人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

真宗高田派の本山・津市の「専修寺」へ

2017-02-28 14:29:43 | 日記

伊勢市・津市方面散策のその2として、津市の「専修寺」を採り上げます。
「専修寺(せんじゅじ)」は、三重県津市一身田町にある真宗高田派の本山で、山号は高田山、本尊は阿弥陀如来。
この寺は浄土真宗10派のうちのひとつで、嘉禄元年(1225)親鸞53歳の時、明星天子により栃木県真岡市に創建した現「本寺専修寺」が始まり。1469~1487年に伊勢国の中心寺院として建立、本山をこの地に移したもの。
さすが浄土真宗10派の一つの本山とあって、その規模といい雰囲気といい、荘厳極まるものがあります。


 

 

 

 

 

 

            < 三重県津市一身田町 高田山「専修寺」 / 2017.2.24 >

    * 写真の説明
      ①「山門」、③「本堂・阿弥陀堂」、④「御影堂」、⑤「鐘楼」、⑥「勅使門」。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しだれ梅の名所・津市「結城神社」へ

2017-02-27 13:54:34 | 日記

三重県伊勢市・津市方面の懸案の先を廻って来ました。
今回はその1として、しだれ梅の名所として有名な津市「結城神社」を採り上げます。
「結城神社(ゆうきじんじゃ)」は、三重県津市藤方にある神社で、白河結城の結城宗広を祀る建武中興十五社の一社にあたります。
この神社はしだれ梅の名所として有名で、梅園は色とりどりの美しい情景を見せており、心休まる素晴らしい花園となっています。
この日は7~8分咲きと言った感じで、数日後にはピークを迎え、別世界の光景を体験できるものと思います。


 

 

 

 

 

 

           

 

 

           < 三重県津市藤方 しだれ梅の「結城神社」 / 2017.2.24 >

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

木曽三川公園の「ウインターチューリップ祭」を

2017-02-25 15:34:54 | 日記

今年も木曽三川公園で開催されている、「ウインターチューリップ祭」のアイスチューリップを観て来ました。
冬に咲くアイスチューリップは、球根を植え付けた後、特殊な方法で冷蔵することで成長を止めた状態で保管し、咲かせたい時期に冷蔵庫から出して、徐々に外気にならしながら生長させるもののようです。
一気に春が来たと悟ったチューリップには気の毒な方法ですが、寒さの中で春の訪れを感ずる、慰められる憩いのひと時です。
「ウインターチューリップ祭」は、3/12(土)まで(AM9:30~、無料)。


 

 

 

 

 

 

 

           

 

          < 木曽三川公園 「ウインターチューリップ祭」 / 2017.2.21 >        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都の冬・「とある情景」

2017-02-24 20:28:01 | 日記

先日の京都散策の折の、「とある情景」を採り上げて見ました。
京都散策の折は次の目的地へ足を急がせるため、とかく見逃しがちな光景が数々あります。
今回も帰宅後の写真整理の段階で手を止めた、ワンショットを呼び戻してみたのです。
なかなか面白いシーン、楽しいシーン、そして未知な場面など、京都には貴重な情景が数々存在しています。


 

 * ↑ 「祇園祭ギャラリー」

 

 * ↑ 洛陽観音札所「誓願寺」(芸子さん、舞子さんの祈願献納)

 

 * ↑ 「烏丸松原界隈」の記念碑(高島屋と京都銀行発祥の地)

 

 * ↑ 洛陽観音札所「大蓮寺」の蝋梅

 

 * ↑ 洛陽観音札所「大蓮寺」にある「旧法勝寺の礎石」

 

 * ↑ 「大黒山金剛寺(庚申堂)」(着物姿の中国人が大勢)

           

 * ↑ 「法観寺」(八坂の塔)

 

 * ↑ 街中のショーウィンドーから

              < 京都市 京都の冬「とある情景」 / 2017.2.15 >

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

郡上八幡の「おひなまつりと福よせ雛」を

2017-02-22 14:30:27 | 日記

この時期、東海地方のあちらこちらで「ひな祭り」が催されていますが、毎年話題の多い郡上八幡町へ散策がてら行って来ました。
郡上八幡城下町の170ヶ所の商家、観光施設、公共施設で、お雛飾りに合わせ、「福よせ雛」が開催されているのです。
メイン会場となる郡上八幡博覧館をはじめ、郡上八幡城、ホテル郡上八幡、城下町商家などでのユニークな福よせ雛には、心温まるものがあり、楽しい散策となること受け合いでしょう。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

        < 岐阜県郡上市八幡町 「おひなまつりと福よせ雛」 / 2017.2.16 >

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

渥美半島菜の花畑を行くウオーキング

2017-02-21 15:20:46 | 日記

先週末の日曜日(2/19)は、私鉄主催のウオーキングに参加し、渥美半島・田原市の菜の花畑を歩いて来ました。
豊橋鉄道・三河田原駅をスタート地点し、「廃線跡」道路、「加治の菜の花畑」、「道の駅田原めっくんはうす」、「つばき公園」、「田原城址」、「田原市博物館」などを経て、三河田原駅に戻る約11.5kmのコースでした。
この時期の渥美半島は、菜の花畑を中心に、野菜畑、茶畑などが一面に広がり、実に爽やかに旅人を迎えてくれます。
雄大で清々しい魅力溢れる渥美半島の、初春の香り漂うウオーキングでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

        < 愛知県田原市 渥美半島・田原市でのウオーキング / 2017.2.19 >

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伊藤若冲ゆかりの寺・京都「宝蔵寺」へ

2017-02-20 15:49:03 | 日記

京都巡拝・散策の旅その3は、伊藤若冲ゆかりの寺「宝蔵寺」です。
「宝蔵寺(ほうぞうじ)」は、京都市中京区にある浄土宗西山深草派の寺院で、近くにある総本山「誓願寺」に属します。
江戸時代の絵師・伊藤若冲の生家の菩提寺で、生前に父母ら家族の墓石を建立しています(若冲自身の墓は伏見・「石峰寺」)。
また、この寺は由来から、若冲画の「髑髏図」、「竹の雄鶏図」をはじめ、関係絵師の作品を多く所蔵して今日に至ります。
この日、予て入会済みの「若冲応援団(友の会)」継続手続きもあり、立ち寄り参拝したものです。


 

 

 

 

           

           

         < 京都市中京区 伊藤若冲ゆかりの寺「宝蔵寺」 / 2017.2.15 >

       *写真の説明
        ④墓石に築かれた若冲画「髑髏図」、⑤~⑥ご朱印(他にピンク色あり)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

洛東屈指の巨刹・「知恩院」の特別公開を

2017-02-19 16:51:08 | 日記

「京の冬の旅・特別公開」の第2回目のその2として、「知恩院」を採り上げます。
「知恩院(ちおんいん)」は、京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院で、詳名は華頂山知恩教院大谷寺。本尊は法然上人像(本堂)と阿弥陀如来(阿弥陀堂)。承安5年(1175)の創建で、開基は法然。
洛東屈指の巨刹と称され、この寺の歴にも重みがあり、浄土宗信者に限らず多く人々の崇高を集めます。
今回の特別公開は冬の旅17年振りの公開で、大方丈の文化財や方丈庭園など大変貴重な拝観機会となっています。
特に方丈庭園の素晴らしさに、心が洗われました。


 

 

 

 

 

 

 

             < 京都市東山区 特別公開「知恩院」 / 2017.2.15 >

            * 写真の説明
              ⑦特別公開「小方丈」の上段の間(狩野尚信筆の障壁画)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京の冬の旅・特別公開で「聖護院門跡」へ

2017-02-18 14:46:22 | 日記

京の冬の旅・特別公開で、2回目の旅をして来ました。
今回は特別公開のうち3ヶ寺と、洛陽観音霊場など一般の寺数ヶ寺に参拝しました。
今日のブログ投稿は、そのうち「聖護院門跡」について採り上げます。
「聖護院(しょうごいん)」は、京都市左京区聖護院中町にある本山修験宗総本山の寺院で、聖護院門跡とも称します。寛治4年(1090)の創建で、開基は増誉。近畿三十六不動尊霊場第18番札所。
今回の公開は宸殿をはじめとして、本堂、書院、寺宝など、日頃は拝観叶わぬ貴重な建物・文化財に及び、とても価値ある公開となっています。
由緒ある門跡寺院の貴重な文化に触れることができ、充実のひと時と相成りました。


 

 

 

 

 

 

 

            < 京都市左京区 特別公開「聖護院門跡」 / 2017.2.15 >

    * 写真の説明
      ⑥「宸殿」上段の間、⑦「宸殿」の障壁画(狩野益信筆)。(以上いずれも資料より)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「フラワーパーク江南」の魅力溢れる椿の花

2017-02-16 20:04:13 | 日記

愛知県江南市の「フラワーパーク江南」では、現在「椿の世界展」が開かれ、魅力ある椿を楽しむことが出来ます。
椿は日本を代表する花木の一つですが、古くでは「古事記」や「万葉集」にも確認でき、また現在では茶道や華道ではなくてはならない花として大切にされて来ています。
江戸時代以降に不吉な花として流言飛言が一部に信じられて来ましたが、やっぱり椿の花の魅力には勝てません。
真冬の荒涼とした冬風の吹きすさぶ野や山には、実に可憐にまた凛々しく咲く様は、本当に心を引き付けるものがあります。
展示会は2/19(日)まで。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

        < 愛知県江南市 「フラワーパーク江南」の「椿の世界展」 / 2017.2.14 >

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加