葦の呟き

お嬢に翻弄される日常と、時折、自作の絵本を綴ります。

1日目 Animal Kingdom

2016年10月15日 | おでかけ
オーランド初日は、予定どおりAnimal Kingdomに向かいました。
パパはお仕事なので、お嬢と二人でね♪

宿泊したのははWDW(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)提携ホテルだったので、ホテルからWDWまでの無料シャトルバスが出ていました。30分毎にやってくるので、頃合いを見計らってバス乗り場に行き、バスの正面とか横に書かれてある行き先を見て乗り込む感じ。
時刻表とかはなくて、バス乗り場と思われる場所の壁にこんな案内が貼ってあるだけでした。


この適当さがいいよね

バスに乗って、まずその寒さにびっくりしました

台湾もそうだったけど、暑い地域って、建物とか乗り物の冷房が半端ないね。

まぁそれでもお嬢と二人、片寄せ合って寒さに耐えてバスに揺られ、無事にAnimal Kingdomに着きました。
着いたのは10時くらいだったかなぁ。
フロリダに着いて翌日だったので、あまり無理をしないように、朝はゆっくり出たのです。

入園する前のセキュリティチェックはさすがにしっかりしてました。
カバンの中をしっっかりと確認して、お嬢のメガネケースの中まで見てました。

で、入園。



Animal Kingdomのシンボル的なTree of Life。木の幹にいろいろな生き物が彫刻されていて、これ見てるだけでも楽しかった♪

お嬢が絶対に乗りたいと言っていたライドが、「カリ・リバー・ラピッド」でした。大きな浮き輪みたいなのに乗って、熱帯雨林の激流を下る!ってやつ。FP+なしで1時間待ちくらい。
ものすごく濡れるライドっていう話だったんだけど、ものすごく濡れました( ̄▽ ̄)
ポンチョ着てる人が多かったんだけど、そんなの用意してないし、暑いからまぁいいかって思ってたら、想像以上に濡れました。だって、上からシャワーの滝が降ってくるし、水鉄砲みたいに岩から水が飛び出してきて、私に命中するし(シートベルトしてるから逃げられないのよ)。
めちゃくちゃ濡れるけど、怖さはほとんどないライドでした。ビビりのお嬢が物足りなさを感じるくらい。
でもまぁ楽しかったのです。

その後は動物園の感覚で動物を見て歩いたんだけど、



昼前頃からお嬢が一気にトーンダウンしてしまいました。どうやら時差ボケです

帰っても良かったんだけど、ワゴンで売ってた果物を食べたらちょっとだけ元気になったので、せっかくだからってことでワイルドライフ・エクスプレス・トレインに乗りました。



乗った先にはラフィキ・プラネットウォッチがあって、絶滅危惧種の動物について学んだり、獣医さんによる飼育を観察できたりする施設につながっているのです。
ここで、おもいがけずチップ&デールに遭遇。写真を撮ってもらいました。



片方はお嬢のカバンにやたらと興味津々で、片方は写真写りが良くなるように、帽子の位置を調整してくれました。
チップだかデールだかにお嬢がむぎゅーって抱きついてたんだけど、その瞬間の写真を撮れなくてものすごく悔しかったです(´Д` ) 私の脳裏には焼きついているんだけど、届かないよねぇ。
でも、しんどそうだったお嬢に笑顔が戻ったんです
チップ&デールよ、ありがとうどっちがどっちだか結局分からなかったけど。

本当はね、ライオンキングのショーとかゴリラの住む熱帯雨林とか行きたいところはもっとあったんだけど、時差には勝てず。このあとホテルに戻りました。

やっぱり13時間の時差はキツかったみたい
『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつの間にか秋になっていました | トップ | 2日目 EPCOT »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。