京都の雀荘での日々

京都の雀荘での麻雀の日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三条のフリー雀荘の場代は?

2013-06-10 14:00:51 | 日記
しかし必要はないですね

まぁ・・・・・・・。


しかし やはりフリー雀荘の常連で ベテランのような 感じですが


ところがフリー麻雀が 板についてきた
何度か 対戦すれば分かり 成績は 上がると思うが

失礼だがお歳の割りに体力ありましたね 最後まで ニコニコ!
でも、もし 左側に 人が 寝てたら? 故障車が 止まってたら?
急遽、従業員を 募集してます!
でも そこはたまには ハメを はずしちゃいます

かかったら これで 最後だよなんて 意味らしいが・・。


なんてお客がいましたね
我々に とっては掃除などの際 確かに
面倒だったり 少々不便ですが そこは 我慢です(笑)
まだゲットされてない皆も、次こそはあなたかもしれませんよ。


汗だくで上って 来てくれたんですよ
カレーは 基本、大好きな 日本人
遠い祈り
ヒーローは格好良いですね(笑)
さすがに 12月らしくなってきました
ゆっくり 落ち着いたら 又出かけて来ますよってね(笑)

ベランダからは 全室 コースが 見えます

フリー雀荘のルールが世間一般に 浸透してきたのかな

難病などは ストレスが原因じゃないかと 言われています
世間からみれば付き合いであっても どっかに 心を感じますね、、、、、、。
何処の店に 入っても ハズレが 無くなった

トップの 女性 トータル 100000点 を 超える 大勝利に 遭遇したんです
その人が場に 牌が 切れてるわけじゃ無いのに 両面を
シャンポンに受けたんです
そんな 言い訳しながら 上がりきったりするんです
酒も 飲まないので 麻雀がストレス解消 なんでしょうね
半終わる度に メモ用紙に データーを とってるんです
九連宝燈
そんな M  「一度せずやりたい」
しかし そこにどなたの姿も ありません
豪傑のお客の中には
京都市でも 高円寺で 京都市阿波踊り として観光客や 地元の
方達で 盛り上がります
ただ疲れてきたりしたり他のお客を案内します
都会は せわしなく ストレスが 溜まりやすいです
学生のころから麻雀三昧なんて どうでしょうか(笑)
大塚・阿波踊り も40年近く人々に 親しまれているんですよ
メンバーには こう 言い聞かせたりします
なんといっても やはり 食い物は 一番かな
ありえない フレーズかも しれませんね
フリー雀荘に 勤務してると お店にもよるだろうが 食事が 偏ったり 不規則に なってしまう

「花札」 をやって 遊んだのを 思い出しましたね
オヤジの 特権かと思ったら 案外 女性もあてたり 重宝してますね
でもお客様達は全員楽しまなきゃ いけない

考えるのは 問題無いんだが 牌離れが 悪い

メーカーも 気づいては いるようで 対策は
してあるんだろうが
善意とは?
そうしてるうちに時間で 惨敗なんて 事も しょっちゅうあるようです
あって 一概には判断が難しいんですが 時折 おっとなんて 瞬間が あります
あくまで 原則であってルールなど ありません
昔ラプラドールを 預かったことがあるんです
皆のふるっての参加を心よりお待ちしております。
麻雀もコンピューターと対戦すると どうなんだろうか

とにかく 全員が 笑顔で 帰れる店にすることが 我々の 使命です
折れても 又 元に戻る しなやかさが 大事なんでしょうかね
あまり 調子の良いことを 言っても相手の
性格が出るって 言います

競技じゃない 遊びとしての 麻雀のほうが
絶対楽しいよ。

特に場合だと場の流れも つかめてない状況が多いので
時間は キツイですね
その 判断が 彼にはまだ難しいようでしたね


京都のフリー雀荘はゲーム代は解析して
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四条のフリー雀荘のゲーム代... | トップ | 四条烏丸のフリー雀荘の営業... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。