仁左衛門日記

The Diary of Nizaemon

カジノ

2017年06月12日 | ムービー
『カジノ(原題Casino)』(1995年/マーティン・スコセッシ監督/アメリカ)を見た。
物語は、「アメリカ国内で唯一、ギャンブルが合法な街だったラスベガスの1970年代前半は、ギャングに支配されていた。"エース"と呼ばれるサム・ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)はプロのギャンブラー。シカゴでノミ屋をしていたが、カンザスシティのギャングのボス達に請われて、ラスベガスで1番のカジノである"タンジール"を任されることになった。エースにとってギャンブルは仕事。ツキは一切信じず、情報を収集して理論的に賭けを行う。彼の助言に従えば確実に儲かることを知ったギャングのボス達の信用は厚く、彼の運営手腕によってカジノの収益は倍増する勢いだったのだが・・・」という内容。
これは、『カジノ』(ニコラス・ピレッジ著)という同名小説が原作であり、事実に基づいて構成された物語だという。
それだけに、サムの「この商売の秘訣は客に賭けを続けさせること。賭ければ賭けるほど、客は損して店は儲かる」と言い切る。
ケイマン諸島のカジノを一軒破産させたという日本人ギャンブラーK・K・イチカワ(松久信幸)は、無料の部屋と無料の自家用ジェット機をあてがわれる上客のようだったが、帰路、計器の故障だと嘘をつかれてラスベガスに引き戻されて、ホテルに連泊。
結局、儲けを全部スッて100万ドルを吐き出した。
この日本人にもしっかりモデルがいるのだそうだが、胴元が損をしないようにできているとはいえ、"勝たせない"という姿勢が徹底している。
(^_^;)
大出世のエースだったものの、ケチのつき始めは、幼馴染みの悪党ニコラス・サントロ(ニッキー/ジョー・ペシ)がラスベガスにやって来たことと、"カジノの女王"だというジンジャー・マッケンナ(シャロン・ストーン)に結婚を申し込んでしまったこと。
自分を愛してもいない金の亡者との結婚というのは、どう考えても勝てない"賭け"だ。
現在のラスベガスからはギャングが排除されている(?)のだろうが、どんな業界でも、黎明期にはまず怪しい奴等が利権を握ってしまうものなのだろう。
これは、なかなかに興味深い作品だった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 一般質問12(その4)メモリア... | トップ | 一般質問15(その1)愛町債の... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (仁左衛門)
2017-06-23 14:32:54
ギャンブルには
「確実に勝てる」だなんて局面は
ないのでしょうが、
「勝てる確率が高い」と思うところで
一気に攻める。
そして、勝ったらやめる。
だらだらと続けないのが
負けない、損しないコツなんでしょうね。

ムービー」カテゴリの最新記事