ふざけんじゃないよ!!緊急 国民投票法案強行!

私はガチガチの護憲派ではないが、自民党の改憲草案には明確に反対の立場であり、憲法改正につながる国民投票法はじっくり時間をかけ議論し、公平なものにしなければならないと思う。

村野瀬玲奈さんからTBを頂いたので、転載します。明日4月12日がヤバそうです。

その1。
憲法調査特別委員会における審議打ち切りと採決(国民投票法)

その2。
「金額」「積算根拠」を明示しないまま白紙の請求書をアメリカ側に委ねるような米軍再編法案も、衆議院安保委員会で質疑打ち切りと採決を同じ日に狙っている

その3。
文部科学委員会を出し抜いて「教育3法」成立のための特別委員会を国会に設置する採決を議院運営委員会で行なう

これらの国会運営をおかしいと思う人は、それぞれの委員会のメンバー(特に委員長。できれば理事にも。さらにできれば委員にも。)に電話、ファクス、メールでのはたらきかけをしましょう。

私は地元の国会議員にメールします。

最低投票率を規定していない国民投票法ではどのような事が起こり得るかは、言ノ葉工房さんのエジプトの国民投票法案の場合のエントリーが参考になります。

ふざけんじゃないよ!自公。民主党も腰砕けせず 、最後まで闘え!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )
« あしたのジョ... 岸と壷三と国... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
 
 
エジプトと日本~国民投票法案 (言ノ葉工房)
♪自分のしたことに  驚いて泣きたくなる by chara なんてことにならないといいけど。。と不安な、るかっちの後悔先に立たず阻止!なブログへようこそ。 ほんとにこっちで良いのやら いんきょちゃんがかりゆしの記
 
 
 
「国民投票法案」民主党修正案 (競艇場から見た風景)
『憲法』に限定せず今日提出 与党受け入れ困難か民主党は9日、国会内で党憲法調査会衆参合同会議を開き、憲法改正の手続きを定める国民投票法案の民主党案の修正案を了承した。10日午前に衆院に提出する。焦点の投票の対象では、憲法改正以外に「憲法改正関連、統治機...
 
 
 
危険度最大級「国民投票法案」 (競艇場から見た風景)
「猿田佐世の国会速報21~危険度最大級! 国会に集まるべし」=転載= 憲法審議ってば、今どうなってるの? 国会速報 No.21(07/04/11) 「国民不在の国民投票法(憲法改正手続法)」~ 弁護士 猿田佐世 ~ ★★★★★★ 危険度最大級 ★★★★★★ ●強行採決なんて冗談...
 
 
 
尾辻かな子さんの浅野評 (はじめの一歩)
浅野評であって浅野票ではありません.念のため. 3月31日夜に新宿二丁目で聞いた,尾辻かな子さんから浅野史郎さんへの応援メッセージの一部を,録音から起こしてみます.昨日のエントリー『BLOG BLUESさんへ』へコメントいただいたメロディさん,るかさん,喜八さん,b...
 
 
 
【書評】「世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す」 (みーぽんの社会科のお部屋)
世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正すジョセフ・E. スティグリッツ (2006/11)徳間書店この商品の詳細を見る スティグリッツの最新刊をようやく読み終えました。日本語のタイトルはやや扇情的ですが、原題の "Ma
 
 
 
国民投票法案 (権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!)
国民投票法案が緊急事態に入っているようです。お急ぎの方は下段のリンク先に飛んでみ
 
 
 
日中急接近、似たもの同志になってきた・・? (じじへそ・ナンセンス絵ブログ)
温「きれいな国にしたいので、公害防止技術、省エネ技術のご指導を是非!」 安倍「
 
 
 
強行採決でいいのか! (とくらBlog)
 憲法改正手続きを定める国民投票法案が、強行採決で成立していいのでしょうか!自民党はどうなってしまったのでしょう。  地元の平岡議員とニセコ町長の時から大ファンの逢坂議員が写っているので、この写真↑を民主党のHPからお借りしました。こういう方々が民主党...
 
 
 
強行採決によって可決された与党修正案の今後 (時蝿日記の周辺)
非常に残念なことに、憲法改正のための国民投票法案(与党修正案)が、昨日(12日)開かれた衆院憲法調査特別委員会で、強行採決によって可決されてしまった。 私は、これまで
 
 
 
選挙が終わっても、やっぱりヤバイ国民投票法案 (逍遥録 -衒学城奇譚-)
こんばんにゃ。 先日の日曜日は統一地方選の後半でしたが、みんな行ったかい? 夏の参議院選の前哨戦として注目の、福島と沖縄の補欠選では、与野党の候補者がそれぞれ立候補して、わかりやすい対立の図式となりましたが、結果は福島では民主候補、沖縄では自公候補が...