに、ナショナリズムって、そーんな感じですね。

あ、でもうちのだんなさんは、どちらかといえば、田中康夫ですから。
 
 
 
Unknown (とくら)
2006-01-14 13:51:18
はじめの一歩さん、ごめんなさい。こんな話題を投げかけてしまって、申し訳ないです。

本当に男の人は答えにくい話題なのでしょうね。

M字開脚の話なら大好きなあの方が参加されないなんて(笑)

はじめの一歩さんは、ブログを始められる前(?)にいただいた、とくらBlogへのコメントから、女性だと信じていました。おばさん連合にお誘いしようかと思いましたが、まだお若いからおばさんでは申し訳ないかな、と遠慮していました。男性陣の攻撃的なブログ記事に嫌気がさして、だから男はいやだ、というようなぐちをコメント欄に書かせてもらった時、もしかして男性かな?とか思って、以前、質問したことがあります。daruさんがすっきりされてよかったです。(笑)

やはり私のまわりの方は、左曲がりの方が多いのでしょうか?(笑) 私は女だけれど、ちょっとしたニュースでも、ナショナリストになってしまいそうなので、気をつけようと思います。



私の好きな話として、とりあげていただいた管理人さん、長く書いてしまいました。ただ、今回の記事で、多くのとくらBlogファンを失ったかも・・・。(涙)本当にありがとうございます。(笑)
 
 
 
管理人 (nizan)
2006-01-15 19:00:32
pirikara710さん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。



とくらさんへ、いいえ、どういたしまして(笑)。
 
 
 
人が苦しんでいるときに (luxemburg)
2006-01-17 23:38:13
 笑って余計苦しくなるじゃないですか。



 パスワード要りましたね、「私のちんぽこはあいである」(理想的ということです)。

 疲れてて最初にちんぽこしか目に入らず、次の一行がとくらさんがだいすきな、だったから、えっ、えっ、どういうこと、と一瞬悩んでしまいました。

 すみません、やっぱりろくなことかけんわ。
 
 
 
はじめまして (もりしま)
2006-01-18 02:36:19
はじめまして。リンクをたどったら思わず笑うネタでしたw



実は同じことを過去に書いたことがありまして、シンクロしたのでコメントさせていただきました(笑
 
 
 
しかしまあああ・・ (かものはし)
2006-01-18 10:27:05
しかし。まああ。年のはじめから これですか。

まだ 1月だというのに。ナショナリズムがちんぽこね。解る気がいたします。が困った一物ではあります。右曲がり左曲がり・硬派に 軟派に・見てくれだけに 小児病に しかし 無き物にはならず だれも

かれも ぶらさげていて 役立たず在り 役立つ物あり あなどると急に御立ちになったり いざというに

立たなかったり いや嗚呼。名言。迷言。

そろへいくと ぶら下がらない ぼぼさま なんざあああ。もっと 恐ろしく 深いですなあ。しかしまあああ。こんなことは 紫煙・脂粉・泥酔のなかがよろしいようで。ちんぽこ談義はインターナショナルであるが そのものはナショナリズムであるか。ふむ。
 
 
 
管理人 (nizan)
2006-01-18 23:31:31
もりしまさん、こちらこそ、はじめまして。

かものはしさん、こんばんわ。



ちんぽこはどんな具合ですか(笑)。
 
 
 
はじめまして (gongduck)
2006-02-15 21:46:33
ちん○こ辿ってやってきました。はじめましてです。



ちなみに私のちん○こは人に語れるようなものではございませぬ。でも自信がないわけでもないんですよね。でも言いませぬ。



最初の作る会の騒ぎのときに、姜尚中が西尾さんに「あなたの教科書はオナニーだ。」みたいなことを言ってたのを思い出しました。

すると愛国心がちん○こ、ナショナリズムがオナニーって具合いになるのかな。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
 
 
私は、臓器移植を拒否できるだろうか (とむ丸の夢)
 お昼のNHKニュースで、胃、小腸、大腸など5つの臓器移植をアメリカでした、日本の赤ちゃんのニュースを伝えていた。ご両親のうれしそうな顔、赤ちゃんの愛くるしい表情などを見ると、素直に喜んでやりたいのですが、私はどうしても、この世の中で、臓器が商業的に売買され
 
 
 
政治経済版:最近の名文と駄文(2006年1月11日版) (嗚呼、負け犬の遠吠え日記)
 今回から、ここのブログ文だけでなく、他のブログで私が「これは!」と思った名文を、独断と偏見で紹介したい。  えっ、手抜き? まあ、そう言いなさんな。  私の駄文読むよりも、面白いとも思うので。  まずは名文の紹介から。 *非国際人養成講座:『再掲 あなた
 
 
 
森巣さんとMorrisさん (はじめの一歩)
ここのブログは,一日のアクセスが多くても50を超えないくらいです.もっと増えたらいいなぁと思う反面,TBをして仮想的ながらも意見交換をしたり,そもそも何かしら書いたりするのに取れる時間を考えると,ちょうど身の丈にあったサイズかなとも思います.とくらさんが記事
 
 
 
さとうしゅういちさんの 「借金」はすべて、ホントに悪いか?を読んで  (とくらBlog)
 久しぶりにJANJANに行ってみると、STOP THE KOIZUMI にも賛同されている さとうしゅういちさんが、「借金」はすべて、ホントに悪いか? ~本間・大阪大学教授にモノ申す~と書かれていました。むろん、本間教授は、おそらく意図的に誤った言説を流しているのではな
 
 
 
イラン核攻撃が最終段階に (晴耕雨読)
アジア太平洋資料センター(PARC) 2006/01/09 付けの北沢洋子氏の記事の紹介です。 真偽の程はどうなのでしょう? 気がかりではあります、まずはお読み下さい。 以下 同記事転載 以前から反戦派の間で米国がイランに対する核戦争を準備しているという議論が飛び交っていたが
 
 
 
講演会のお知らせ (T.N.君の日記)
 本日は、はじめの一歩さんを見習って、今週、大阪で開催される気になる講演会のお知らせです。 1) 1月19日(木) 午後7:30~      「小泉改革のウソと日本の再生」 (特別講演)      ベンジャミン・フルフォード (ノンフィクション作家/元「
 
 
 
チンポや姜尚中やナショナリズムや近代とか (Literally Memodesuko Mudaidesuvic)
おもろいネタがあった。「美しい季節とは誰にも言わせまい」さんの「ナショナリズムはちんぽこである」。 姜尚中と森巣博の「ナショナリズムの克服」からのネタ。以前その対談本読んだ。「オレのちんぽこ論」はおもろいんだけど、姜の「ナショナリズム否定」みたいな
 
 
 
「ナショナリズムの克服」読書メモ (今日、考えたこと)
また、古い読書メモからの転載 どうしてこの本を購入することになったのか覚えていない。