Fioe-gras Runner's Club(脂肪肝爆走友の会)&クールミントギャグ日誌

フォアグラ・ランナーズ・クラブ(代表すいか)のランニング活動日誌&クールミントギャグ兼こけこのたべあるき日誌。

洋裁教室 8

2016年09月15日 20時00分29秒 | 洋裁教室
なんだかピリピリした感じ。先生もバタバタ。でも…生徒数はそう多くはなさげ。
今日は…ちょっと遅刻して到着。
フォルダーを持ち帰ってしまったことをまずは謝って…。

今日は裏地を…。これはチャコペーパーで…印をつける。ルレットなるものはピザカッターの小っちゃいのみたい。ファスナーのあきどまりは…裏地は表地よりも1センチ下に。ダーツの所は…上だけに2ヶ所印をつける。そして…前後がわからなくならないように…なんでもいいから印をつけるそう。あとは生地を中表にして、印の0.3ミリ外側を…という。テキストにもそう書いてたが…あとで確認したら…0.3センチだった。しつけは…表地と違って…2枚いっしょだった。ミシンの抑えのはばが0.3なので…それを目安に縫っていく。両サイドを縫っていくが…スタートとストップは返し縫を。片側が…ひきつってしまったけど…先生が見なかったことにしてくれた~。塗ったところがところどころ0.5センチくらいになってて…これも見なかったことにしてくれるとのこと。2枚合わさった状態で…生地を後ろ側にしてから、内側に倒してアイロン。ちょっと長めにおしつける感じ。それから縫い代を…1.5センチでカット。

それからファスナー。まずは…接着芯というのが必要なんだそう。これですかと聞くと…これはベルト芯ですと…。先生がどなたかの服地を持っていて、ガーゼみたいと思ったら、それが接着芯だった。
ここから先は記憶のみ…。
接着芯を生地に置いて…これは切りじつけの上からでもいいわ~とか言いながら。ほんとうは切りじつけもとっちゃったほうがいいんだけど…(ならとりたいわ~とか思ったけど…まあいいわ)これは接着剤がついているそう。その面がざらざらしてるから…それを下にして…上に半紙のようなのをおいて…上からアイロン。そして…ファスナーをあてて…待ち針で止めてしつけをかけて、いよいよ縫うが…上糸、このあいだは先生がかけてくれて…あっちのミシンは糸掛けの順番が書いてあったのに…こちらのにはない~。ボビンのほうは…糸を倒せばいいらしい。こうやって点検するのよ~といいつつ、なぜこんなに緩い?といいながら直してくれた。
ミシンをかけた。そのまえにしつけはとったような…。ファスナーの下部は…先生にお願いしてみた。途中でファスナーをあげなきゃいけなかったんだけど…なかなか動かない。そのあたりだったか…不注意で…反対側の布も一緒に縫ってしまって…あちゃー。そこの部分を切って、縫い直し…。反対側は先生が布押さえを交換してくれたというけど…別作業だったので…よくわからない。それでも…反対側はうまくかけられた。おまけに失敗したがわのほうは見えないから大丈夫とのことで…よくわからないけど…みえないならいいわ~。それに…ほんとによくみないとわからないくらいうまく縫えた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーベリージャム | トップ | とんがりコーン サワークリ... »
最近の画像もっと見る

洋裁教室」カテゴリの最新記事